2020年06月17日

記憶力がよくなるコーヒー?!

県内では、学校再開から3週目に入り「第2波」対策に進学塾TMCでは
室内環境での改善点をさらに強化する項目を先週末検証しました。
 同様に、「免疫力」強化に必要な栄養分やオーガニック栽培等これまで以上に
「検索」しています。

 ネット環境がなかったころには、図書館や書店へ行って関連書籍を読み漁りながら「メモ魔」していました。

 そんな中で・・・
2003年 イグ・ノーベル化学賞受賞
「ハトに嫌われた銅像の化学的考察」。兼六園内にある日本武尊の銅像にハトが寄り付かないことをヒントに、カラス除けの合金を開発された、
金沢大学廣瀬幸雄名誉教授と対談させていただきました。
対談中も廣瀬先生は「メモ魔」で、年間120冊のノート作成には訳がありました。
プロフィールは、http://www.yukio-hirose.com/

 私は、自称無類のコーヒー通なので「おいしいコーヒー」を常に追い求めています。
しかし
 一番の悩みは・・・
 自宅でその「おいしさ」を再現できることにどんな条件があるのか?

 今回のコロナ禍の件で「店内の装飾品や食器の演出」ではなく、「テイクアウト」で家庭での楽しみ方に注目が集まりましたね。

 つまり、店内で味わう効果ではなく自宅での効果が中心になってきました。
特に、「テレワーク」時間が増えて「ちょっと一息」や「脳の活性化」などのサプリメントを求める期間も増えました。
 水質・温度・焙煎・保存方法・・・
それだけでは解決できなくなってきたことがあります。
 「胃痛」が5杯目くらいから発生するようになってきたのです。
ミルクを入れて胃壁の粘膜を保護する・・・味が変わってしまう

 以前、「アルカリイオン水」を飲むことで胃酸を中和させていたな・・・

 https://www.vitalkikaku.co.jp/SHOP/HS01.html
この石で簡単にアルカリ性の水ができる

 おまけにアンチエイジング対策には「活性酸素除去」の観点と保存など
水素焙煎珈琲 世界初 唯一無二の珈琲を「おいしさの秘訣」では「主観」が入って伝えにくいので・・・まさしく効果のデータ化を構築していくことで
廣瀬先生と意見が一致しました。

 その背景にあるものは、「デジタル化」との共存の前に「ガラクタ」からの発想力・・・「理科のおもしろさ再発見」

 「仮説」から研究継続の忍耐力と「面白さの追求」なしには今後ノーベル賞は
日本人受賞者いなくなる危機感

 「安定志向」優先のため「ベンチャー精神がない」子供たちにどのように
学習意欲を持たせていくか?
 金沢大学附属幼稚園から高校生まで塾生の占める割合が増える中で
金沢大学改革の経緯も含めて議論させていただきました。

 キゴ山もコロナ禍の影響を受けて淋しい場所になり、廣瀬先生研究所(喫茶店)は私の好きなログハウスの建物にあります。
https://www.facebook.com/vitalcoffee/

 今回のコロナ禍で「成果主義」以降になっていく現在・・・「効果のみえる化」が必要となるので廣瀬先生とともに「次世代育成」の課題を解決すべく
早速情報交換しながら課題に着手していきます。

 http://taka-mc.com/

posted by 高橋博史 at 01:26| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。