2019年04月18日

誰のための全国学力テスト?

本日全国学力テストが実施されましたが、生徒の点数が高いと評価されるのは本人ですか?

 過熱気味になってきている全国順位によって保身の教師が過去問対策や今日も答案回収時に暴言を吐いたりどうなってるんでしょうか?
 SNS時代に携帯持ち込み可能の学校ですので、教師も気を付けないと職を失うことになりかねませんよ!

 全国学力テストの点数が高いと「答えのない問題」が解けるようになりますか?

 日々次世代の対応に試行錯誤している中で旧体質事なかれ主義・退職金当てにした公務員いい加減にしてほしい!

 複数の塾生からの訴えを今日は書きました。

進学塾TMC http://taka-mc.com
posted by 高橋博史 at 21:38| 石川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

国語自己採点の問題点

解答例・採点基準の理解

2019年度がスタートし、塾生個人個人の目標を書いてもらいました。

 ここ5年間ぐらいで一番気になっていたのは国語力です。
口語文法(特に動詞の活用)から始まって品詞、慣用句・四字熟語等暗記中心内容ですが、理解がどの程度できているか?

 残念ながら作文等に引用されてはいないだけではなく、漢字検定等「合格」した後の定着率が悪いことです。

塾の授業時に「ら抜き」「間違った表現」を極力排除し「ため口・お友達言葉・赤ちゃん語」等意識的に使ってはいません。

 日常会話と物語文・論説文での文章表現内容と乖離しているからです。

おまけに、文章から抜き出すのではなく「字数制限付き」の答案を見るとどうしても納得のいかないことがありました。

@赤で答え丸写し
➁適当にまるつけ
B間違えたところのやりなおしは皆無

算数の場合と決定的に違うことは、答えの導き方を軽視した「自己採点」の結果
漢字は形(画像)で頭に残りますが、解答の導き方は残ってはいません。

おまけに、解答を渡していて「解答例」通り常になるのは不自然です。
事実、テストすれば解答例にはなっていないからです。

 結局、「提出のための宿題」が優先されているのは学校も含めて
「答え合わせ」方法が単に赤で記入していればいいし、全部あっている方がもっといい。・・・その程度の判断で宿題をしているのであれば時間の無駄になります。
 昨日、小学3年生の授業時に字数制限の問題の別解の範囲について確認しましたが、ほとんど生徒自身では判断できていませんでした。

 現高校2年生から始まる「共通テスト」においてマークシート問題ではない
記述問題が1問増えますが、自己採点で現行のようにリサーチをして出願するとしたら、誤差が数点ではなくなってしまいかなりの判定基準のミスにつながります。
 答えのない問題の前に国語における「解答例と許容範囲」について授業時に明確にしていくために、小学3年生以上においては国語の解答を渡すのを取りやめることにしました。

 算数では、解きなおしをしていない宿題は結果に結びついていないことが多いので、「量より質」を重視していきます。

 国語の件に関しては今週の授業での実践をこの場で後日紹介していきますね。

 

   進学塾TMC http://taka-mc.com
posted by 高橋博史 at 13:35| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月12日

ライブやめられん!

 新年度平常授業が始まり、新小学1年生だけではなく新塾生が一日も早く塾生の一員として活躍できるように準備をしてきたつもりである。
しかし、初日新小学1年生以外は「実力判定テスト」実施日なのでいきなり「はい、テストします!」では雰囲気がよくないので「今年度各学年の目標」について15分間作文を書いてもらいました。

書き方については、英検対策同様先に自分の目標数を書いてから具体的内容や理由を述べるパターンが多いですね。
さて、小学生はクラス担任が評価するので(中学以上は教科担任)それぞれの担任の評価軸が違う場合もあります。
さらに、自分自身の個人目標だけではなくクラス全体を代表としてどのようにしていきたいかといったマニュフェストのような内容を書いている場合もあります。
逆に書きかけて時間切れ・・・「目標もないのか?」と評価を悪くしそうな生徒もいます。
 
 新課程内容で重要なことは、大学合格方法の中心が大きく分かれるということです。
既に始まっていることですが、AO・推薦入試と従来型のテスト点数重視

 学校の成績でもテスト素点と平常点が加味されて評価となるし、技能教科は現在の観点別評価が中心になりますね。

 ペーパーテストの点数だけで「賢い!」と評価する時代はとっくに終わっていますね。
ネット世界で稼いでいる有名人の学歴は果たして難関大学出身ですか?

 私自身、金沢で塾を開講した時に自己の履歴で集客可能であるとたかをくくっていましたが、
なんと1名しか来なかったのです。どこの塾で教えていたという塾名すら知らなかったのですから当然ですね。
 保護者からは「入塾金の相場」も含めて様々な要望を言われました。
それらに対応できなければ、過去の履歴は関係ないわけです。

 社会人になるまでが学歴社会かもしれませんが、(国家公務員等国家試験合格や昇進試験に合格できる力を身に着けている)職歴は大手にいれば辞めた理由を明確にしなければなりません。

 平成時代は「バブル崩壊」「就職難」世代が主流なので「堅実派」の親世代が多いと思われます。
昭和世代の私は60歳定年でしたから(現在は65歳)それ以降は年金暮らしで生活できる程度の資金を稼げれば一応クリア・・・しかし、親の介護・パラサイトの子供(30歳以上)孫の世話等徐々に生活費用面は苦しくなってきましたね。特に消費税の導入によって「デフレ」の世の中になり、おそらく10月に消費税10%にすれば当分「デフレ脱却」は不可能となり来年のオリンピックや大阪万博効果はあまり期待できませんね。

 だから、次世代に「将来の夢」を語らせるには「親世代の夢」を語っていかなければ自発的に考えることは難しくなっています。年々「伝記もの」を読まなくなり現世代の目標も「偉くなりたい・社長になりたい」はほとんどきこえてきません。

 高度成長時代とは違って「物欲」が原動力にならなくなってきています。「ハングリーさ」の脱却のために一攫千金を考えることや就職→結婚→出産→マイホームのようなレールやその逆算発想も崩れています。

 だから、次世代は「今」が中心でその先のことはわからない・・・本根はそこにあります。

 授業形態も「自学自習」できるようになるには「目的意識」があればアドバイスだけで進んでいけますが、
小学生にはまだまだ「自主学習内容」を理解できる状態ではありません。

 一方通行もしくは「教えたつもり」「授業きいたつもり」の授業形態では教科指導伝達のみをしているだけでした。

 では、「映像授業」「パソコン学習」はどうなのか?
高校生同様(一部中学生も)「目的意識」が明確であれば「自主学習」することも可能ですが、やはり「演習中心」では脳が活性化していませんね。

 小学生の各学年の特性と個性が明確に表れていることとそれらを掌握してこちらがパワーアップして
戻さないと面白くはないのです。

 幼児からのンバーは特に男子の場合「何が楽しいのか?」わざわざ塾へ来て今日は先生何を話したりしてくれるのか?・・・相変わらず週1回の2時間ライブに来てくれているようです。

 学校授業の先取り・検定試験・入試対策だけでは物足りないのです。

今日の単元をどのように導入するかのような教材研究ではなく、教科・学年を超えた興味深いこと
椅子に座っていると「エコノミー症候群」状態で寿命が縮まるのであれば、立ったままでもOK!
 体を使った学習方法も低学年には有効・・・ケジメは大切であるが終始お行儀よくでは退屈かも

 明日高校生の授業日ですが、大学受験指導のほうがある意味では楽かもしれません。
高校3年生最後のセンター試験・2年生の共通テスト初回は純粋にペーパーテスト勝負メンバーなので
期日までに合格点達成のシュケジュール管理をしていきます。

 プログラミング2年目までのスケジュールはできていますが、その先は受験対策用とプログラマー養成コースに分かれるところまで続けるのか?
 常に教える側が新鮮な目で先取りをしていかなければならないおかげで「老いてる暇ないね!」
 冬の間筋力トレーニングあまりしなかった(昨年積雪が少なかったのも原因)ので、来週末から大型バイクに乗り始める前に筋肉痛になりながら柔軟体操・握力アップトレーニングします。
 
 進学塾TMC http://taka-mc.com
posted by 高橋博史 at 23:27| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月11日

令和12年は西暦何年?!

今週から2019年度平常授業がスタートしました。
毎年、高校3年生が大学合格して卒塾した人数分を補充できていることに感謝しております。
大手塾がどんどんM&Aしながら生き残りをかけているので、「低価格競争」やフランチャイズの進出など進んでいますね。
 私自身も業界40年目に突入し、定年まで何事もなく安泰を願う世代になってきました。
しかし、毎年新1年生を迎えれば塾生が希望する限り大学入試までは継続できるように「12年保証」を課しています。
 事実、兄弟姉妹の割合が増え現在1歳から5歳(就学前)の予約を考えると、そこから12年って
70歳を超えてしまいますね。
 昭和世代は25を足すと西暦・・・私は昭和35年生まれなので西暦1960年と計算がしやすかったのですが、「令和2年」=2020年を基準にすれば、現在小学1年生が12年後まで通ってくれるとちょうど70歳・・・2030年になりますね。つまりは、75歳まで継続できれば大丈夫ということです。
 
そこで、なんと初回授業から「健康」に関するチェック項目として「うんち」の色やかたさ・回数の話や男と女の腸の長さのちがい、平均体温等小学1年生の教材には記載されていない話から始めました。

その日の授業内容等メールで報告させていただきましたが、夕食時になんと「うんこ・うんち」の話が出て来たようです。食事時に・・・かもしれませんが、家族での話題になっているとすれば「今日どんなことした?」よりもインパクトがあってよかったかもしれません。

雇われの時は、学年やクラス担当は違っても教科は同じであったりすれば、大なり小なり同じ内容を授業ですることも多々ありました。
しかし、1週間の中で12学年(大学入試は大学・学部別)担当していると各教科の流れがはっきりと見えてきます。
特に、英語がいかに覚えることが少ないか?
日本語では、1人称単数(私)のことをIだけですませられる英語は楽ですね。
「合わせていくつ?」の問題の答え方は・・・数字や漢字のほうがごまかせますね。
言葉で表現するには・・・ひとつ・ふたつ・みっつ・よっつ・いつつ・むっつ・ななつ・やっつ・ここのつ・とお
「何匹ですか」・・・いっぴき・にひき・さんびき(この地点で濁音・半濁音等使い分けなければなりません)
「何人ですか?」漢字ならばすべて数字人でいいですが、言葉で言えば ひとり・ふたり・さんにんと変化しますね。
日付も4月10日と書いていますが、言葉では「しがつとおか」とひらがな表記のほうが難しいかもしれませんね。
外国人が「助詞の使い方が難しい」と言いますが、英語にはありませんからね。

実は、国語の科目で問題演習をしただけでは「国語力」が身に付かないのはなぜか?
日常会話の中に多くの問題点があるからです。「ツーカー」「短縮語」もふくめて会話文では意思疎通ができればOKなので「文法力」をあまり要求されてはいませんね。
しかし、品詞や活用は現代語・古文には必修ですね。現実には高校生にもなって一からやり直しをしなければならないだけではなく結構な時間が必要なのに驚かされています。
ある意味で、「古文」「漢文」は外国語と変わりありません。

幼児期から小学生低学年の期間に「正しい日本語」をまず「インプット・アウトプット」していきます。
「オウム返し」をすることから「親や先生口調」を使用しないように、もちろん友達言葉も使いません。
返事は「うん」ではなく「ハイ」と短く元気よくから徹底しています。英語検定2次試験時の悪い例は必ず男子生徒がうつむきながらブツブツ答える様子です。

 女子塾生にも返事をせずにうなずく態度が増えてきているので注意しています。

堅苦しく感じることもあるかもしれませんし、自分自身医者に行ったときに若い看護婦からため口のような表現をされると「なれなれしい」とムットしてしまうこともありますが、親しみやすさとの境界線は人間関係ができてからにしてほしいと思うこともあります。

塾生に対して基本は名字ではなく「ファーストネーム」で呼ぶようにしています。親子以上の年齢差なので違和感はないと思います。

現在小6生は中学2年生(小学5年生の発展内容)図形の証明の手順で、論理的に説明する練習をしています。
プログラミングも本来論理的思考育成が主ですね。ただ、学校で学習する先取りではなく社会人になっても使っていけるスキルは何なのか?
小学校〜高校の期間だけで後は不要になる知識の詰込みは今後どんどん減らしていかなければなりません。
宿題内容も同様にテキスト・ドリル学習は卒業していかなければなりません。ペーパーテストも徐々に変わっていかなければならないですが、学校はなかなかそうもいかないでしょう。
だから、家庭学習・学校での学習・塾での学習内容はリンクしているけれども違う方がいいのです。

教材を渡して解く練習は最小限にしてもっと多岐にわたった学習に変えていかなければ次世代の「答え無き問題」には対応できません。

今年の小学1年生は「脱ドリル」を目指して指導していきます。「探求心」「興味」を喚起する方法を追求していきますのでご期待ください。

 進学塾TMC http://taka-mc.com
posted by 高橋博史 at 23:20| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

2019年度大学入試動向から来年度へ

国立大学合格発表が終了し、高校3年生塾生は今月末にはそれぞれ大学所在地(今年は東京都・大阪府)へ移転していきます。

 河合塾のデータ参考にまとめてみました。

@ 文高理低に歯止めがかかる
文系は「文・人文」「法・政治」系が増加している一方、昨年人気系統だった「経済・経営・商」学系は前年比96%と減少しました。また、文系では既卒生の志望者が大幅に増えていることも今年度の特徴です。
理系では、「理」「工」「農」学系は前年並みですが、「医」「薬」などの医療系で減少しています。詳細を見ると、「理」学系は「化学」分野で、「工」学系は「電気電子・通信情報」で志望者が増えています。情報系は「総合・環境・情報・人間」の「情報」分野でも志望者が増加しており、人気となっています。

➁ 難関国立10大(東大・京大・北大・東北大・名大・阪大・九大・東工大・一橋大・神大)の動向
  前年比100として増加が多かったのを見ると
  北大(全体)106・・・文学部122
  東北大(全体)93・・・教育115
  東大(全体)98・・・医学部106
  東工大(全体)97・・・理101
  一橋大(全体)95・・・法109
 名大(全体)100・・・法120
 京大(全体)97・・・理110
 阪大(全体)99・・・法111
 神大(全体)103・・・経済128
 九大(全体)101・・・医学部125
 以上の数字だけを比較すると大学による(受験教科等)それぞれの事情が見えてきますね。


