2018年12月07日

2019年度金沢大学附属小学校入学前に@

小学校入試が終わり、本人共々ほっとされていることと思われます。クリスマスなどの行事楽しんでくださいね。
しかし、受験生らしいことしてきていたら「もうこれで終わり」という考えでは困りますね。中学入試受験者
の中には「燃え尽き症候群」になってしまい「やる気喪失」してしまう場合もあります。
 親御さんも「合格で安心」レールに乗ってくれたことで気が抜けていますね。
 受験までの取り組みと達成感・・・次の目標設定と切り替えが重要になってきます。

 例えば、塾生の場合幼児期から「漢字検定・算数検定」のステップアップを継続しています。
年に1回級が上がれば達成なのですが、漢字検定8級までは150点満点で120点合格
(80%)7級以上は200点満点で140点合格(70%)ですね。
同じ合格ラインであったとしても7級以上は解答用紙に記入、マーク塗りつぶしもあります。
書き取りや四字熟語の点数比率が増えていきます。
画像暗記になっているとへんとつくりが逆に書いたりもしますね。
郵便番号・住所・生年月日・電話番号書かなければなりません。
算数単位記入ミスしていませんか?
時間配分がわからず第一問から順序よくしていたら間に合わなかった、逆に急ぎすぎて時間があまってしまった。
これら「テスト慣れ」が必要ですね。鉛筆の使い方(濃さ・太さ)消しゴムはなるだけ使用しないように。

 以上の練習結果「合格」すればまた「次の級」へのチャレンジがスタートしていきます。
そこに、英語検定も追加されて夏休みまたは冬休み明け6月または10月塾生たちは全員何かの検定を受検しています。

 他府県の中学入試をしないのであれば、実質高校入試までは「競争試験」の体験はありません。
 先日、小学校入試「合格」したので算数・漢字検定受験します。と早速切り替えの連絡を頂戴しました。
1月12日・19日検定日になり申し込み最終締め切りが今週末までに間に合うようにおそらく年末年始以外は過去問題を解いていくと思われます。

 読み・書き・計算・アルファベットをまだ完全にしていなければ?
男女・生まれ月の差は?
その点を踏まえて次回「学習環境」についてお伝えします。


 進学塾TMC http://taka-mc.com




posted by 高橋博史 at 13:49| 石川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。