2017年10月12日

2018年度新入塾募集について

  いつもホームページやフェイスブックページをご覧いただきお問い合わせありがとうございます。
電話でのお問い合わせに対しては授業中が多いのでまずメールをくださるかhttp://taka-mc.com/contactから
入塾テストお申込みをお願いします。

 昨日までの状況とご質問にお答えした内容を掲載しますので参考にしてください。
 小学4年生クラス男子のみ募集!(飛び級生歓迎)
小学1・2年生入塾テスト結果待ち
 県外受験生入塾テスト待ち
 おそらく今月末で小学生の募集は終了します。
 
Q.1 大阪池田校のように金沢大学附属専門塾ですか?
   いいえ、他府県難関小学校〜大学入試対応専門です。
   例えば、就学前に他府県国立小学校受験対策をしていれば学習内容は小学校2年生程度・しつけ面・作業・運動能力
  すべてにおいて金沢大学附属小学校入試対策を兼ねています。(細部の調整もします)
  県外受験の方は小学校在学中に地元(ほとんど東京)に戻られるますが、県内の方はそのまま通っていただいてますので
  附属生の人数が多くなっています。
  しかし、今年のように小学校1年生からスタートしていても3か月間で検定合格やパソコンスキルなど追いついております(フェイスブック塾ページ参考)
  みんなで一緒に頑張れる環境が大切です!(先輩塾生が後輩を指導します)
Q.2 2018年度スタートはいつからですか?
   授業料の切り替えは4月での学年ですが、学習内容は11月から次年度内容になります。
  例えば、現1年生(2年生内容)現2年生(3年生内容)複式入試に対応できるように4年生内容まで年内に実施
      現4年生(6年生内容)日能研教材5年生使用中
Q.3 中学生は?
   県内の泉丘・附属受験希望者しかおりません。小学生の8割が附属生で構成されていますのでこのまま繰り上がっていくと数年後には附属生のほうが多くなります。
   県外受験も現在対応しております。
   小学生で各種検定級が3級合格者以上なので中学生からスタートされると中学校2年生時には3級合格していただいております。
   附属高校も含めて英語(特にスピーキングと英作文)ができなければならない学習指導要領になりますので(現中学3年生からは新大学入試)
   現小学校4年生は中学1年生用教材で英作文指導中
Q.4 高校生は?
   中学からの継続性がほとんどですが、県外難関国立または慶應・早稲田・医学部志望であれば目標は一致しております。
   海外留学のための対策も現在進行中です。
Q.5 幼児クラスは?
  ご兄弟生で、幼稚園入試対応希望されておりますが、県外も含めて募集しておりません。
  現年長生の附属小学校対応は直前対策も含めて募集しておりません。
  現年小・中生(太陽が丘教室)は保護者面談中ですのでお問い合わせください。
Q.6 その他
   入塾説明会や入塾パンフレットはございません。
   2020年以降の新学習指導内容に対応できる基礎知識とスキルを身に着け「協働」によって目標を達成できる「自立支援」を目標に
   授業をしておりますので今後も「少人数精鋭クラス」を継続していきます。

進学塾TMC代表 橋 博史 http//taka-mc.com






posted by 高橋博史 at 15:21| 石川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。