2021年01月21日

大学入試共通テストリサーチ開始!

2021年1月6日(水)からのアメリカ大統領選行方を追いつつ
トランプ大統領最後の挨拶観ながら・・・

 相変わらずの大手メディアによる印象操作は日本国内でも継続されているのですが、「表現の自由」は全く無視されフェイスブック等掲載内容の検閲アカウント削除(私はなっていませんが・・・)民主主義はどこへ行ったのか?

 コロナ禍の中で特に在宅勤務中心になるとネットによる情報取集が中心になっていきます。元々テレビも含めて「広告主」がある場合はどうしても内容
「検閲」されてしまうので「事実」=「真実」なのかわからない面があります。

 「陪審員制度」が日本でも導入されてからは、「説得力」のある話し方がうまいと・・・「黒も白」と判断してしまう可能性がありますね。

 その点、今年から導入された大学入試共通テストの採点後のリサーチには
政治的圧力はないと思われます。
ただ、自己採点ミスの可能性が毎年数点見つかりますので「なぜ、即時採点開示ができないのか?」大学入学後真の結果が判明するのか?
 2次試験結果も含めて開示時期が遅すぎませんか?

 さて、塾生たちのリサーチをスタートしていますが、試験直前の結果よりも
ほとんどの科目で点数が上回り予定通りC判定以上で2次試験出願していく予定です。

 各高校では週末位に判定が送られるので、一足早く塾ではリサーチ結果
全般について告示に報告し最終受験校確定していきます。

 コロナ禍の関係で2次試験内容の変更や英語検定の合格級(スコア)による英語の得点換算などかなりの変更が出てきています。

 約1か月後の2次試験に向けて(英語検定も2次試験は1か月後)体調管理と面接・小論文含めて最後まで応援していきます。
 
  http://taka-mc.com/
posted by 高橋博史 at 00:27| 石川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。