2018年04月23日

「努力すれば必ず成功する」


 新学期が始まり今週末にはGWとなりますね。塾生も各学年「目標」設定しながら目の前にある「課題」を克服しながら進んでいます。

 「ほめて育てる」だけでは・・・など元々万人に当てはまる方法論は存在しないのに「効果がでた」の情報に対して「画一的」にしようとするのが相変わらず教育現場の問題点です。

 わが子は「神童」ではないかと感じていたことが徐々に変化していくことが多い中で
「評価基準」は他者との比較(相対的)と日々の姿や成長(絶対的)ではないでしょうか?

兄弟がいるとどうしても(相対的)の判断が増えますが、本人自身の成長を客観視することで(絶対的)になりますね。

 学校での「成績評価」の項目で「意欲・関心・態度」は(絶対的)である項目ですが、残念ながら先生の(主観的)ともいえますね。

 そこには「得するタイプ」と「損するタイプ」に分かれて評価されることが自分の経験も含めて変わっていないことがありますね。

 「真面目」「努力」(結果よりも過程)の評価がいつまで通用するのか?
また、何の内容には「努力」が必要なのか?

 例えば、パソコン操作に対して早期(幼児期)からしていれば「慣れる」という点では小学生になる前からしていたほうがいいですが、3か月もあればだいたいできるようになるのは「必然性」の枠があるからです。

 本人自身が他者との関係で「早く習得しなければ」と感じているからこそ家でも練習しているかもしれません。逆に週1回の授業だけで習得できている場合もありますね。

 やりたいことを(放任的ではなく)自由にさせる・・・
口で言うのは簡単ですが、「興味」がどのくらい継続できるかはわかりません。
「おもしろそう」と思っていてもそこへ到達できるまでに「やめた」となるかもしれません。

 「プログラミング」授業開始して将来「ホワイトハッカー」になる可能性があるのか?
小学生時から習得したことが将来に役立ったことはなんでしょうか?

 スキルなんでしょうか?

 保護者の経験値から「こどもの日」に語ってあげてください。

塾では、毎週将来に役立つスキルと考え方を中心に進んでいます。

進学塾TMC http://taka-mc.com




posted by 高橋博史 at 13:22| 石川 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。