2019年06月12日

小学生の授業内容

小学生の授業はどんなことをしていますか?
夏期のお問い合わせが数件ありましたが現在新規募集をしておりません。
 授業内容の紹介のみさせていただきます。

 個人指導をしている時間が必ずありますが、同時にグループでの時間もあります。教科枠をなるだけなくしているので時間ごとの区切りではなく中身で区切っています。

 一日のメニュー具体例を紹介します。
@パソコンにて計算バトル
 パソコンの中の相手と四則計算バトル・・・事前に強いカードにしておけば
5ラウンド戦わなくても3ランドで終了できる(所要時間10分程度)
➁英語・・・速読・・・日本語→英語100問発音後5問から1問解答を選択
 英検級別に実施正答率60〜80%程度(所要時間20分程度)
B宿題確認テスト算国・・・(所要時間10〜20分)
C今日の単元をパソコンで学習した後確認(所要時間20分)
D漢検・算検・数検過去問題チャレンジ(所要時間20〜30分)
Eスクラッチでの作業(30分から1時間)
Fローマ字入力練習(10〜20分)
G英文法・国語・算数・数学授業(各20分から30分)
Hアルゴチーム対抗戦(20分から30分)
IABCゲーム(20分から30分)

 以上の組み合わせ以外にもメニューは多数あります。

それに比べれば、自宅学習のドリルは無味乾燥で面白みに欠けていると思われます。ただ、「知識の定着」「学習習慣」として毎日30分から1時間程度は学習時間の確保をしてほしいので課題を出しています。

進学塾TMC http://taka-mc.com




posted by 高橋博史 at 03:47| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。