2019年08月16日

多様性と共感

台風10号の影響もあり、予定を全面変更し購入して読んでいなかった書籍を読み漁りや全くTVは見ないです(ケーブルTV契約しないと見れない環境)が、ネット環境の中ではすでに必要なくなってきているものを再確認しています。

特にユーチューブ等の世界観はスポンサーやディレクターの制限に縛られず意見交換(自分の意見を発信している)できる環境によって生の情報が手に入りやすくなりましたね。

 同時に活字に残していくべき内容と映像ライブで流れてしまうことで完結できることの区別をしていかなければならないように感じています。

石川県金沢にいると外国人=観光客のようにまだ感じますが、首都圏にいればここは日本?と思うほど多民族集団の中にいることを実感します。

グローバル化のキーワードの中で今後「進学塾TMC」としても方向性に合わせた授業の提供を具体化していく時期が来ています。

 結論から言えば・・・学校での評価軸とは違ってもよい

 学校での評価・・・ペーパーテスト高得点
       ・・・先生の指示内容を理解し行動できる
       ・・・集団行動の画一化
       ・・・規則順守

全て不要論ではなく、画一化(普通という基準)・偏差値内容の見直し

例えば、アスペルガー症候群・ADHD等が病気のように扱われてきた時代は終わりました。
「不登校」「ひきこもり」も社会からはみ出しているという認識を止めれば、
大学受験も可能であり、必ずしも社会性がないわけではなく高度なスキルを身に着けることが可能な時代になっています。

言い換えれば、「世間体」を優先するから「知られたくない」と「ひきこもる」「隔離する」という発想よりも地方の空き家や過疎化している村へ移住し、ある意味ひきこもっていてもネット環境さえあれば生きていける時代になっていることです。

昭和世代(60年代)からすれば・・・礼儀知らず・態度悪いと言いたくなるような番組も増えました。
人の話は聞いているのでしょうが、常に携帯を触りながら等そんなに秒単位で生き急がなければ(自分の興味がないことには反応しない)ならないのでしょうか?

会社面接ではおそらくそのような態度はできないように思えますが、同時に「雇われない生き方」の選択が増えているとも思われます。

 だから、今後はますます引かれたレールに乗れるかではなく「自分でレールを作りながら進んでいく」スキルへの具体化が必要となります。

 現状は、高校生男子塾生は全員志望大学・職業は明確になっており高校の授業内容や受験科目等個別に設定し個人個人の課題を作成できています。

 しかし、高校現場では相変わらず理系・文系に分けられ受験科目ではない科目で模試を受けさせられています。

 具体例・・・理系で生物受講できない
    ・・・倫理政経が開講されていない
 現在のセンター試験で理系は物理・化学選択と強制させられている・・・
しかし、当日は化学・生物・地理ではなく倫理政経で受験
模試の判定はだれのために必要なのでしょうか?

 学校はデータ集積が目的かもしれませんが、生徒にとっては模試の判定も活用しにくくある意味模試の時間が無駄とも言えます。

 その点、不登校生は高校2年生までに大学受験資格を習得し高校3年生は純粋に大学受験(必要な科目学習)に専念できます。

 大学合格すれば・・・最終学歴は通信高校卒業さえも不要になります。

この考えを理解してもらうのもかなりの障壁がありましたが、やっと当塾の指導方向を理解し世間体よりも「自立支援」に共感していただけるようになりました。

「令和」時代は「多様性」を受け入れる環境と「目的」(プロジェクト)のための共通認識を「共感」ととらえるために学校での教育内容との差別化

 オンラインサロンや動画配信ではなく「ライブ」でしかできないことの追求

2020年度へ向けて・・・「自立支援」継続

 進学塾TMC http://taka-mc.com





posted by 高橋博史 at 19:10| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。