B 文系、理系とも8割以上得点者が増加
  多くの国公立大で必要となる7科目の受験者平均点は、文系型で昨年から17.4点アップの581.1点(900点満点)、理系型で12.3点アップの583.6点(900点満点)と、どちらも大幅にアップしました。

 現2年塾生はいよいよ最後のセンター試験となるためにこの春期講習も2科目の社会・理科の確定と東京大学・医学部志望生にはすでに専用の学習を始めていきます。
 今年の金沢大学附属2年生地理選択者は「センター試験対策は自分ですること」と言い切られており
既に配布された高3シラバスを参考にすると「倫理・政経」「地理B」は学校での授業では間に合わないことが、はっきりしています。
 毎年、各高校の主要教材のチェックとシラバスによる志望大学との差異を明確にして不足部分を補完していく方法を継続しています。
 センター試験高得点逃げ切り(難関10大学未満)大学志望生はいないので、春期講習でセンター8割ライン確保と並行して文系英・国・数理系英・数・理2次試験問題の対策をスタートします。

 既にセンター試験まで10か月となっており各高校の春休みの課題を活用しながら「時間効率化」と「定着率」および各大学の2次試験傾向に沿った学習をしていきます。

 難関国私立中学入試合格後中高一貫校でのメンバーと同じ土俵で戦えるようにするには、高校入学前にどれだけ「意識改革」できるかと「稼げる自立支援」の徹底ですね。

 進学塾TMC http://taka-mc.com
posted by 高橋博史 at 15:16| 石川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

キラキラネームは就職に不利?

新年度へ向けて、前塾生名簿から2019年度塾生名簿への整理をしていて、女子の名前に「子」がついている塾生が減少していることが気になりました。

 私の場合は、名字との画数(運勢)バランスで専門家による命名されていますので、親が離婚したおかげで名字が変わり正式文書でない限りは画数を変えた方がよいと言われてきました。

 同様に息子たちは名字との画数(運勢)バランスで私が命名しているので、
運勢責任は私にあると思っています。

 男子の場合、父親等の1字が共通点であるなと感じますが、タイトルにあるように「キラキラネーム」「DQNネーム」全盛期とも言われる現代においても、いわゆるお受験をして通わせる幼稚園から大学までが一貫となっている学校や有名小学校には、キラキラネームの子どもはほとんどいないのが現状です。

 暴走族名に多い方式「暴走万葉仮名」ともいわれているようです。

 歌人の俵万智(たわら・まち)さんが、自らの出産・育児経験を元に詠まれた
 「読みやすく覚えやすくて感じよく平凡すぎず非凡すぎぬ名」

 その点、「高橋」は日本で5位以内「ひろし」も当時は1位の組み合わせなので「平凡」すぎるほうに入ります。電話帳見たときに自分の名前の多さにびっくりしたことを覚えています。

 話は、就活に戻って・・・
 上層部の人たちの常識は、どちらかというとお祖父ちゃんお祖母ちゃん世代の常識と近く、お祖父ちゃんやお祖母ちゃんが「ちょっと変だな」「これはどう読む名前なの?」と感じてしまうような名前は、やはり不利と言わざるを得ないのです。

 https://www.sannichi.co.jp/article/2019/03/09/00332038の記事参照

やはり、親の責任は重いですね。

進学塾TMC http://taka-mc.com
posted by 高橋博史 at 22:43| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月08日

8年間ありがとう!

県内公立高校受験自己採点点数が送られてきており、こちらが提示した点数をクリアしているので
来週の結果を待つ間・・・新高校1年生の課題を指示・・・春期講習へとつながっていく

 今年の県内中学3年生は例年通りの流れ 第一回統一テスト→中学3年生2学期までの成績
私立高校合格コース→公立高校受験(自己採点)→合格
 漢字・英語・数学検定試験合格級の確保も含めてかなり苦戦した。

 目的意識と各ハードル越えを積み上げていくためのアドバイスだけでは足りないで、週1回規定時間の中
やり切る習慣がなかなか身についていないからである。

 1週間の時間の使い方と優先順位の組み替え方(高校の授業との両立)

 このことは、社会人になってから(現在の私自身)も常に関係があり自分自身のことだけではなく、会社・家族等対象になる人数や項目が増えればなおさらのことですね。

例年通り
 高校3年塾生が県外へ今年も巣立っていきます。小学5年生からの通塾+兄も含めると10年以上の生徒もおります。

 兄弟姉妹3人目が現在1歳から2歳のご予約頂戴し・・・
そういえば、保護者自身生まれたのが・・・私が30代になるころ・・・
現小学5年生女子塾生も20年後は母親?

 小学5年生からの8年間は「自立支援」がメインテーマ
 年中からの8年間は「子育て支援」がメインテーマ
 同じ8年間でも中身は違っていますね。
 ただ、ご家族とともに10年以上子育て参加させていただけるのは公的機関や大手塾ではなかなかできないことであり「感謝」の言葉では言い尽くせないことです。

 12年保証(大学入試まで現役続行)が小学1年生に始まりますが、同時にその先にご縁があれば
3年〜5年後に入塾後12年後は?現在の塾生が親として登場する可能性が高い

 さすがに、「おっさん」ではなく「じいじ」になっているが現役できるところまでさせていただきたい。

 進学塾TMC http://taka-mc.com
posted by 高橋博史 at 14:17| 石川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

消しバト?

小学生の間で流行しているらしい・・・

このことを知るきっかけは塾生が筆箱を落とした時にちぎった消しゴムが散らかり「なぜ?こんなものを・・・」から始まったことであった。

 昭和世代は「べったん」「ビー玉」による勝てば総取りルールでしていたことを小学校ではできないので
僕らは消しゴムではなく一升瓶のふたのコルクを外して指ではじき枠内(机の淵)から落とせば勝!というルールでしたいたこととほぼ同じですね。

 勝利するための工夫は・・・ふたの中に何を詰めれば・・・ここに創意工夫があったことを覚えています。

 ほかの学年(附属小学校でも一部黙認されているようです)にも確認したところ、学年男女問わずしているようなので・・・
 検索(便利な世の中になった)してみると・・・なんとまあ「野球盤世代」の時と同じノック式のペンのバネ力の利用(しかし、バネの強化の方ではない)でのルール

 ここからが現代風なのか・・・消しゴムの武装は自由かつ大きさも自由・・・
「消しピン」ともいわれているようで、「でこぴん」がわかる世代ははじき方わかりますね・・・
 なんとユーチューブで回転させて相手の消しゴムを落とす技が紹介されていましたが、

片手でペンを回す(ポトンと何回も落としながらバランス感覚を身に着けていくクセ?)
これができると「東京大学合格!」と迷惑なことが流行した。「ハンドスピナー」と指の上で回転させるものが売り出されましたね。

 教室内の限られたスペースで休憩時間にできることは結局「昭和世代」と変わらないのかもしれないが、
ネット検索や技の紹介を発信できるようになったことは「今世代」の特徴かもしれない。

 息子(娘)と親父がバトルしてみるのもコミュニケーション場としていいかも・・・

 進学塾TMC http://taka-mc.com
posted by 高橋博史 at 23:34| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市販・塾用ドリルではすでに対応できない・・・

大学入試改革が関東中心に進んでいるだけではなく、中学入試問題においても
「知識+経験値」の総動員による考察ができるか?理科の問題の中身見てこれでは現在の学校準拠ワークや塾用教材では対応できないことが判明!

