2018年02月14日

「24時間の使い方」

母親が他界して2年目が3周忌となるわけですが、家族葬や直葬・墓地へ埋葬しない
等費用面や土地の面からの事情をネットで見つつ・・・

 身内での経験があったがゆえにどうしても自分の時には・・・

 パソコンが動かなくなってハードディスクの使用時間を確認すると5万時間を超えていました。約6年間動き続けていたと考えれば寿命なのかもしれません。

 死後24時間以内は「火葬」できないなど一日24時間の考えを細かく配分することで
「目標」までの日数計算や逆に日数から時間確保も理解できますね。

来年度現中学3年生(新高校1年生)のお問い合わせを早くも頂戴し来月からスタートする春期講習までに考えてほしいことがあります。

@ 新テストの初回です。
A 英語4技能テスト外部合格は高校3年生10月が限界(入試前倒し)
B 国立大学前期2次試験は2月25日なので約3年間であり、新入試までは3年間ありません。

中高一貫難関中学3年生メンバーはすでに高校1年生内容を終了していますので現役合格するためには「時間効率」をかなり意識しなければなりません。

中学3年生時に中学1・2年生内容の復習と3年生の予習をしていた程度とはかなり量が変化します。各科目とも高校の進度に合わせていては間に合いません。

少なくとも春休み中に英語・数学は半年分と古典・漢文の基礎を終えていなければ高校1年生で英検2級・数学検定2級合格できる余裕はありません。

 中学生時に合格していてやっと化学・物理基礎や日本史・世界史の時間を確保できるのです。

 つまり、入試問題形式の改革があっても絶対量の知識注入は早い目に開始して反復しなければなりません。


しかし、相変わらず学習時間数のみを重視する風潮があるのでそれではやり切れないか
クラブ活動等高校生らしい生活が送られなくなってしまいますね。

 中学生・高校生の一日のコアタイム(学校・睡眠・食事・風呂等)を24時間から引くとだいたいまとまった時間は3時間です。

 言い換えれば「塾時間19時から22時」と同じです。

 だから、隙間10分から15分間の活用をスマホ・タブレット等で場所を選ばずに学習できる環境も必要になってきます。

 これらを理解していきながら「志望校学部別」コーチングをしていきますので定員数にならない間にお問い合わせください。

 現在、中学・高校生のみ募集中です。

 進学塾TMC http://taka-mc.com

https://zaif.jp?ac=9jifx5sp6z
posted by 高橋博史 at 03:01| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。