2021年09月22日

北陸学院中学・高等学校塾用2022年度入試説明会

 連日の説明会参加と資料の対比ではっきりしていることがある。

本日の説明会での堀岡校長の役割
 2005年の説明会参加時、高校の入学者数の激減時の改革の始まり
ご主人の堀岡校長とは出会い、進学塾TMCとして初めて金沢で塾を開校したゼロからのスタートとある意味一致していたことがこの15年振り返るとよくわかる。
 大阪・東京では難関入試対策や地元公立トップ高校入試対策の入試対策を30年以上経験してきた私には「傲慢さ」「甘さ」があったことは言うまでもない。

 折り込みチラシで失敗し1名からスタートし、その後すべて「口コミ」のみで今日まで塾が維持できていることは今日の説明会のキーワードと重ねながら
述べていきたい。
 
 まず、現在の「グローバル化」の背景には「全体主義」が流れているが、教育業界にも同様に「全体主義」がまん延し「生徒の個」に視点を置かなければならない。
そのために
@ 変わらないものと変えてはいけないもの
北陸学院の場合「建学の精神」と「教育方針」
進学塾TMCは「自立支援」と「真のやさしさ」
ややもすれば「高校名主義」同様に「合格」がゴールのような指導を大手進学塾でやってきたことに反省し「人生のゴール」「幸せ」は「大学名」だけで決まるのではなく、「困難克服力」「不測に事態への対応力」「コミュニケーション能力」つまり、「AIの不得意分野」対応能力の確立なしではAIに負けてしまう。

ましてや、少子化対策に必要なのは「子供を持ち育てる喜び」が収入面で決まってしまい、大学名学歴社会では完全2極化している。
 しかし、奨学金含めて自己のスキルアップは必ずしも費用と比例しなくても可能なことがこのコロナ禍のおかげで「在宅勤務」でも「成果主義」に対応できれば「時短」「効率化」によって「週休3日制」を実施しても影響ないことが実証されています。

A 変えてきたものとその結果
北陸学院では「男女共学」・入学試験・進路指導・・・結果は後記
進学塾TMC 大阪では大教大附属池田専門塾から金沢大学附属専門塾ではなく「県外専門塾」・・・結果大学受験逆算型は変わらないが、関東圏からの「転勤族」ご用達塾であり、大学入試においてはほぼ100%県外受験者

B 変えていきたいものとその展望
北陸学院では「国際理解教育」「海外修学旅行」台湾ではなく国際都市シンガポールやマレーシア
 進学塾TMCでは、不登校生中心に「情報処理能力検定」はじめとして
社会人としてすぐに役に立つスキルと「TOEIC」対策
国内大学生になれば「TOEIC」スコアに中心になっていく
本来、共通テスト英語はなく民間英検だったはずであるが、関東「TEAP」関西「GTEC」(石川県も)本来の英語検定「準1級」にシフトしていればいいのであるが「大学受験用」にどうしても選択していくことになる。
金沢大学大学院入試においても現在「TOEIC」対策を実施しており今後は
英語検定「準1級」と「TOEIC」対策・・・パソコンIBT試験導入に対応していきます。

さて、他の高校入試説明会とは違うのは資料を読めばわかることは省いていることや「伝えたつもり」ではなく「伝わった」にシフトしている点である。

 毎回、「現在の大学進学の動向」の話が現高柳教頭(進路指導担当からの昇格)塾人には参考になるのである。
 つまり、県内高校が(ある意味で意味のない)進研模試(ベネッセ主催)を受験させているのは各高校が欲しい資料があると同時に自分の高校のランキングを知りたいからである。

 しかし、私からすれば「受講していない科目での受験不可」や物差しとして使えない「記述模試」の強制による高校3年生土日の無駄な時間と費用に毎度抵抗をしています。
 その点北陸学院の場合は「入口と出口」を明確に公表しているので現役進学率90%は納得できる。
 
 つまり、進学塾TMC選ぶ保護者は「自立支援」と「大学合格」メインが多いのでどうしても金沢大学附属小学校入試対策から始まり附属生が増えていくけれども公立・私立生は「県外入試」向けているので方向性は同じ。

 同様に大学進学方法を最初から考えず、県内私立高校を選んでも大学受験実績で附属や泉丘高校に勝てる見込みもないだけではなくたまに1名合格でるのは、学校の仕組みではない!

 北陸学院の場合指定校推薦101/298名であり、昨今の少子化による学生確保のためにも国立大学も含め増加傾向にある。
 もちろん、進学先を見ればキリスト教学校として同志社・関学をはじめとして「難関私立大学」中心ではあるが国立大学1桁程度ならば分母対比で十分検討していると見える。

指定校推薦には塾同様に進学後その生徒が学生生活をどのように送っているかによって母校(母塾)との関係が決まる。
 だから、県内附属高校の推薦が当日点数よりも各中学校校長のお墨付きに逆行したのも同様の理由からである。

 県外難関私立中学入試対応することに比べれば、県内トップ泉丘・附属の試験問題や当日点数はまだまだ楽勝(大阪府トップ公立北の高校ならば
定期テスト475/500でも合格できるとは限らない・・・)

 ただ、高校入試に対して(指定校推薦)学内テスト、特に技能教科含めて
総合点で成績を取らなければならないので、教科担任ごとの「傾向と対策」言い換えれば「先生の評価軸」を見抜く力が必要。
「真面目」を基本にいい意味で「目立つ」存在にどうやってなっていき
「小論文」「面接」ではメッキではなく「本物志向」とアピールできる人物育成が今後も課題になります。

 このことは「家庭環境」がメインになる軸もあるので、今後も「密に」
保護者と意見交換しながら進学塾TMCは「子育て支援」「自立支援」をしてまいります。

 最後に、本来「秋期休暇中」ですのでしばらく充電します。

  http://taka-mc.com/
posted by 高橋博史 at 21:27| 石川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。