2021年08月17日

自由研究と探求学習

お盆休みも終了しましたが大雨やコロナ(デルタ株)感染拡大が相変わらず報道されており災害対策も継続ですね。

 夏休みの課題といえば・・・読書感想文
本(活字)を読むよりも映画や動画の方が楽・・・
つまり、心理的描写を理解するのに言語では理解できないし、場面含めて
活字では理解できないことになります。
 「原作を読んでから映画を観るか?映画を見てから原作を読むか?」というキャッチフレーズがありましたが、順序よりもむしろ内容の差異がわかるか?ですね。

 物語文(小説)全編では長すぎて、テストなら部分になるし、映画でも上下
数時間に及ぶ大作出ない限り2時間程度で伝えきるという工夫がされますね。

 いつの時代も国語のテスト現代文は・・・小説と論理的文章の大問2問に分かれているのは、そもそも文章読解手順や目的に違いがあるからですね。
 読書感想文で言えば、いかにストーリーに興味が持てるか?主人公や登場人物に同感できるか?などですが、「宿題だから」・・・では提出のための作業

 同様に、「自由研究」もほとんど3日ほどで完成できる内容とデータには書いてあります。
 「探求学習」も決められたことを決められた手順で学び、正解を出すということを目的とせず、生徒が自ら考え方のプロセスを定め、自身の内面と向き合って起案し、実行、検証に移すことを目的としていると書いてありますが、
宿題だから、学校での授業で成績を取るためでは「真の目的」にはなりませんね。

 コロナ禍で「在宅」が増えたため、コロナ後を見据えたことの前に
コロナ禍で学んだことをテーマに「自由研究」題材10くらいはありませんか?
結局、「ネット検索」駆使するだけでは提出のための目的になってしまうので
将来自分の役には立ちませんね。

 もっと、自分の学習方法を「効率化」「高度化」するために、「興味」の発見を主軸として9月から過ごしていきましょう。

  http://taka-mc.com/



posted by 高橋博史 at 21:18| 石川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。