2019年10月14日

金沢大学附属中学連絡進学の条件(小学校入試で考えなければならないこと)


体育の日は今年で終わり2020年からは「スポーツの日」となるようですね。

「自然災害の脅威」をまたしても目の当たりにすると同時に、緊急時に持ち出すものの準備と保管場所・車のトランクには数日間退避できるグッズは積んでいても水没となると・・・
まさしく「不測の事態」に対応できるかどうかは学習指導要領を超えていますね。

さて、10月1日より附属幼稚園、小学校(複式含む)2日より中学校の願書配布が始まり
今週は説明会もスタートしています。
 年内にすべての結果が判明するのでこの2か月気を付けることは何?
 
小学校6年(内部生)対象の説明会が実施され・・・
  今まで選考結果開示ABCDE5段階 DEゾーンは高校連絡進学厳しいとしてきました。
 学期内大テストで平均点50点以下がゾーンに入る可能性が高い
  公立小学校と同じ業者プリント使用しているので対比しやすい
  算数はオリジナル問題が別プリントで出題
  ただし、学年一斉テストではないので不公平感あり
  しかし、今年度は全員連絡進学できるようです。

小学校・複式入試について
@ 生まれ月の差 4月2日〜9月末 10月〜4月1日
A 男女の差  女子は男子より言語能力優れている
B しつけ面の差
C 行動観察に対応できる
先生の指示を一回聞いて行動できる
積極性がある
 
小学6年女子塾生の意識改革
 連絡進学ができるとわかると気が抜けていませんか?
英語・数学・漢字各種検定試験による目標設定

附属高校へなぜ進学したいのか?

関東・関西中学入試する目的は・・・大学入試逆算型

さて、中学進学する前に何を考えていくべきか?

 http://taka-mc.com/




posted by 高橋博史 at 23:56| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。