2018年11月17日

5G時代に突入する前に何をするべきか?

  11月になり、世間ではすでにクリスマスムードが漂ってきていますが、受験生にとっては乗り越えなければならない冬がやってきますね。

 学習指導要領の改訂の中心が、英語・プログラミングになり小学生低学年塾生も
パソコンキーボード両手入力やプログラム作成手順理解による順序だてた作成も
できるようになりました。

 ただ、「昭和」時代には当たり前だったことが「ハラスメント」という文字での「規制」がどんどん増えてきていますね。
 「やらされる」→「する」「自分から進んでする」に変化していかねければ、やはり「させられる」の連続であり、「指示待ち」のほうが楽になる場合もありますね。

 2019年度の塾生募集条件を早い目に提示したのも、現塾生たちが足踏みをしたり
新規の塾生がプレッシャーから逃げたくなることを避けるためであり、本来のTMCの「志」に近づいてきたので文字通り「少数精鋭」にしていくためです。

 2019年には第5世代(5G)移動通信システムが登場することによって、スマホ中心のBtoCからBtoBtoXのサービスへの移行となっていきます。

 5GでできることはIoTによるサービスをデリバーするネットワーク・・・「自動運転技術」に代表される「遠隔操作」時代に突入していきます。

 進学塾TMCでは、数年前からccdカメラを使ったインターネット「個別指導」をスタートし、関東や関西等へ移転していった塾生の指導継続や金沢へ転勤する半年前からスムースに授業に入れるような対応を可能にしてきました。

 現在中学生以上はPC学習(動画授業含む)導入による「時間効率化」を本格化し
自宅学習も塾用教材中心ではなく「自学ノート」中心へ移行しています。

 中学生は、高校入試のための「内申点確保」のためにどうしても「定期テスト」高得点が要求されています。
 いくら「単元先取り」していても「教科書準拠」「学校授業内容準拠」が必修となり定期テスト前は対策期間として約2週間取られてしまいます。

 その点、高校生は大学入試当日点勝負優先メンバーのみなので「定期テスト対策」やテスト期間中は足踏みといったことはしないで、あくまでも大学入試逆算継続です
 それができるようになるためには、学校の授業内容と塾(自学)内容の両立ができるようになっていなければ必ず自滅していきます。

 中学入試体験メンバーは、小学校では学習していないことを塾(独学)で学習し学校の学習内容は「既習」になっているので「両立」はさほど難しくはありませんね。

 ただ、残念ながら「時間効率」による「時間有効利用」はまだまだできておらず
週1回の授業内容に対する「定着率」と「間違い直し等反復練習」の取り組みが不足しています。
 これを改善するのにも「無感情」なパソコンは「判定」通り「やり直し」を強制し「100%」達成するまで繰り返させます。
 英語発音についても「声紋判定」を導入してからは「マイクの使い方」や「声の強弱」
人間が判断するのと少し変えなければならないことがあります。

 ペーパーレス時代には全然なっておらず、教材の冊数は減らせても「家庭学習用」に結局は数冊渡さなければなりません。

 学校のテストがペーパーテストである間は仕方がないのでしょうが、場所を選ばずに学習できるツールを使いこなしていく「次世代育成」も必要不可欠となっています。

 具体的には書く作業は「電子ペン」(筆圧の問題点がある)とキーボード入力の併用
もちろん「クリック」による「マークシート解答」入力を塾内だけではなく「家庭学習」にも導入し「遠隔操作」学習指導を小学生以下にも実施していけるように準備中です。

 そのことで、「学校準拠」からの脱却と「興味」「得意」分野の早期発見につなげていけるようにしてきます。

 現在、不登校児の様子を見ていると「社会性」「対人恐怖」も見られず「時間有効利用」がやりやすいので(学校生活時間がない)高校生の場合は2年間で「高卒認定」可能であり、塾費用や学費を稼いでいる生徒もいます。

 「学校」へ行く必要性は何なのでしょうか?
最終学歴は大学合格以降で塗り替えられるので「世間体」を無視すれば「自分探し」もでき「大学へ行く目的」もはっきりしているので意欲的になり必然性から能動的な行動になっています。

 なぜ、男子しかいないのはどうしてなのか?

 中学生・高校生からの入塾が難しいと定着していますが、「志」が明確であればOK!
お問い合わせお待ちしております。

 進学塾TMC http//taka-mc.com





posted by 高橋博史 at 04:03| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。