2021年07月24日

「夏の大三角形」?

  
  23日は「東京オリンピック」開催で「スポーツの日」
 公立小学校での感染判明で塾生が陰性確認まで自宅待機等
 日頃全くテレビを見ない(ケーブル引き込んでいないので見れない)
 習慣からいつもの日常と変わらない生活とも言える日々。

 ただ、教室のエアコン聞き具合や夏期講習が始まったことで
塾生活としての夏が始まりました。

 さて、コロナ禍でキャンプ(ひとりキャンプも)が流行していますが、
避暑地(山)へ行くならやはり天体観測ですね。

 大阪在住の中学・高校生時代は奈良生駒山上で夜間観測や天体写真を撮ったものです。
 理科の選択科目(現在では貴重な科目・・・全高校で開講されているわけではないから)地学だったこともあります。
 
 7月7日は「七夕」でしたが、「夏の大三角形」はそれと関係あるので
星座名など入試にもでているので覚えておきましょう。

 ただ、父親として子供たちを連れてキャンプするならば、話の内容を「入試に出るから暗記せよ!」ではなくてちょっと工夫しませんか?

 8月に入ればと月明かりが邪魔になるので確認する必要がありますが、
午後9時ごろ南の空を見上げましょう。

 白色に輝く(ベガ)こと座(織姫)が右上にみつかりますか?
次に左下へ視線を動かし(デブの白鳥座)正確にはデネブありますね。
この2点から二等辺三角形下へ線を描くと(わしのタイルある?)
(わし座 アルタイル)彦星結べましたか?

 天の川を挟んでのラブストーリーを夫婦になる前一緒に星空見上げたエピソード子供たちに語りながらロマンチックな気分を家族で共有してくださいね。

 在宅勤務が夫婦間の絆を再確認するように、日頃子供たちの相手ができない
父親たちも、サービス精神は子供と奥様両方に向けて円満にお過ごしください。

 小学校1年生国語の授業で、どこへ行って何をし、どんな感想を持ったかを書く内容がありました。
 塾生は映画を見に行ったことを書いていました。

 「竜とそばかす姫」だとわかったのは、主人公の名前を書いたからです。
ただ、あらすじだけではなく何に感動したかを書くだけではなく話してくれたので小学1年生なりに理解しているなと感心しました。

 私自身は「仮想世界U」という現代風であり、VRを5G普及のおかげで体験できる世の中になってこういう映画が出てきたんだと実感されました。
 実際の自分と仮想の自分みたいな面も

 ますます、アナログとデジタルのいいとこどりになっていくものであると
思われます。

  http://taka-mc.com/




posted by 高橋博史 at 00:34| 石川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする