2020年06月18日

父の日に向けて

6月21日は「父の日」

塾ではシングルマザーや単身赴任家庭に配慮して「父の日」イベントができない
クラスもあります。
 本日のクラスは大丈夫なので「父の日」カード作成しました。

 デジタル世代だからこそアナログで・・・
例えば、市販されているカードの方が早くてきれいですが、あえて手作り
お金で買えるからこそ、お金で買えない「まごころ」を

 あえて時代に逆行することが貴重な場合もあります。
事実、塾生からもらった様々なメッセージカード保存しています。
成長に応じて内容も工夫されているだけでなく素直にうれしいものです。

 同様に、日頃母親との接点は密なので「母の日」はよく実施されているようです。

  さて、作成に際して「ものさし」が必要になりました。
 長さを測る
 何cm? 1cmは何mm?など基礎的な知識が必要になります。
塾生たちは15cmの直定規を持参しています。
 では、どこに合わせて測ればいいのか?

 例題として、実際に測ってみました。
Aの長さを測ってみよう・・・0はどこに合わせればいいのか?
答えは6cm
Bの長さをはかってみよう・・・答えは5cm
しかし、あることに気が付きました。
 
Aの長さの問題文の絵にはあらかじめメモリが縦に引いてありました。
6pは横線で測りましたのでメモリを数えると10本
1つの目盛りは何mm?・・・実際に測ると6mm
計算してみると6cm=60mmだから60÷10=10になりました。

  Bの長さは5cmですがメモリの本数は8本
 1メモリは6mmだから 6×8=48mm
 2mmの誤差はなぜ生じたのでしょうか?
Aの横線とメモリの縦線は垂直
Bの横線とメモリの縦線は斜め
このあたりに着目していきました。
誤差は測り方なのか?2mmくらいはいいのか?
今回は、物差しで長さが測れればいいのではなくはかり方によって誤差ができることを作成以前にしておいてほしかったのです。

 まっすぐに線を引くには・・・もちろんハサミでまっすぐ切り取るには?

 知識と経験値の積み上げが必要な時期であると同時に時間内にできなければ
入試としては合格できません。

 やりかたは検索動画も可能ですが実際にしてみなければわからないことも多いですね。

 http://taka-mc.com/

posted by 高橋博史 at 00:22| 石川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。