2019年05月23日

IH普及の弊害

5月も下旬になり新学年生活に慣れて来たからか、就学前(現在年少・年長)の学習内容の相談及び入塾のお問い合わせが増えてきています。ありがとうございます。

 特に御兄弟関係や友人紹介など大変ありがたく感謝しております。

以下は再掲載
 金沢大学附属小学校入試対策を知りたい方は「お手伝いから学ぶ」を参考にしてください。2月14日のブログで紹介しています。

 なぜ、各種検定試験英検3級(中3程度)・数検5級(中1程度)漢検4級(中2程度)以上を小学5年生終了までに目指すとするのか?

 金沢大学附属高校連絡進学基準
  英検準2〜2級合格できる力・・・宮村英語賞
  数学検定5〜4級合格できる力・・・1部高峰賞
  理系科目重視(高校1年生での物理授業に必要な知識)
  漢字検定準2〜2級・・・高校1年生時未収得者は強制受検

 中学生になっていきなり検定試験5級(中1レベル)からスタートするには「試験慣れ」がなければ合格が難しい。

 中学から1年間で1つの級合格のペースで少なくとも準2級まで(高1レベル)は合格できる。

 この程度できていて県内トップ高(泉丘含む)安心合格となりますね。

 たとえ、転勤等で大都市圏へ行くことになっても全国での基準に変わりはありません。

 不登校生は、英検・数検が単位に充当されていることも含めて
文部科学省認定検定試験合格は用途が多いということになります。

 ただし、検定試験合格のための授業が主体ではありません。
AO入試対策のために高校2年生になっていきなり「英検対策のみ」と要望されたこともありますが、短期合格の秘訣はありません。(特にリスニング)

 昨日もいかに「英語らしい発音」「カタカナではない!」をするか?同時に聴き分けることができるかは低学年のほうが身に付きます。

 中学・高校生でリスニング力・英語らしい発音でスピーキングできる力を身に着けるには「筆記対策」よりもかなり努力していただかなければなりません。

 進学塾TMCは幼児〜大学受験までで不要になるような知識の詰込みはしていません。10進法をしっかり理解できれば、位取り(おおきな数)へ進んでいけます。常に「ちょいむず」を提示して「できる喜び」に変えていけるように指導しています。

ここから本日の内容
さて、本日小6生(全員附属女子生)の授業の中であれやこれや一度に話してくれました。

@クラスごとの様子
 やはり、内部進学(昨年度まで全員進学)とはいえ女子が他人の誹謗中傷合戦が始まっている。
➁危険な騎馬戦
 男子より女子の方がパワフルかつ戦略的であるが、体格を考慮すれば土台にはがっちり体験で上には軽く小柄な方がよいのですが・・・上下とも小柄なチームが狙われる・・・組み合わせ指導ミス?
 眼鏡よりもコンタクトレンズ装着者のほうがわかりにくくて危険!
B自主学習ノート
 塾で学習している内容(不規則動詞60や連立方程式)を書いていましたが、担任の反応は特にないようです。
 塾嫌い先生なら逆効果、他府県の国立附属生なら当たり前内容と気が付いてくれたでしょうか?
Cガスバーナー取り扱い
 家ではIHコンロが主流になっている家庭も多いようですが、「危ないから・・」と保護者はわかっていても本人に経験値がなければわからないだけではなくかなり危険な場合も多い。
 LPガスと天然ガスが漏れだした場合高い(低い)ところどちらに避難するべきなどのようなことや、フリース素材が燃えたときにはどうなるのか?
現在夏服着用しているが綿100%素材ではないのでどんなことに気を付けるべきか?
理科の授業内容として次から次と問題定義をしていけるメンバー

ただし、家庭的・経済的に恵まれていると「思考停止」していることも多々あり。小4・5男子塾生(プログラミング授業時)に聴いてみると、サイズが小さくなったブランド服・シューズをメルカリ出品して小遣い稼ぎ。同様に母親とともに仮想通貨チャート見ながらシュミレーションし本格的に小遣いを増やすことを思案中。「生きるための知恵」は彼らの方があるね。

 このように、閉塾では附属生とうまく公立・私立生がマッチングし刺激しあっている点が面白い。

 何度でもお話ししていることは、単なる知識の詰込みはすぐに忘れるしペパーテストだけで判断する時代はとっくに終わっています。
 学年・教科枠を取り払い「探求型」に授業内容を変えていないのであれば
新テスト対応はできません。
 もちろん、課外活動含めて自己ピーアルできる項目を増やしていきましょう。

進学塾TMC http://taka-mc.com
posted by 高橋博史 at 21:54| 石川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。