関西トップレベル男子灘中学
 イタチの仲間の「オコジョ」・・・問題文からの考察力
 2台のカメラを左右に並べて、遠近法による「立体視」の問題・・・
関東トップレベル男子開成中学
 家庭の冷蔵庫で作った氷はなぜ透明にはならないか?
関東御三家男子麻布中学
 おいしいコーヒーの淹れ方・・・エスプレッソ図示
関東御三家男子武蔵中学
 潮の干満と浅瀬の生き物・・・潮干狩り体験が必要!
関東トップレベル女子桜蔭中学
 砂糖をティーバッグに入れて水に溶ける様子・・・やってなければイメージできない!
関東御三家女子 女子学院中学
 資源ごみ(ペットボトル)リサイクルしやすくするためのきまり(予想)
 大気が不安定な状態って?
関東御三家女子雙葉中学
 15年ぶりに地球に接近した天体名・・・日頃からニュース見てますか?
 アウトドアの流行りから登山時の注意点・・・過去の事故にまつわる話

 代表的なものをピックアップしてみましたが、問題集の選定で解決できませんね。過去問題集にも載っていませんね。
 
 答えがない・・・自分で推察する力が要求されています。
何度も繰り返しますが、「身の回りにあるもの」が教材でありそれらをいかに
現象をとらえて興味を深めていくかが既に要求されているのです。

 新課程は2020年度からなんてのんびりしていては関東中心とした難関中学に遅れていきますよ!・・・大学入試までの期間にもっと差がつくことを理解して今年度からなぜ「ドリル優先ではない!」を力説しているかを理解してくださいね。

 今週で2018年度授業終了です。

 進学塾TMC http://taka-mc.com

posted by 高橋博史 at 02:11| 石川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

入塾希望お問い合わせQ&A

新年度へ向けて、入塾のお問い合わせありがとうございます。

 現塾生の継続者数が確定しました。毎年、高校3年生大学合格者・転勤者以外は1・2名ぐらい退塾者がいる程度で7年以上の在籍者がほとんどになっており本当に感謝しております。

 間もなく、教育業界40年目になりますが、昭和・平成・次世代と時代の流れに応じて変化していかなければならないこと・・・特にグローバル化?AI?
 具体的な内容に落とし込んで授業するためには、学校の先取り・教科書準拠だけでは「昭和世代」の内容になってしまいます。

 例えば、プログラミング・英語授業
フランチャイズのシステム導入は致しません。
費用と時間がかかりすぎ、独自の発想力も身に付きにくいからです。
小学校で英語が必修になるから・・・これは塾側の論理であり教材会社のマニュアルそのまま語っていくようなことはしません。

 大学入試の変革に向けて、何をいつまでになぜしなければならないのか?

 関東の私立大学は既に改革を始めており、それに伴って現高校2年生は「現行センター試験最終組」として「浪人させない方法追求型」になっています。
 センター得点率85%程度がボーダーライン以上の大学を全員志望しているので、高校の授業内容の先取り程度では間に合いません。

 現在、3学期定期テスト直前・最中ですが「定期テスト対策」やテスト勉強のために「欠席」するようでは「塾との両立不可」となります。

 中学生は、「内申点」が当日点に加味されますので定期テスト3週間前から
学校のワーク・塾ワーク・直前チェックの流れで進んできましたが、2019年度からは小学生からの持ち上がり中心になりますので、各種検定基準をクリアできる程度が入塾条件となります。


 2019年度中学・高校生の募集は「基本的」にはしません。

 本来「県外受験専門」として、転勤者が関東・関西等へ戻るときに実力差異がないように「幼児から」トレーニングしてきましたが、合同授業はすでに難しくなっています。

 現高校1年生以下の「大学入試改革」も全面内容の改訂は2022年以降になります。
 つまり、新中1生と新中2〜新高2生ではまた内容が変わっていくということです。

 しかし、英語検定外部テストは準1級合格でセンター試験200点満点扱いがすでに5年前以上から始まっています。

 試験の合格有効期限やテストの形式が変更になるのでその対策が必要です。

 新小学1年生に対する質問

 学年先取りですか?
 幼児からの持ち上がりがいませんので、「個人差」あるかと思われます。
読み・書き・計算・時間管理・ある程度進みますが、今までのように県外受験者基準に合わせていくのではなく、次世代課題(協働・問題解決)のために必要なスキルを身に着けていただくことが中心になります。

 例年、週1回45分×3コマ(算国英)とプログラミング90分(2018年度より)実施していました。
 2019年度は45分×2コマ(学校のように時間で科目を区切ることはほとんどしません)とパソコンスキルアップしながらプログラミングと英語学習を隔週90分で実施します。

 英検が現行のマークシート形式からパソコンオンライン形式へ変更になります。
 それは、TOEFL・TOEICがすでにパソコンによる試験形式を実施しているためです。




 マイクを通しての音声録音形式に慣れるためだけではなく、「声紋判定」ソフトによる「正確な発音」のトレーニング・英作文はキーボード入力が必要です。

 4技能対策の目玉は、英作文(自分の意見を書く)スピーキング(音読と自分の意見を述べる)なので「楽しく遊ぶ」だけでは合格はできません。

 フォニックスを徹底して練習し、「非ネイティブ英語・グロービッシュ」の指導をしていきます。今までは「ネイティブ」へいかに近づけるか?でしたが、発音の違い「ブリティッシュ・アメリカン・カナディアン・オーストレリアン」の4種類する必要はなく「伝わる英語」=「グローバル対応」です。

 日本はアメリカンイングリッシュ主体と教科書発音ではなっていますが、厳密にはブリティッシュイングリッシュとミックスになってしまっています。

 外国語大学や留学先で詳しくは学ぶことができるので、まず「自分の意見を言える」の練習からです。(もちろん日本語優先です)

 進学塾TMCは幼児〜大学受験までで不要になるような知識の詰込みはしていません。10進法をしっかり理解できれば、位取り(おおきな数)へ進んでいけます。常に「ちょいむず」を提示して「できる喜び」に変えていけるように指導しています。



進学塾TMC http://taka-mc.com
posted by 高橋博史 at 22:52| 石川 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

入塾基準について

新年度へ向けて、就学前(現在年少・年長)の学習内容の相談・・・
入塾のお問い合わせが入っております。

 特に御兄弟関係や友人紹介など大変ありがたく感謝しております。

 金沢大学附属小学校入試対策を知りたい方は「お手伝いから学ぶ」を参考にしてください。2月14日のブログで紹介しています。

 なぜ、各種検定試験英検3級(中3程度)・数検5級(中1程度)漢検4級(中2程度)以上を小学5年生終了までに目指すとするのか?

