2018年03月21日

「春分の日」ってどんな日?

祝祭日の意味も分からず明日から春休みに突入する一部の塾生は「休暇」をどのように過ごし何を考えているのだろうか?

 しかし、「昼夜平分の日」の理解をしたとたんに、夏至・秋分の日・冬至の意味とそれぞれの季節の3か月間のつながりを答えられる小学校1年生計算力はあるね。

 幼児教育を金沢でスタートして最初の生徒がすでに中学生・・・時の流れが早い

 息子たちも4月から社会人になるため引っ越し準備と学生最後の家族旅行としてシンガポールに行っているがこれからは会社の同僚や恋人と行くようになるのかもしれない。

 母親が他界して「介護」から解放されたけれども次世代育成者として自分自身が小学校1年生の時を振り返ってみると「幼稚園入試」・「小学校入試」「中学入試」「高校入試」「大学入試」すべてエスカレーターではなく「入試の壁」を乗り越えなければならなかった。

 ちょうど「原付バイク免許」「中型二輪免許」「限定解除」と「普通自動車免許」を先に取得していれば免除になることもステップアップしてきたように

 「検定試験」は「競争試験」ではないので「合格点」さえクリアすれば全員合格できる
たとえ1点でも足りなければ「不合格」
 再チャレンジする費用や時間等考えれば1回で合格したい!年1回しかないチャンスならなおさらである。

 塾では、英語検定・漢字検定・算数数学検定・語彙・読解力検定(今年度より)が年1回受験し「自己達成感」として期間限定の中での学習と目標への逆算を体験してもらっているが単に「合格」すればいいという行動も時々見受けられますね。

 先日、有名進学校の校長先生のコメントに「東大合格者数が減少」するのは寂しいけれど「医学部志望増加」が流れだ。というのを見た矢先に「医学部志望」の新高校1年生が他府県から通塾志望で来てくれました。

 「志望動機」と「資質」の話を約2時間トータル4時間保護者も含めて話させていただきました。
  センター試験が9割ゾーン死守だから難しい・・・これだけでは単に点数さえ取ればいいことになるので、「人の命」について「メンタルトレーニング」など学習面以外のことが面接でしっかりと吟味されるのでまさしく「暗記型」から「理解・表現」をアクティブにできなければならない。

 教育業界はやはり大学名で給与(等級)が査定されるところが多く国立大学でなければ面接さえしてもらえないところもありました。

 息子たちを見ててやはり大学時代に大手塾の採用はバイトといえども大学名は関係ありましたし、就職のSPIテスト含めて書類審査時点で大学歴は不可欠です。

 しかし、高収入を得るだけならば昨年の「仮想通貨」のように情報キャッチと行動力の有無ということもあり、不登校生でも自宅で稼ぐこともできる世の中になってしまいましたね。

 「公務員志向」もAIの普及で大幅に人員削減されていく中で次世代は「世の中に役立つスキル」を身に着け「自己商品化」が長続きする方法ではないでしょうか?

 芸人やスポーツ選手のように「一攫千金」であったとしても一生分の稼ぎをしたつもりが「浪費」していけばたちまち「老後不安」になりかねませんね。

 「何も心配なく生きられることへの感謝の心」を持ち進んでいけるようになるには時間や体験が必要だと思われます。

 私自身50代にはいってからやっと「感謝」という言葉の意味をわかった大きなきっかけは「右膝高原骨折」でチタンボルト・プレートが入ったままなので日々痛みとの戦いは継続しており懲りもせず来月からオートバイに乗りますが、「安全第一志向」になりましたね。

 おまけに先日の「口頭肉芽腫」で声が出なくなっていたら・・・悪性であれば「死」の可能性もありましたが、医者がびっくりするほどの短期間で「完治」

 そこには、信頼できる医師のアドバイスを素直に聞き実行できる「自己管理」があったからであり、「人間関係」が大きく左右しています。

 昨年インフルエンザを発症したために授業休校を余儀なくされた反省から今年は予防接種と除菌を徹底したので熱・咳することや塾生から伝染することもなく終わりそうです。


 さて、幼児から小学3年生までは塾も春休みですがどれくらい新しい体験をし、4月に会った時に「こんなことをしたよ!」と笑顔を見せてくれるか楽しみにしています。

 進学塾TMC http://taka-mc.com




posted by 高橋博史 at 02:45| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。