2018年08月27日

平成最後の夏休み

夏期講習が終わると一気に受験日まで加速するような気分になりますが、今年は特に「酷暑」のために早く涼しくなってほしいとさえ感じていました。
 事実、エアコンの能力に限界がきて2台買い替える(本来は3台予定)こととなりました。

 さて、塾生には夏休み前に「したいこと・してほしいこと」を確認し、結果はどうであったかを先週作文に書いてもらいました。
 タイトルは「平成最後の夏休み」印象に残ったことをいくつ書いてもよいが、箇条書きは望ましくない(項目だけでは内容や理由がわからないので)としました。

 小学生低学年の特徴は、家族旅行やキャンプ参加が主体になっていますね。日頃できていない体験学習や海水浴・虫取りなど夏らしい内容ですね。
小学生高学年になると「女子会宿泊」のような内容は塾生同士での思い出になっているようです。 中学・高校生女子がパジャマパーティーを好むような発想と日ごろ保護者に送迎してもらっていることから、自分たちで行動することへの成長が伝わってきます。

 では、中学・高校生はどのように過ごしたのでしょうか?
受験生はどうしても「何時間勉強したか?」が中心になってしまいがちですが、「時間効率」を考えないでトータル時間数に対する評価が中心なのは、社会人としての「成果主義」にはつながっていきませんね。

 高校生の場合、午前中に「補習授業」がある週もあり大きく午前中・夕方まで・夜の時間帯に分けてどの時間帯に何をするのが効率よくできるかをシュミレーションしながら結果報告1〜2週間してもらいました。

 予想通り「個人差」がかなりありました。志望大学を意識しているかまだ、1年生だから・・・のように考えているのか?
 塾としての課題は夏休み前から指示しており各検定対策・センター赤本等高校1・2年生といっても少なくはありません。
 ただ、「隙間時間の活用」をどのくらい実践できたのかは今後個人別に面談しながら冬期休暇・来年の春期休暇までのスケジュールを明確にして現高校2年生は最後の「センター試験」高校1年生以下は「新テスト」対応にシフトしていきます。

 検定試験中の様子で気になった点
検定試験=資格試験は「合格基準」を満たせば全員合格できるが、入学試験=競争試験は定員枠内に入らなければ(何点で合格?)不合格になりますね。

 小学校入試や複式入試では「行動観察」に力点を置いているのでペーパーテストも含めて「試験中の態度」も評価されます。
 過去問練習もしているので時間内で解けることが優先しなければならないほど時間に余裕がないわけではありません。少なくとも10分以上時間が余ります。
 そこで・・・
郵便番号・住所・電話番号・生年月日・氏名を漢字で書けるように練習し、そこの部分に時間を5分使ったとしてもまだまだ解く時間に余裕があります。
 漢字検定では、試験用紙が厚紙であるため「なるだけ消しゴムを使わないで!」「マークする部分は極力鉛筆で!」これらは全学年(級)の共通課題です。
特に、級が上がれば「漢字書き取り・熟語」の配点が高くなることや「止めはね」へんとつくりのバランス等単なる知識の確認ではなく筆記するときの「注意深さ」が合否に直結しています。
 
 逆に下の級は枠内からはみ出さないことや枠内でのバランス(文字の大きさ)が要求されています。
 「できた!」は「全部うめた!」に過ぎず上記のことをあまり意識していなければ、消したり書いたりで不要な線が残ったりもします。

 算数検定においては、解答用紙に「単位」があらかじめ書かれているかを見ない、問題部分の「単位をつけて答えなさい」を読んでいない「性格的ミス」による間違いを検定当日には試験監督者として最初に言うことはできても「机間巡視」時に指摘はできません。
 時間内に全部解くことができても「見直し方法」が甘かったり手遊びをしながら問題用紙も伏せたままで見ない・・・鉛筆や消しゴムを机から落とす、書きやすいように問題用紙や解答用紙を折り返すことができず机から落とす・・・これらは「習うより慣れろ!」である程度は解決できますが、小学校入試や複式では「態度面」で減点になっています。
 時間内にどういう態度をしていたか(最後まで時間を有効に使っていたか?)
中学入試では、計算用紙の内容を見て合否の参考にする場合もあります。

 「成果主義」「結果主義」を優先するのであれば、「合格」すればいい!
しかし、「行動観察」重点テストであれば「態度も気を付けなければならない」
「性格的ミス」をどうやって克服するのか?
難問の配点が高く易問の配点が低い難関校出ない限りは、易問を「速く正確に」解くことが「合格」直結であり合格点が7割前後であれば時間配分確保のために2割の問題は捨てて8割の確保と戦略も必要です。

 そのためには、「第1問から順番に・・・」これが最大の間違いです。各問題の傾向を知ったうえで時間配分と「問題処理能力速度」が要求される入試対応のためにどうしても「ダラダラ型演習」撲滅する必要があります。

 時間内で解けることから初めて「時短」(焦っても)しても解けると同時に最初に問題内容を見て確実に合格できるように攻め方を考える判断力

 これらの項目は、マーク式・記述式関係なく今後も対策の要となり「総学習時間数」には必ずしも比例しないことがはっきりしていきます。

 24時間でどれだけのことができるようになったか?休暇中本当の目的はそこにあります。
 学校の時間の縛りがない原則(土・日)どのように過ごせるか?そこには「やらされる」からの脱却が必要です。
 今週から塾は9月度に入りますが、10月の「英検」に向けても「合格」できる学習方法を個別に模索していきます。

 進学塾TMC http://taka-mc.com
posted by 高橋博史 at 18:02| 石川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。