 金沢大学附属高校連絡進学基準
  英検準2〜2級合格できる力・・・宮村英語賞
  数学検定5〜4級合格できる力・・・1部高峰賞
  理系科目重視(高校1年生での物理授業に必要な知識)
  漢字検定準2〜2級・・・高校1年生時未収得者は強制受検

 中学生になっていきなり検定試験5級(中1レベル)からスタートするには「試験慣れ」がなければ合格が難しい。

 中学から1年間で1つの級合格のペースで少なくとも準2級まで(高1レベル)は合格できる。

 この程度できていて県内トップ高(泉丘含む)安心合格となりますね。

 たとえ、転勤等で大都市圏へ行くことになっても全国での基準に変わりはありません。

 今年の高校3年生でも「英語外部試験利用」受験のおかげで入試科目3科目中1科目(文系では国語)のみ受験可能のおかげで一般入試対策が楽になっています。

 不登校生は、英検・数検が単位に充当されていることも含めて
文部科学省認定検定試験合格は用途が多いということになります。

 ただし、検定試験合格のための授業が主体ではありません。
AO入試対策のために高校2年生になっていきなり「英検対策のみ」と要望されたこともありますが、短期合格の秘訣はありません。(特にリスニング)

 昨日もいかに「英語らしい発音」「カタカナではない!」をするか?同時に聴き分けることができるかは低学年のほうが身に付きます。

 中学・高校生でリスニング力・英語らしい発音でスピーキングできる力を身に着けるには「筆記対策」よりもかなり努力していただかなければなりません。

先日、「井の中の蛙大海を知らず」で大手塾へ移籍した塾生がわずか1か月で復塾することとなりました。

 システマチックな授業だと思われますが、本人曰く「物足りなくなった」
そうです。

 難関私立中学合格者がなぜまた進学塾へ通うのか?
学校での授業が物足りないから・・・大学で学習することぐらいまでしているそうです。

 進学塾TMCは幼児〜大学受験までで不要になるような知識の詰込みはしていません。10進法をしっかり理解できれば、位取り(おおきな数)へ進んでいけます。常に「ちょいむず」を提示して「できる喜び」に変えていけるように指導しています。



進学塾TMC http://taka-mc.com
posted by 高橋博史 at 13:37| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月14日

新小学1年生授業体験を終えて

 授業内容を公開することがない(保護者も見学していない)ので、ここで紹介します。
新小学1年生クラス
 ☆授業体験内容(90分間)
1. 挨拶
2. 自己紹介
3. パソコン使えるかな?
4. アルファベット神経衰弱
5. 分別ゴミって何?
6. 4コマでお話し作れるかな?
7. 九九の歌

1.玄関でのあいさつから始まり靴の揃え方
2.いきなりみんなの前で自己紹介
   見本をやって見せてそれぞれ全員合格!
3.マウスポイターを目的の位置に合わせてクリック・・・全員クリア
4.T M C の発音(宣伝ではなくカタカナ発音の訂正)
  乗り物のバスと風呂のバスの聞き分けやBとVの発音の違い実践・・・全員合格!
5.附属小学校の長期休暇の宿題は必ず「お手伝い」なので、ある小学校入試問題を使ってみた。
 冷蔵庫・・・どんないろ?どこにある?どんなかたち?ここまではOK!
        何が入っている?意外と苦戦・・・目の高さから見えないのかもしれませんが、冷蔵庫の中身と何が入っているか(場所による冷え方の違いなど)女子の方がわかっていた。
道具の名前と何に使うか?
 答えられなかったのが・・・せんぬき・かんきり・おたま(男の子は・・・を指さして笑かせてくれた)
分別ゴミ
 金沢市では「普通ごみ」「埋め立てごみ」「粗大ごみ」は有料で「資源ごみ」は無料ですが、さてどの程度わかっているかな?・・・ほとんど理解不可能でした。

    いつもお話ししている「家庭でできること」是非参考にしてくださいね。

 進学塾TMC http://taka-mc.com
posted by 高橋博史 at 23:02| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月13日

小説読まない子供には実体験を!

授業内容を動画で配信することがないので、ここで紹介します。現小学2年生クラス
「物語文」・・・小3宿題確認テスト
 心情の理解
 物語文をなぜ読むのか?
 作者は登場人物を通して「心の動きの変化」を理解させようとしている。
元々は長文なのである程度抜粋されているところが理解できるように前書きがある
 大学入試センター試験でも同じように、前書き(あらすじ)や語句の説明部分にヒントが隠されているので先に確認しておかなければならない。

 今回のお話は・・・「母親が留守の間に、洗濯物を取り込んでおくように頼まれた主人公がうっかり洗濯物を泥の中に落としてしまったところから始まります。

 キーワード  ふさぎこむ・・・男子理解ゼロ
 本文    主人公は一人ぼっちになった時わっと泣き出しました。
 設問    主人公の気持ち
        耳をふさぐ動作は理解しているがふさぎこんでいる様子は理解できない
        すると、選択肢のひっかけを選ぶ「ひとりきりでさびしいきもち」×ですね。
     洗濯物を落として汚してしまったことと関係のない選択肢を選ぶ
     女子は「どうしてよいかわからない気持ち」〇ですね。
そこで、もしきみ自身がこの場面になってしまったらどうする?・・・答えられない

@ 何とかして少しでも汚れを落とそうとする。
A 母親が帰ってきてから謝る。
B 強風のせいにする。
何が、正解ではなく・・・臨戦対応力は経験値でしか身にはつかない。

 失敗させないように配慮することも時には必要ではあるが、失敗した時こそ「対応力」が問われるのです。
新課程入試対策に一番必要な内容は「答えが一つなので暗記する」ではなくなり「自分ならどうする?」の発想力です。

 男子の共通点は、読解力の元になる読書や実体験が不足しすぎて問題解説に時間を割いても理解できないことが多いことです。難関大学ほど恋愛小説も含めて多種多様な場面が想定されています。

 幼児期に「感情言葉」を感覚的に体験しておかなければ言語間の差異がおそらくわからないと思います。

 進学塾TMC http://taka-mc.com
posted by 高橋博史 at 00:28| 石川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

石川県立泉丘高校合格のためには・・・

県内公立高校対策公開!!

 高校・大学受験対策に追われていたので(現在進行中)この辺で直近の出来事から
県内私立高校受験結果から
 毎年、不合格者がほとんどいない(せいぜい10数名)
 公立高校受験が主体なので、合格者数を増やせば入学金収入が増える(他府県では公立発表まで待ってくれる)特に今年星稜高校1万円値上げ・・・2000人合格者が支払えば・・・
 特に、点数結果は25点刻みで表示されているのでゾーンごとで公立高校受験校の判断材料とされている。
 しかし、400点以上で授業料免除にならない限り公立高校不合格になれば全額支払うことになりますね。
 だから、今年の結果は大学入試同様に1ランク下げてでも確実に・・・の志向らしい(塾生談)
その点、塾生は過去問題10年分の各得点上下現内に入っているのである意味予定通り。
早々に泉丘高校に出願しました。

 公立高校の問題ポイントは、リスニング27点プラス4点(自分の意見を書く)
単なる選択肢から選び、単語記入であれば1回目で十分理解できるので2回目は確認しながら
リスニング終了前に次の設問第4問長文へ(2・3問は後回し)進めるのだが、自分の意見を書く(英検内容に似てきた)のがあるのでリスニング時間15分間は取られてしまう。
 長文を20分間で満点狙いができるかどうかで90点以上になるかどうかが決まってくる。
大問2 空所英文補充(選択肢あり)は5分で満点
大問3 対話文・・・決まり文句と流れをつかめば10分で満点
結局リスニングと大問4の減点がどのくらいなのか?

注意するべきことは、過去問題のほうが易しい場合もあり各教科特に理社国は直近10年分過去問題を「単元別」にチェックして理社は特に記述内容の採点基準を厳しくしなければならない。

毎年、自己採点と点数開示の差を確認しているが泉丘高校の場合誤差が2点以内、つまり部分点なしということになる。
 基本的な漢字間違いが一番失点となるので、理社国(特に16点は大きい!)丁寧に書く練習をしてください。
 国語が決め手となっていた(以前は小論文があった)経緯もあり、作文の内容が中学校の定期テスト採点基準ではせいぜい5点(10点中)ぐらいになってしまいます。

 古文15点作文10点現代文37点と38点のうち今年のメンバーだけではなく、日ごろほとんど小説を読んでいない学生にはどうも「感情の流れ」がつかめないようである。
 残り3週間徹底して「小説」「作文」「英作文含む」対策を中心に予定通り400点確保すれば、今年の中学3年生のレベルはそんなに高くはないので3月14日「合格」吉報が来ます!


 進学塾TMC http://taka-mc.com
posted by 高橋博史 at 14:28| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月03日

帝王学の勧め

新年度へ向けて、就学前(現在年少・年長)の学習内容の相談・・・
入塾のお問い合わせが入っております。

 特に御兄弟関係や友人紹介など大変ありがたく感謝しております。

 今から教室拡大を目標に生徒数増大が優先にされている塾であれば、
年間休日10日ぐらいの生活(私の20代後半から30代前半)を考えるかもしれません。

 間もなく業界に携わって40年間・・・私自身何を身につけて来たのか?
次世代へ何を伝えていけばいいのか?日々「合格者数」「昨対比」の数字を追い求めてきた、雇われ時代。

 一方通行授業であったとしても「私しか教えられない内容」を伝授し
日々時間だけが流れていた教科指導勤務

 息子たちも社会人となり、幼少期何をしておけばよかったのか?

20代〜30代前半まで(特に高校・浪人生)は「親近感」
30代後半からは「管理職」と「父親」・・・「独立」
40代から大阪を離れて「金沢出校」
50代から「東京・横浜進出」
60代から・・・

「平成」が今年4月で終わる・・・30代の保護者は「昭和」の最期の世代
私は、母親が昭和2年生まれだった(2年前に他界)祖母は大正・祖父は明治生まれ3時代から継承(伝聞)したことは1868年から平成終了2019年までとすると150年間以上となりますね。

 現在の中学生が近現代史で授業時間数が間に合わず2年生で歴史が終了できなくなったのも昭和64年間+平成30年間(対象も一部入れれば100年間)の学習内容が増えてからです。

 しかし、「家督制度」は現在廃止されたものの天皇家ですら現在の皇太子が天皇に即位された後のことをどうするのか?

 「男尊女卑」日本では終わっていたはずが、医学部での事件が発覚!
外国では現在も身分制度すら現存しているのが現状ですね。

 中学入試対策のために歴史を学ぶ「暗記」するのではなく、自分たちのルーツと「先人の知恵」を後世にも通じることがあるので学ぶのではないでしょうか?

 同様に、長男の役割は「子孫」「家業継承」「墓守り」等各家庭でどのように考えているのでしょうか?

 次世代を育成する中で、「ドリル」による学習よりも「日本とは何?」を世代なりに伝えていかなければならないのではないでしょうか?

 「今だけ」「数字だけ」発想の方が「結果」が分かりやすく説明もしやすいのですが、今年スズキノバイクが復活する「カタナ」を見ると日本人が忘れかけている「武士道」復刻に思えてなりません。

 グローバル化の波で「英語会話優先?」その前にまず「日本語」でしょ!
敗戦国として英語を標準語にするのですか?「植民地」の意識がない「平成世代」、「戦後レジューム脱却」を理解できない「昭和世代」・・・

 大学願書に愛読書「三島由紀夫」と書いたときに「思想チェック」とそののち「自決」の意味を討論したキャンパスライフ・・・文学部だったからこそ
哲学・倫理・精神論等を語り合えたのであって、理系の研究者やデータ中心の学部ではおよそ議題にもならなかったかもしれません。

 「先祖」から継承されてきている精神論や海外から評価されている「おもてなしの心」等、「数字化」されていないものこそわが子の育成に必要なものだと信じています。


進学塾TMC http://taka-mc.com
posted by 高橋博史 at 19:36| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月02日

節分の意味を知らない

1月も終わり受験シーズン中ですが、新小学1年生の体験授業前に「幼児の時期」に何をするべきか?
 少しずつ、紹介していこうと思います。

 2月3日は「節分」ですが、廃棄問題(もったいない)になっている「恵方巻」は重要なのでしょうか?

 恵方って何なのか?わからないけれど「東北東」に向かって食べましょう・・・
まんまと「売れさえすればいい」の発想に乗せられているだけですね。
 自宅でお子様と巻き寿司を作成している方がはるかに有益です。

 今年は「御代変わり」このことも西暦カレンダー中心に動いている国々からすれば
何のことかわからないと思いますが、果たして日本人はわかっているのでしょうか?

 「グローバル化」の波に見失って言ってはいけないことは、「日本」って?

 北方領土の4島の名前を知っていて漢字で書ければOKなのでしょうか?
尖閣諸島・竹島問題がなぜ起こっているのか?関係ないし・・・で済ませていいんですか?

 昭和世代は「終戦記念日」の話を夏休みに話題となる書物も含めて学んできましたが、
「平成生まれ」のメンバーの中には沖縄県になぜアメリカ軍がいるのか?パスポートなしではいけない時期もあった・・・

 昭和史が時間的に確保できないためか平成も含めて知らないことだらけです。
国際情勢の中でずーと変わっていないことは、日本が「敗戦国」であり
アメリカの「植民地」のような状態が続いていることです。
安保理常任理事国にはなれないけれども費用負担だけさせられている、排他的水域で
北朝鮮や中国漁船に大切な海洋資源を泥棒されても何もできない。

 天皇はどういう存在なのか?「象徴」なはずなのに・・・

 愛国心やナショナリズムが失われていく中で4月から外国人労働者が増えていく
ヨーロッパ等ですでに移民による問題点が明らかになっている中で、具体的対策もまだ決まっていない。

 話は戻りますが、「節分」は「立春」の前日(大晦日)になるので大晦日に陰陽師らによって旧年の厄や災難を祓い清める「追儺(ついな)」の行事が行われていたことから始まりました。

 京都では陰陽五行説(「木」「火」「土」「金」「水」の五行)や表鬼門にあたる「吉田神社」と裏鬼門にあたる「壬生寺(みぶでら)」の節分祭がことに有名です。

 ぜひ、カレンダーに「旧暦」(月の満ち欠けを基準としたもの)を見て確認してください。

 祖父母たちが、日本古来の行事の時に「由来」を語ってくれたおかげで現在も覚えていることが多々ありますが、祖父母が戦後生まれ以降ばかりになると「歴史の流れ」や日本固有の行事等が見失われている場合があります。

 小学校入試の「行動観察」や「面接」内容はそれぞれの学校の目的(入学させたい基準)によって差異はありますが、「本物志向」が難関と言われる学校の特徴です。

 教科の先取りを優先していない学校ほど「躾」「夫婦と子供との日常会話内容」重視であり、100円均一のような製品を使っているようではわからない問題が出題されています。

 次回は、「家庭教育内容」についてお話しさせていただきます。


 進学塾TMC  http//taka-mc.com
posted by 高橋博史 at 00:24| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月30日

国語の文法全然わかっていませんね!

英語を学習する時に日本語と語順が違うことを理解していますか?

 述語・・・動詞・形容詞・形容動詞(英語にはない)
      用言は「活用あり」(英語にはない)
      助動詞「活用あり」(英語にはない)
 頭に入れるときに対比したり定着しやすいように工夫してほしい。

 形容詞「活用あり」連体詞「活用なし」(英語にはない)
 助詞(日本語のみ)前置詞(英語のみ)役割はそれぞれ違う

 塾生に渡している教材の宿題の仕方が不十分だと指摘させていただいた。
学校とは違い、提出点数や評価を付けるのが目的ではない。

 復習をして理解し記憶を定着(インプット)して、テストにて(アウトプット)できるようにする。
 前回から「基礎力」の定義を明確にしているのは、単なる暗記ではなく使いこなせるようにしていかなければならない項目が分かっていないからです。

 日ごろ何不自由なく会話ができているからそれでいい・・・
「日本語」と「英語」の対比ができていないから英作・和訳がスムースにできない。

 残念ながら「逆行」するような方法であるが、ペーパーテストで点数取るためには「筆記テスト」合格するまでやらせるしかないのか?

 期限付きでできるようにしてほしい(自主学習)を勧めたいが、結局基準点を決めて合格しなければ、何度でも再テストしたり、居残りで合格するまで帰宅させない強制的学習へ戻すしかないとしたら「パワハラ増幅」なだけですね。

 中学生・高校生は「合格」のためにしなければならないと理解していますが、
中学受験しない生徒には、「検定試験合格」あとは忘れてしまう。
つまり、合格した級の能力が継続しないことになりかねません。

 大学入試逆算型の理解もできず、目標が明確でないと「やらされる」になってしまうことが残念ですが、塾としては「結果」が伴わなければ通わせる意味がなくなるので「結果の出ない宿題」を廃止します。

 答えを渡すとノートに答えを転記しているだけでは「文字の練習」にはなっても計算力等は身に付きません。

 「長時間演習否定」してきましたが、その方式でしか定着できないのであれば、一部の生徒ですがお付き合いしましょう。

 県外受験する生徒との差を埋めたかったけれども・・・


進学塾TMC http://taka-mc.com
posted by 高橋博史 at 23:58| 石川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大きな数

授業内容を動画で配信することがないので、ここで紹介します。現小学2年生クラス
「大きな数」・・・小4算数単元
 位取り・10進法の理解
 基礎って何なのか?
 まさしく、最初は10までの数から始まり10進法を理解していくこと
 「基礎ができていない!」という言葉をよく見に耳にしますが、学年に応じて表現が変わっていくように
一回説明しただけですぐには理解できていない場合は?理解力がない・・・といいますか?
教える側は既に理解しているつもりですから、「何回も同じことを言っている(教えているのに)」と思ってはいませんか?
 例えば、英語の3人称・単数・現在形の時のルール高校生になるまでに何十回と覚え方も説明していますが、パーフェクトに理解しているでしょうか?
 インプットとアウトプットがペーパーテストでワンパターン出題であれば「暗記できれば満点」ですね。
しかし、ちょっとひねった問題(応用問題)のなると・・・やったことがないから解けない・・・と言い訳を言いますね。
 反論は・・・基礎ができていないから応用はなおさらできないと言ってしまいませんか?

 今日の内容で言えば・・・10桁の世界の計算ができるか?
日ごろ家庭で買い物に行くときに5桁ぐらいではありませんか?
しかし、3桁の世界はすでに理解できていれば・・・
毎年500円ずつ貯めれば10年ではいくら? 5000円
では、10年ではいくら?    10000円  とすぐに答えてきます。
500000000の数字を数えるときに4つずつ下から切っていくことを理解していると
単位が万・億・兆までわかってきます。それって国家予算レベルの数字ですね。

 あるいは、上記の年間500円が年収500万円に変えても10年で5000万円
 20年では1億円と位取りを理解することで答えられるようになります。
 野球・サッカー選手が年間数億稼ぐことは20年働いた分ぐらいになることをわかってきたのです。

 全然知らない世界ではイメージできないことを身近な世界に落とし込んであげれば理解できるかどうかです。
 小数や分数の世界も同様に位取りの理解と小数点の移動が分かれば間違いはしません。
そこに類推力(およその数)を先に考えていれば・・・これくらいの数になるな・・・これが応用力です。
 だから、単なる機械的な反復練習はあくまでも「速く正確に」のトレーニングであって20問程度の計算問題を満点取れば「基礎力がある」とも言えません。

 机の上にある消しゴムや鉛筆を落とさない、テスト用紙を書きやすい位置へ移動させたり、書く方の手とテストを押さえる方の手をうまく使える。問題用紙を見やすくするために折り返す。これらもテストのためには「基礎」となります。

 教科書内容が基礎とは限りませんので、単なる暗記ではなく「イメージ化・具体化」の基礎のほうが多種多様あります。

 今日の国語の問題(小学校3年生用)
たとえ・・・ゴムマリは弾むように
 物語文では登場人物関係と「心情」に理解が優先なので「空気が読めない」「感情が理解できない」タイプにはいくら説明しても「作者の気持ちなんかわからない」と片付けてしまいますね。
 逆に「自論」をはっきり持ちすぎて想像力が豊かだと問題文には書かれてはいない内容を答えの選択肢から選んでしまいセンター試験の国語で失敗するケースもあります。
 
 結論として「テスト結果」に対して「基礎力」ではなく、「知識面」の差異を埋める作業が多いということです。

 こちらから話す内容を理解し反応できない塾生は一人もいないし、自分勝手に席を立って教室を出て行ったりするような生徒もいません。
 次世代に必要なのは「単なる暗記」ではなく、「ビッグデータ分析力」とそれらを使って今までまだ解いたことがないものを解ける方法を試行錯誤する「忍耐力」とお互い助け合う(認め合う)コミュニケーション能力です。

 100点取ったから偉い・・・それだけで「賢い」という時代ではありません。
男は「稼げる力」がなければ「結婚」はできない時代です。逆に離婚しても「稼げる母親」のほうが頼もしく思えるくらいです。
 中学・高校塾生には「稼げるスキル習得のための大学」といつも話しています。
健康寿命を延ばし個々の「幸福感」のためにどの程度の収入が必要なのか?

 プログラミングしながらユーチューバーで小学生から「収入」を得られる時代です。
「働かないでも稼ぐ」投資家と「労働してのみの賃金を稼ぐ者」・・・株式会社の意味を私も体験済みですが、益々「2極化」していくグローバル化・・・「お金がないから」・・・ネガティブ発想ではなく「お金がないから」知恵を絞ってポジティブに進んでいきましょう。

 進学塾TMC http://taka-mc.com
posted by 高橋博史 at 00:27| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月25日

県内中学入試の必要性・・・?

2月1日からは大学・高校・中学入試が本格的に始まりますね。

昨年の11月から県外・県内小学校入試始まり、センター試験・県外中学入試へとおよそ5か月間入試対策期間となります。

 昨今はネット上で各入試問題を即座に閲覧できるので、入試問題の差(その学校が求めている学力)がわかりますね。

 県内唯一の公立中高一貫校N高校現状は、S生(内部生)とT生(外部生)別にヒアリングしていますが、大学入試に対して昨年度がかなり厳しいと言われていた内容よりさらに今年は厳しいようです。

 センターリサーチ結果の懇談が明日学内で行われますが、国立2次・私立対策のクラス分け事情(他の公立高校も調査中)から判断して内部生が萎んでいるようです。

 当初、小学校6年生の夏に「受検対策?」始めても合格できた頃は、数学だけは先取りで高校内容まで進んでいましたが、現在は高校から入学する生徒に配慮しているのか?中学入試で入学した女子が突出している年もありました(塾生で阪大生もいます)が、安定しているのは、高校からの入学生のほうが成績上では上位になっていることです。

 このことは、金沢大学附属高校においても内部生よりも高校受験生のほうが成績上位と言えます。

 N高校の話に戻りますが、リサーチ結果で関東日東駒専や関西関関同立レベルでA判定を出しているのは進学塾TMC塾生のみだそうです。
 京都産業大学・金沢工業大学・星稜大学が主流で、対策授業内容はそれらの大学中心になっているようです。

 毎度、県内のトップ附属・泉丘高校以外はクラス分けと授業内容が塾生の受験大学に合わないのに行く意味があるのか?
 関東・関西の大学10校ぐらい受験するのが当たり前の対応は全くできていません。

 正直言って、例年であれば予定通りの国立2次対策のみでも個人個人受験校が違うので人数を最初から限定していますが、
今年はその上私立大学受験者がそれぞれ数校受験するので本人同様「赤本(過去問題集)」を大学別学部別20冊程度は解いています。
 そこから、合格点数逆算型で国語も現代文(評論)古文・漢文別に対応しています。

 進学塾としては当然なことですが、県内の中学入試をするメリットはやはり感じられません。

 結論は、金沢大学附属・錦丘・ほかの県内私立中学入試のためのクラス設置はしません。逆に、金沢大学附属小学生には高校から理系中心に進んでいる対応(数検4級・英検3級)と高校の国語力養成が厳しい現状に対応できるよう漢字検定2級合格等先を見て進んでいきます。

 なお、現在「県外小学校入試・県外中学入試」希望生のみ新規募集中です。
高等部は、塾内生同様・・・基本は金沢大学附属生・泉丘高校生のみとさせていただきます。

 進学塾TMC http://taka-mc.com
posted by 高橋博史 at 14:55| 石川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月24日

「やらされる」からの脱却

自分のことは自分でできるように

大学入試センター試験の結果をリサーチしながら、いよいよ来年で現行のセンター試験が終了となるが、マークシート方式である限り対策は大きくは変わらない。
 むしろ、現在の小学5年生以下の本格的な学習指導要領変更後の対応のほうが
「学習方法」も含めて対策をしていかなければならない。

 しかし、学習機器(ツール)が変化し、「学習方法」も多岐になってもしなければならないことは早々変化しない。
 ペーパーテスト(期間限定範囲限定定期テスト)が廃止できるか?
観点別評価(意欲・関心・態度)の軸を多様な視点に変えられるか?
内申点(学内成績)よりも、入試本番の点数を優先できるか?

 以上の点は、高校入試や大学入試AOや推薦の際に必ず関係してくることであり、教科ごとの評価が点数化され40%から80%のウェイトを占めているのである。

 そうなると、現状と同じく「学校評価」をどうすればよくなるか?
キーワードは「真面目」の一言に尽きる

 宿題の提出も含めて「管理体制」に逆らわないだけでいいのでしょうか?
先日のSNSに教師の暴力シーン投稿した事件においても「教師の弱点」をついてきていますね。

 結局のところ「いじめ問題」がなくなることはなく、「今だけ、金だけ、自分だけ」の世の中の生き方をどう対応していくかは「環境づくり」と「対応力」です。

  現高校生の「大学受験戦略」は過去にはない方法で現在進行中です。
今までは、センター試験得点率85%程度以上必要な国立大学志望生が全員なので
無事通過して2次試験対策へ進んでいるところです。

 しかし、センター試験で高得点併用型・英検併用型など勝負がかけられる科目があれば、リサーチしてみるとA判定が数多く出てきます。

 関東は相変わらず「中学入試」が3人に1人、大阪でも公立小・中・高等学校が統廃合されているのは必ずしも人口減が理由ではありません。
私立学校の授業料が公立学校と変わらなくなったために「2極化」していき、特に「中学入試」しなかった生徒が地元の公立中学へ進学する地域では学力の差もかなりあります。

 中学入試する理由はズバリ「大学入試逆算型」ですね。

 そして、中学受験逆算型で幼児から「学習環境」を整えている生徒たちとどうやって「大学入試」の土俵で戦えるのか?

 おそらく、この気持ちが通じている関東・関西事情通の方には進学塾TMCの方法が理解できていると思われます。

 しかし、「高校名主義」で金沢大学附属高校・泉丘高校進学が最優先であるのであれば、「やらされる」のままでもなんとか合格はできるのではないですか?

 残念ながら、自分の意思もなく親が無理やり塾へ通わせ「丸投げ」できそうな環境を求めているのであれば「次世代」失敗します。

 多国籍(移民)の受け入れが始まれば、インターナショナル化が進む地域では
英語は当たり前のように共通語となり自国へ送金しなければならない労働者たちは、スキルの習得やハングリーさはすばらしいものです。

 「時給」で時間つぶしのバイトしながら少額稼ぐことも「無人化」や低賃金で働く労働者に任され、「自分探しのために」バイトしながらの「フリーター」では「生活保護」へ進むことになってしまいます。

 大学合格がゴールではない他国のシステムを取り入れない限り、ハイレベルの留学生は来ないだけではなく、流出していくだけです。「国際バカロレア」指定校からの帰国子女は楽々「東京大学」合格しています。

 再三述べていることの反復ですが、

 時間管理・時間効率化
 結果の出る方法のシュミレーションと改善
 簡単な問題の時短でケアレスミスしない。
 ちょいむず問題をあきらめずに考えるトレーニング
 集中できる項目が見つかれば徹底的に
 自分のできる範囲の「お手伝い」を自主的にさせる

 小学校低学年からの「学習習慣」と「学習環境」は「やらされるタイプ」では中学生以降親は対応できなくなり,ますますお手上げになります。

 現高校塾生の大半は「やらされる」〜「やらなければならない」へ変化していますが、小学生はまだまだ「やらされる」のメンバーが多いですね。

 テスト圧力(満点取れなければやり直させる)・・・パソコンではそのようなソフトを選んでいます。
  「先生できました」は「解けるようになりました」でなければ、「やったふり」が授業中や宿題のノートを見て「結果に結びつかない」「提出物」を真面目にやっているだけ。・・・石川県の高校の大半が「提出義務」であって「理解度」ではないことからこのような状態になるのでしょうか?

 各検定試験の日にちは毎度決まっており、逆算型でペース配分していますが、
「絶対合格」したいと思えば、ツールは自分でも探せる世の中ですね。
 つまり、費用をかけずに難関大学へ合格できる方法論はあるけれども「自己管理」ができない、もしくは「やらされないとしない」から高額な費用を払って合格していくわけですね。

 来年度時間割編成が完成し、2月度(次週)から時間変更していきます。
「結果」の出る方法論は・・・「やり直しの徹底」現高校3年生が短期間でセンター試験満点取ってきた理由です。

 結局、私の時代と同じように1冊を徹底的にすることが早道のようです。
小学生も「やり直しの徹底」・・・間違わなければ早く済ませられることを実行していきます。

 ご家庭では、「時間管理」「学習環境」(親も読書習慣)「お手伝い」を中心にサポートお願いします。

   進学塾TMC http://taka-mc.com
posted by 高橋博史 at 03:48| 石川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする