2019年12月28日

尊厳死

2019年冬期講習期間年内は終了しました。
今回は、手術入院が年明け6日に決まっています。
そこで、4日に高校3年生最終授業(センター試験前)となります。
同時に6日から2週間休講とさせていただく代わりに冬期講習期間に
1月度の繰上授業を実施しております。

 塾生・保護者方々の励ましのおかげで明日年内繰上授業最終日となります。
今年は夜に授業をすることを廃止していましたので、この2週間22時までの授業時間は結構きついものがありました。

 塾歴40年以上になりますが、朝8時に出勤最終電車での帰宅を繰り返していた
講習期間・・・働き方改革自ら実施できてよかったです。

 さて、タイトルにありますように3年前の母親の死の際に考えておかなければならないことは「意志」がはっきりしていても半身不随状態で動かせられる片手もミトンをはめられていた(自分でチューブを抜く可能性があったので)ことから、直筆でのサインができなかった母親。

 結局、無駄な延命をしないようにしてほしいとはっきりできないまま5年間の介護生活で姉も含めて経済的にも時間的にもかなり疲弊しました。

 それこそ、母親にしかわからない様々な書類を探し当て処理するだけでも大変でした。

 精神的には「家族の支え」によって・・・とよく聞きますが、「おひとり様」をおう歌してきた母親にとっては無意味な延命はどうだったのでしょうか?

 以前にも紹介させていただきましたが、母親はアポナシ面会拒絶の性格でした。

 夏の暑さをしのぐためにやっと入室(自宅)を許可してもらい設置したエアコンは結局使用したのは死後後片付け時のみで撤去費用が高くつきました。

 病室でも「今日は都合悪いからまたにして」これが母親最後の言葉となりました。

 いろんな意味で母親なりのプライドを全うしたかったのだと思います。

 今回、7年前の骨折手術とは違い・・・がん全摘出
今日現在も癌細胞は体にいて一応おとなしくしているようです。

 母親のことがあって「日本尊厳死協会」https://songenshi-kyokai.com/に登録し
生前に「リビングウイル」を明確に記載しておりますし、カードも携帯しています。

 意識を失ってからではどうしようもないので、常にカードを携帯しています。

 「死」を意識し受け入れてしまうと日々の過ごし方が変わります。
寿命の前に「生かされている」ことに感謝できます。

 高校3年生が人生をかけて戦っているわけですので、スンター自己採点終了した
1月21日よりリサーチと2次試験対策へ向けて復帰します。

 男性にとっては、肺がんに次いで発見される機会が多くなった前立腺がん
しかし、転移が骨とかになっている場合は治療が大変です。

 内臓器官を手術知るのは初めてなので術後の不安等はありますが、
病室には前回同様ノートパソコンを持ち込んで同じ病名で戦っている男性に微力ながら「勇気」を与えられるようにこのブログを通して詳細報告をさせていただきます。

 先日、塾生の保護者様も手術成功され無事退院されたと伺っております。

 皆様も定期健康診断実施されることをお勧めします。

 進学塾TMC http://taka-mc.com




posted by 高橋博史 at 02:17| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月26日

ギグワーカー

日本人の国内出生数は86万4000人となり1899年の統計開始以来、初めて90万人を下回ったことが明らかになりました。前年の確定数91万8400人から約5万4000人の大幅減の背景には・・・結婚できないからのようです。

 少子高齢化が叫ばれてからすでに20年以上が過ぎましたが、デフレ脱却できず夫婦と子供2人の家族が京都市内で普通に暮らした場合、30代なら税、社会保障費込みで月48万6900円、40代は54万9800円、50代だと70万7500円が必要―

 つまり、所得が増えなければ自分の生活でやっと・・・年金生活では足りないので70歳以上になっても仕事をしなければならない。
 「働き方改革」で残業時間が減ると収入が減る・・・時間効率化だけではなく
正社員から非正規雇用へ移行だけではなくウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリによるフリーランスに全責任を負わせるシステム。
 ユーチューバーやブロガーといった形であれば資本金どころか、1円もかけずに事業をスタートすることが可能である。

 インターネットの出現も含めたテクノロジーの発達によって完全に
「個人の時代」「発信型時代」になっていますね。
大学進学から大企業就職のレールだけで安心できる時代はすでに終わっています。
 難関大学合格のための逆算型で進学塾は成立してきましたが、見直さなければいけない時期が来ています。

 そこで、中学・高校生の全面改訂・・・単なる共通テスト対策はすでにしていますが、いつもお話ししている「入口と出口」の関係を明確にして18歳成人
2022年4月1日に施行する。若者が親の同意なくローンなどの契約を結べるようになる。
 高校卒業すればではなく在学中に「成人」・・・大学生4年間または6年間後社会人のイメージでは遅すぎませんか?

 幼児期から小学生の間に「稼げるスキル体得」「自立支援」この意識なくして人生100年間生きていくのはかなり困難になっていきます。
 すべてにおいてますます二極化時代・・・「令和時代」は「自然災害」も含めてのんびりはしていられないかもしれません。

2019年末までカウントダウン・・・2020年何を目標にしますか?

 進学塾TMC http://taka-mc.com

 


posted by 高橋博史 at 02:00| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月23日

金沢大学附属小学校に入学した後が肝心!(連絡進学入試で考えなければならないこと)

2019年も残り10日足らずとなりました。
今から、県外中学入試・大学入試センター試験・高校受験とまさしく受験シーズン突入ですね。

金沢大学附属関係の入試は小学校・幼稚園・中学校までが終了しました。
25日は複式小学校入試です。
今年は、暖冬なのか積雪を免れそうですが、服装の対応だけでも日頃の行動観察が入っています。
日頃、自家用車で送迎慣れしているとコートやマフラーなどの着用を忘れる。
長靴・傘などを使用しない等です。

 私のように昭和世代とは違って便利さの中で暮らしていると創意工夫や臨戦対応をできるかどうかが当日のポイントになってきます。
おまけに、試験内容は旧体質(学校側にとってはペーパーテストよりもしつけ面重視)
在学中にいかに迷惑にならない生徒を選ぶか?

 しかし、高校では「自主自立」、来年度からの指導要領も自主性重視

 つまり、日本の教育は、規律や集団行動を養う上ではとても優れたシステムですが、一方で次の時代に必要と言われる創造性や多様性の感覚を習得するのは難しいのではないか。

 英語教育の柱は、「Yes No」はっきりしてその理由を2つ言えるが英検の内容
日本人特有のあいまいさを否定

 チームを組んで問題解決をする協働型・・・その面も確かに必要ではあるが、
日本ではパブリック・スピーキングの教育自体があまり活発ではありません。

 いわゆるプレゼン能力(個人発信型)

 ユーチューバー含めて21世紀型は「個の時代」「多様化」

「させられる」タイプは淘汰されていく

自分の興味やしたいことを持たずに「附属ブランド」で親が送り込んでも
実態は公立小学校と学内テストは同じ
ハイレベルな授業をしているわけではない
幼稚園では昼食後には帰宅なので長時間預けられないし、学習指導面が少ないので
受検者数は減少しています。
 先日も、幼稚園3年保育不合格者数は7名抽選漏れなんと3名!

 中学入試で合格しても3年後に再度連絡進学のハードルがやってきます。
県内は国立金沢大学附属VS県立泉丘高校なので高校入試段階では目標設定されている 
かもしれませんが、高校3年生18歳は成人だということをお忘れなく!

附属高校へなぜ進学したいのか?

関東・関西中学入試する目的は・・・大学入試逆算型

さて、中学進学する前に何を考えていくべきか?

 http://taka-mc.com/




posted by 高橋博史 at 22:22| 石川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

がん告知を受けて

約1年前「健やか検診」のPSA検査の数字結果から検視を1年間続けて
先日「検体検査」1日入院しました。

 男性にしか関係がない前立腺がん3+3で発見されました。

7年前に、右膝高原骨折手術入院約2か月(途中外出許可を1か月もらい授業はしていました)したときは、「これでもう前のように走ったりできない。」正座も不可能とわかってから、
チタンボルト7本プレート2枚の痛みとともに暮らしてきました。

 しかし、今回診断結果を聴く日・・・予約時間より後回しにされたので嫌な予感
やはり、「悪い話ですか?」「そうです。」でした。

 すぐに、転移がないかの検査予約がされて2度目の検査結果

 今回はあっさりと「転移なし」・・・よかった!

 この間・・・ネット検索の日々手術内容から後遺症その他・・・

 来年は、60歳還暦という節目なので歯の治療を3月から初めて今年の「健やか検診」結果は「要指導」と数年前までと違い「要医療」から改善されてほっとした時に・・・

 それまでは、高血圧から家系である脳梗塞の心配・・・(今後も続きますが)

 胃がんにならないようにピロリ菌除去したら逆流性食道炎で良性ポーリープができたり
50歳過ぎてからは老眼等「老い」を実感させられてきました。

 今回の「がん告知」後は手術・入院日・病院決定まで2週間かなりメンタル弱っている日々でした。

 しかし、「生かされている」実感も同時にあり、塾生の前では泣き言は言えません。

 保護者へのお願い状を配布させていただきましたが、先日医学部志望高校生には直に話しました。

 「実は、先生癌なんや」・・・しばらく沈黙がありました。
「君が医者になって患者に話さないといけなくなったとき・・・」
AIが進化しても人間同士のコミュニケーションは実に大切

 保護者様たちからも激励のメール等温かいメーッセージを頂戴し大変うれしく感謝しております。

 「大死底から大活のひとへ」
 余計なプライドを捨て「死」を受け止め、生きている期間を無駄にせず少しでもお役に立てることをし続けたい。

 やはり、母親死後以降「仏の道」が近く感じられるようになりました。
物欲等から解放され「無一物中無尽蔵」の教えの境地へと徐々に移行していく時期が来たと実感しております。

 今後は、前立腺がん全摘出ロボット手術体験者として男性の心配事・・・尿漏れや性的不能など・・・発信しながら年50件(1病院)も発見されるようになった現状も含めて
「死なない癌」の証明をしたいと思います。

 http://taka-mc.com/




posted by 高橋博史 at 20:37| 石川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月04日

英語民間試験導入延期って?

11月3日・・・「文化の日」
秋の紅葉の季節になり「読書週間」
大量生産・大量消費時代から「個」の時代
これからはビッグデータ処理からAIを駆使した個人への提案時代
例えば、購入検索した履歴からアドバイスや購入促進の広告が出ますね。
記憶に頼っていたお得意様情報もデータ化すれば何世代も継続可能

だから、次世代に必要なことは・・・そうだろうか?

 確かに、学生時代答えは1つで期間限定範囲限定の暗記力テスト中心では社会人になってから役に立たないことは30年以上前から明らかである。

 紙ベースのデータをスキャナーで読み込み加工するために膨大な時間を費やした(著作権の関係から切り貼りの技が必要な時期もあった)時期もありましたね。

 ネット社会になってスマホを使いこなすスキルは「個」の時代にいかに発信し続けていくか?
 さらに、売れる情報を流せるようになれば「収入源」となる時代

「格差社会」にこそ必要なスキルとは?

 先日、検査入院一泊した時にヒント

 医者・看護師が患者を不安にさせないホスピタリティ
  点滴の針を刺すときに慎重さは必要だが、あまりにも時間がかかると不安になってくる「大丈夫かなあ」と思っているときに看護師から「不安な発言」あれば余計にこちらも不安になる。
 ネット検索時代なので、こちらもある程度「予習」して検査に挑んでいるので、主治医に検査中質問させていただいた。
 その内容で、不安が少々減ってきた。私の職業や性格を理解しての判断だとも言えます。

 もちろん、院内データ共有化(無駄なアンケート複数回や質問の軽減化)や看護師の申し送りの徹底などマニュアルに盛り込んでほしい点も見受けられた。

さらに、ナースステーションの様子から
 モチベーション・マネージメント能力の必要性は、過去も現在も変わっていないと思われます。

 さて、表題の英語民間試験導入延期について

 現高校生は「共通テスト」対策を優先し、民間英語検定は英検準1級合格を優先しているので塾生の紺頼は全くない。
 むしろ、地域制(GTEC)や既得権益に支配されない判断が必要だと実感

 つまり、大学入試合格方法をあらかじめ設計していくことで、各大学が求めている人物像や面接・小論文対策に時間を要するということです。
 面接・小論文の達人のようなマニュアル通りでは「没個性」になってしまいます。
むしろ、高校時代中心に「何を考え行動してきたのか?」18歳で成人を迎える世代には必要なことです。

 難関国立大学合格できるためには、過去問題10年分ぐらい解く力も必要ですが、
英語に限って言えば、民間を信用していないとも言えます。

 留学するのに必要な資格も各国によって違うだけではなく、社会人になって必要とされたTOEICスコアも即戦力と言えないこともあり参考程度となってますね。
 
 現場で使える「交渉力」は単に英語検定何級合格では通用はしません。
以前から、身振り手振りで伝えようとする態度と意志決定力が要求されています。

 文部科学省が学習指導要領で教科書検定を厳しく行っているのに合致するのは、おそらく英語検定(日本英語検定協会)でしょうが、4技能という点では英作・スピーキング能力がどの程度必要なのかは、各大学が提示すればいいのではないでしょうか?

 現にリスニングでさえセンター試験を使用していない大学やディクテーションの追加
エッセイの作成等センター試験や共通一次試験のなかった我々世代にとっては、各大学作成試験を受験するに戻せばよいだけの話です。

 結果として「必然性」のないところに目標設定は自発的には生まれにくく「自主・自立」も同様に本人任せだけでは進まない時期があります。

 だから、ネットでの検定試験受検やエットでの課題提出をできるスキルは必然性です。

今週もキーボード入力しっかりと練習していきましょう!

    http://taka-mc.com/




posted by 高橋博史 at 17:53| 石川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月25日

女子が男子を引っ張り上げる

今週は「ハロウィーン週」として小学校低学年はイベントのような授業内容でした。
しかし、4年生以上になるとお菓子目当てにはならなくなってくるし・・・
おいしいかどうかも判断に入ってくる。

 フェイスブック塾ページhttps://www.facebook.com/shingakujyukuTMC
に画像掲載していますが、高学年はシール等フェイスに貼るとかは希望しませんね。

 本日、進学校西大和学園より外渉担当の方が来塾されました。

元々、現在灘中学・高校で英語担当している木村達哉先生
mailmagazine@kimu-tatsu.com blastmail-i.comが前任校として教諭されていた時からのお付き合いなので30年ぐらいになりますね。

 私立高校のレベルアップは、併願高校からの認知で公立高校や私立高校ノレベルと敗者復活からの大学実績による専願率アップですね。

 残念ながら、県内は相変わらず国公立高校併願受け皿でも入学金だけで十分賄えるため
レベルアップ志向が全くできていません。

 公立高校合格発表まで入学金納入しないのが当たり前からすれば、信じられないようです。
 地方試験会場では、東京・東海ノレベルが高く岡山会場受験生は苦戦しているようですが
関東御三家併願校までレベルアップしてきた方法は学ぶべき内容だと思います。

 以前、金沢大学附属高校・泉丘高校受験生に併願させましたが合格しても結局は県内にとどまることとなり残念でした。ただ、京都大学推薦入試合格できる力があったことは後で証明されました。

 つまり、高校受験時点での差が大学入試までの期間で短縮するのはかなりハードです。

 具体的な例では、TMC小学生は英検3級合格で帰国子女枠でない限り関東の中学入試対応可能です。
 しかし、西大和学園では中学入試時点で2級合格が英語重視型になっています。
  というのも高校進学時点で2級合格必達だからです。

 おまけに、高校生ではTMC同様、GTECではなく英検準1級合格を前提として進めているので最難関国立大学受験を目指すならば、逆算型指導は同じ基準であることが再確認できました。

 西大和学園は、以前高校から共学校でしたが現在中学2年生から共学のようです。
男子4クラス女子1クラス学年順位50位までの半数が女子
 つまりトップ層は中学時代女子が多く高校2年生ぐらいで男子が40/50になるようです。

 このことも、現在の小学生事情と同じで女子が男子の成績を上回り相変わらず「ベイビー」な態度と高学年男子の印象です。

 それが、共学の相乗効果でレベルアップできているようです。

 TMCでは、附属女子に負けるな!で公立男子が頑張っていますし、県外受験生は
もちろん女子に負けません。

 来年度新規募集詳細は、年明けになりますが、高校生も含めて10名程度になります。

 「県外専門」の看板でお問い合わせが来ますので、県内対象はどうしても附属・泉丘高校以上となります。

 さて、来週火曜・水曜日はもう一度「ハロウィーンイベント」します。
というのは、今年は冬期講習小学生実施しないのでクリスマスイベントはありません。

 「作成物」は引き続き小学低学年は実施しますのでお楽しみに!

 http://taka-mc.com/




posted by 高橋博史 at 22:37| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

いつかその日が来るまで

カレンダーを見ると赤色(祝日)ではない
例年だったら、「いちおう夫婦の日」…あまりいい意味ではないが
「即位の礼」の理解をしているのでしょうか?

 SNSの世界では、「表現の自由」が許されているからか・・・世が世なら許されない発言も含まれていますね。
 「象徴って何?」かもしれませんね。

世の中のことは大人が決めていると塾小学生が発言していましたが、高校3年生になれば大人という意識はあるのでしょうか?

 中学生になれば、交通機関は大人料金同様18歳で大人
戦後の高度成長期に育った私や陛下も来年は60歳(還暦)です。

 令和時代を見届けられるかどうかの私ですが、次世代は10数年後大人になるのです。

 モノがあふれた平成時代に生まれスマホが当たり前の世代となり人生100年を過ごす準備が自分の力でできるのでしょうか?

 昨年、健やか検診にて前立腺がんの疑いがあるということで、半年に1回血液検査
来週、初めての1日入院の検査

 50歳を過ぎたころから始まる、老眼や更年期
見かけは若くても(そういわれていても)実年齢はごまかせない

 元々、母方は脳梗塞家系・・・祖父も脳溢血の後遺症で長唄の三味線弾けなくなり引退
母親・姉は50代に脳血栓対策のクリッピング手術
 高血圧症の大阪時代よりも金沢へ来てからは下がったけれども、基準が厳しくなって
戦意喪失する薬の副作用や歯茎の腫れなど・・・やはり薬は毒

 母親が半身不随になってからは介護の日々の姉と部屋の片づけやその他経験者でなければわからないこと多数

生前、母親は19歳で私が実質家出するとき「二度と家の敷居をまたぐな!」と
捨て台詞

 母親の最期も見舞いに行ったときアポなしはお断り
「今日は都合悪いから今度にして」・・・これが最後の言葉
母親なりに自分の最後の姿を見られたくはなかったのか?

 家族のために保険に入っているが、母親の介護を見ながら無意味な延命はだれも喜ばないことを実感

 私自身、リビングウィル(日本尊厳死協会)に登録しており、姉も入会したと聞いています。

 「わが人生に悔いはなし」と言い切って死ねることが幸せです。

 幼児から指導してきた小学6年生たちが巣立っていく・・・
受験対策だけしていたころと違って長いお付き合い
子育て支援をさせていただけて大変うれしくもあり淋しさもある
塾生から手書きの手紙を渡されホロリ・・・
誕生日やバレンタインにも動画メールや手紙もらったね

何でもデジタル化の世の中だからこそ「手書き」は説得力がある
さて、幕引きはいつどのようにするか?
矢沢永吉氏の70歳のメッセージを借りるとすれば、「いつかその日がくるまで」
走り続けるし、生徒の前に立ち続けさせてほしい

 http://taka-mc.com/




posted by 高橋博史 at 23:43| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月18日

安全な場所

次世代が住む家を決める基準の見直しが必要
なぜなら、
つい最近の台風でも関東地方を中心に多くの方が被災されました。
去年までは西日本を中心に大きな被害がありましたし、そもそも日本は地震大国です。
持ち家VS賃貸のようなことや先祖からの継承もあるかとも思われます。
台風の影響で周辺のエリアが下水や汚泥まみれになり、大混乱に陥った、タワーマンションの資産価値に対して今後の投資物件の考え方も必要になってきました。
明らかなことは、地震保険などの設定条件を確認することである程度は予測可能なこともあります。具体的に検索している内容は
ステップ1:地盤を調べる(1.2以下かどうか?)
http://www.asahi.com/special/saigai_jiban/
ステップ2:ハザードマップを調べる(津波、洪水、土砂災害の被害に遭わない場所)
https://disaportal.gsi.go.jp/

