2021年04月29日

昭和天皇誕生日に

  2021年度授業開始から早一か月が過ぎましたが今年のGWも昨年同様「自粛」のキーワード通り天気もスッキリしませんね。
 進学塾TMCでは、5月1日(土)の補習を除いて5月5日(水)までは
休講となります。
 愛車が10万キロ走行を超えましたので、メンテと洗車を依頼したら早速この天候で毎度ながら洗車=雨なのが残念です。
 ただ、コロナ禍で1年の走行距離が大幅に少なくなったこととそれに伴う
ガソリン・高速費用が減少しました。
 元々「現地主義」で食材や歓談、先祖の墓参り等ほとんど車で移動していたので、名指しで「他府県ナンバーお断り」の現状では北陸3県ですら移動しにくいですね。

 さて、金沢大学附属中・小ではやっとタブレットが配布されていますが(今年度は1人1台PC時代なのに・・・)、中学ではアプリ使用について教師がまだ研究中のようです。
 そこで、GWの過ごし方について昨日提案しました。
まだまだ続く「コロナ禍」で、家での過ごし方変えていかなければなりません。
 仕事に関してもリモートワーク(在宅勤務)可能な場合、服装から通勤手段まで大幅に変化しています。
 すべてにおける「2極化」はますます進んでおり、「老後不安」解消のため
女性の方が現実的な視点から「暗号資産」のアドバイスを求めてくる数も増えました。
 「緊縮財政」の洗脳からデフレ脱却しないまま消費税により10%実質賃金が下がったままのGDPはアメリカや中国に引き離され、日本の主力製品だった「半導体」が台湾中心になったためEV車製造にも大きく問題を抱えています。
 もちろん、「東京オリンピック」への盛り上がりどころかコロナワクチン接種の遅れから東京・大阪が収束しない限り国内ですら自由に行動できないままの日々が続いてしまいます。

 こんな時に、風水害や大地震がやってきたら対応できるのでしょうか?
「備えあれば憂いなし」は、どの程度までしておけばいいのか?
 3月春期講習よりサンピア新教室に移転し、マンション9階であるために
エレベーター停止(閉じ込め)の場合や角部屋なので非難はしやすいが、どこから出るべきか?
 ある意味ラッキーなことは、大修繕を9月末まですることとなり外壁には足場が設置されています。
 居住者すべてが同時にエレベーターや階段に集中した場合や、一階のスーパーの駐車場へのルート確認してみました。
 車いすや高齢者は非難が困難になりますが、9階の居住者数は少ないので
塾生避難誘導は私の想定内なら可能です。

 避難ルートと1週間程度の避難生活可能なグッズ確認(特に最低限持ち出し物)
 災害当日にはパニックになっていて冷静に判断できる子供はいないだけではなく保護者自身も判断できないことも多いと思われます。

 「昭和時代」は戦後であっても「行動成長期」「大量生産」から始まり何事にも「創意工夫」が必要であり今のようにコンビニやスマホの便利さがなかったので「知的生産」を実感できた時代です。
 実は、現在の方が「学び」においても在宅で大半のことができ、費用面も入手困難な分野でない限り格安で可能ですね。

 要するに「自己管理」「自己目標設定」「主体的行動」ができれば、「経済的不安」の大半は解決することができ「させられる」「やらされる」「雇用主のために働かされる」「株主のための仕事」から解放されます。

 「紀州のドン・ファン」の事件は「コロナ禍」では「貧困」にならないためには・・・が益々現実的な世界ではないでしょうか?
 「学歴社会」は、幼少時期からの「忍耐」「努力」「自己投資」の集大成であり
そこに裏付けされる「知恵」が必要になります。
 雇われ時代、教育業界では当たり前のよう「大学名」は給与ランキングまで
左右してきました。
 それは、最初の段階であってその後はマネージングやコンサル能力
端的に言えば「結果数字がすべて」の中で各社が「創意工夫」し続けているわけですね。
 社員としての「コマ」から脱出して20年以上(金沢に来て15年)子育て支援「自立支援」を中心に指導してきましたが、18歳で「成人」=自立可能な塾生がほとんどいません。
 「承認欲求」「自己肯定」「メンタルタフネス」どれも自己と向き合い
世間体よりも「自分を信じることができる」「やればできる!」を身に着けていくためには、「在宅にて」自己管理ができる環境つくりをGW中のどこかでお考え下さい。

 私自身も、新教室運営だけではなく「コロナ禍」に甘えることなく事業展開の準備をしております。
 「本厄」で身体の癌切除し「後厄」の今年に次の準備にとりかかり
「南海トラフ」「富士山噴火」などの災害や「コロナ後増税」に対応できる
「知力」「体力」を「週休3日制導入」で頑張っていきますので
「次世代育成」一緒にしていきましょう。

   http://taka-mc.com/

posted by 高橋博史 at 16:40| 石川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする