2018年06月30日

自分のことを強く信じられる力

梅雨明けしたのか?と思わせるような暑さですが、熱中症対策をしながら本格的な「夏」乗り切っていきましょう。
 さて、目前のハードルを乗り越えさせていきながら何を身につけさせてあげるか?

 それはまさしく「自分自身を信じられる心」です。
過去の成功事例が多ければ多いほど困難さに立ち向かい克服できた時の喜び・満足体験が次の壁を乗り越えさせようと前向きになれるからです。

 「心が折れる」と口癖のように言う男の子が多いのも母親の過保護に守られた環境に育った弊害である可能性も少なくはありません。

 常に先回りし失敗させないように持っていってあげようとするために「失敗談」→「成功談」へのステップがほとんどありません。

 「なんでケアレスミスするの?」ではなく「自問自答」し解決できる方法を自分で探せるようにならなければ「自立」できるようになりませんね。

 難関私立中学入試成功者は学校での学習内容以外に最低でも小学校5年生時から2年間は「忍耐」も含めて「合格」のために「何をするべきか?」を経験し理解できますが、常に「やらされてきた」タイプは自分からどうすればいいか「勉強法がわからない?」
空回りの状態に陥りやすいですね。

 「死ぬ気でやる」といった励ましの言葉は具体的なイメージを持たないのに効果はありませんね。
その先にある「達成感」のために「自己満足」でいいので「失敗してもいいからやってみよう」という気にさせてあげる環境つくり。
追加の要求をあれこれ言わない「これができたならあれもこれも・・・」「速く終わったならもっと先まで」と言わないでください。

 自分から興味をもって「もっと先を知りたい」と思っているときは「時間決めてしようね」と言わない限り何時間でものめりこむこともあるでしょう?

 社会では「結果主義」がどんどん主流になり過程は結果なしには評価されてはいません。
 夏休みになるといつも「何時間学習したか?」をグラフ化させるような無意味な課題が出され長時間を評価されていますが。「速く正確に!」のモットーの弊社は、「自分の計画を達成できたか?」「日常できないことをいくつできたか?」その追及のために結果として何日必要だったか?

 今年の夏しかできないことをやり切りましょうね!

 進学塾TMC http://taka-mc.com





posted by 高橋博史 at 16:20| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。