ステップ3:近隣に支流・鉄塔・ガソリンスタンド等がないか?標高差・避難場所までの距離も確認
ステップ4:関東では有名な「大島てる」のサイトで事故物件でないかを調べる
高齢化が進むとやはり賃貸物件の場合その部屋の元住民のことが気になりますね。
http://www.oshimaland.co.jp/

東京はインフラ整備ができていて、車離れでき「シルバーパス」もらえるようになれば公共交通機関無料で移動できます。
ただ、車いすでは一人で移動することは、ほぼ不可能です。母親の介護のために
車いすで母親の送迎するのでさえ他の人たちには迷惑そうにされ観光客の罵声もありました。
15年前金沢に来たときは、鍵のかかっていない家々に驚きましたが外国人労働者観光客が増加する中で安全確保が必要となっています。
犯罪だけではなくウィルス等病原菌に対する免疫力や対策も必要ですね。

1995年阪神淡路大震災で祖父宅全壊経験から学んだことも含めて
起こった時に考えていては間に合わないことが増えています。
「転ばぬ先の杖」のごとく、台風被害にあわなかったことに感謝しながら次の準備をしていきましょう。
今回の台風で被災された皆様が、一日も早く日常の生活に戻ることができますようお祈り申し上げます。

 http://taka-mc.com/

 


posted by 高橋博史 at 12:32| 石川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学習指導要領の改訂は・・・

2019年の梅雨の期間長く台風等自然災害も多い中
南海トラフ地震対応には何を準備しておくべきでしょうか?

「経験値」不足すればするほど不測の事態には対応できなくなります。

自然災害だからいつ何時起こるかもわかりませんね。

 停電・断水したことがなければ実際に起こると途方に暮れるだけでしょうか?

進学塾TMCでは、今年の夏休み
今年度のテーマは「自己管理」

 しかし、実際に自己管理するには「時間管理」含めて24時間の使い方をわからなければなりません。

 「働き方改革」メインは「時間効率」=「時短」して結果を出さなければなりません。

 「時給」で長時間労働の意識はなくさなければなりません。

 長時間演習・勉強時間の長さを奨励している石川県中学・高校では時代と逆行していきます。

 現小学生には・・・パソコンスキルは必修です。
 グーグルクラス開始準備しています。
 ZOOM授業もネット塾生は実施中です。

 来年度からの宿題や教材大きく変更していきます。

 詳しくは後日

 http://taka-mc.com/






posted by 高橋博史 at 00:20| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

金沢大学附属中学連絡進学の条件(小学校入試で考えなければならないこと)


体育の日は今年で終わり2020年からは「スポーツの日」となるようですね。

「自然災害の脅威」をまたしても目の当たりにすると同時に、緊急時に持ち出すものの準備と保管場所・車のトランクには数日間退避できるグッズは積んでいても水没となると・・・
まさしく「不測の事態」に対応できるかどうかは学習指導要領を超えていますね。

さて、10月1日より附属幼稚園、小学校(複式含む)2日より中学校の願書配布が始まり
今週は説明会もスタートしています。
 年内にすべての結果が判明するのでこの2か月気を付けることは何?
 
小学校6年(内部生)対象の説明会が実施され・・・
  今まで選考結果開示ABCDE5段階 DEゾーンは高校連絡進学厳しいとしてきました。
 学期内大テストで平均点50点以下がゾーンに入る可能性が高い
  公立小学校と同じ業者プリント使用しているので対比しやすい
  算数はオリジナル問題が別プリントで出題
  ただし、学年一斉テストではないので不公平感あり
  しかし、今年度は全員連絡進学できるようです。

小学校・複式入試について
@ 生まれ月の差 4月2日〜9月末 10月〜4月1日
A 男女の差  女子は男子より言語能力優れている
B しつけ面の差
C 行動観察に対応できる
先生の指示を一回聞いて行動できる
積極性がある
 
小学6年女子塾生の意識改革
 連絡進学ができるとわかると気が抜けていませんか?
英語・数学・漢字各種検定試験による目標設定

附属高校へなぜ進学したいのか?

関東・関西中学入試する目的は・・・大学入試逆算型

さて、中学進学する前に何を考えていくべきか?

 http://taka-mc.com/




posted by 高橋博史 at 23:56| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする