2021年01月30日

いよいよ入試本番!

 県内では積雪・コロナ禍の中で私立高校入試が実施されましたね。
2925人の定員に対して8585人の受験者で平均倍率は2.94ということであるが、実質の競争率(併願合格者・不合格者数)から見ると・・・
 
 私立大学入試直前であり、国立2次試験出願は25日より開始

 首都圏ではコロナ禍の影響が受験者数にも影響し始めていますね。
また、タワーマンション族の中学入試市場への参加(受験世代が増加)が倍率を
変化させているようです。

 さて、県内では暴風雨・積雪に耐えながら「立春」を迎えていくことになりますね。マスクや手洗い励行のおかげかインフルエンザや風邪ひきの流行が抑えられていることは幸いですね。

 1月23日(土)英語検定を実施しました。コロナ禍で準会場(弊塾)へ一般生が受検に来ていました。
 小学生で残念なのは・・・
他の検定試験同様に、郵便番号・電話番号・生年月日(和暦・西暦)がわからないため、調べて書かせなければならない状態でした。

 即日解答を作成(英作文の点数がはっきりできないけれども)し、
塾生の1次突破は90%程度と思われます。
 2次試験まで1か月はないので、カード音読と内容に対するQ&Aの練習を早速始めています。

 しかし、コロナ禍の影響でCBT受検が平日も可能になり、1次2次試験を1日で実施可能になっています。

 相違点は、マークシート塗りつぶしではなくキーボ−ド入力なので
英作文もキーボードとなります。また、2次試験は対人対面方式ではないので
態度(アティチュード)3点がなくなるだけではなく質問の繰り返しをしてもらうことはできません。

 また、録音方式であるため日頃からヘッドチャット等でマイクを通した自分の発音チェックをする練習が必要です。
 今年から始まった共通テストの英語は暫定的であり今後は外部試験では
すべてCBT方式が主流になっていくので現中学生以下はパソコンでの受検へ向けて練習していきましょう。

 なお、新年度募集に対して2月4日より「入塾テスト」(筆記とパソコンスキル)を全学年で実施しますので当塾HP「お問い合わせ」よりお申し込みください。

   http://taka-mc.com/


posted by 高橋博史 at 00:42| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。