2021年01月03日

三宝(仏法僧)

2021年正月3日間どのように過ごされましたか?
金沢市(特に太陽が丘)では昨年来の積雪によって家の中に閉じこもって
薪ストーブ(書類等の断捨離を燃料として)で暖を取りながら新年度へ向けての
作業をしています。

 新型コロナウィルス禍の中でどうするべきか?
どうしても感情的になってしまう・・・
 先行き不安どうやって解消するの?

 私自身、元々大阪人気質で超せっかち・・・即断即決実行タイプ
経営者になって20年が過ぎ、機密情報とは言わないまでもなんでも公開相談することはできません。

 逆に保護者等の相談内容をそのまま公開することも論外です。

 カウンセリングしているときにも、すぐに結論めいたことを言ってしまう性格から「向かないな・・・」という時もありました。

 そこで、データ化できることはしていくほうが説得する資料にもなるだけではなく「客観的事実」をみることで冷静になることができます。

 例えば、「結果・成果主義」に今後はシフトし、デジタル化が進みます。
「課程はどうでもいいのか?」
 試行錯誤と結果に至る過程を暗記しておくことは日常生活の中では難しいですね。

 書類の断捨離の中で「各種検定試験結果データ」2008年からデータ化
しながら、塾生の進学先も入力し相関関係が見えてきました。
 つまり、進学塾TMCの入塾時目標設定である検定試験合格級は
地域関係なく有効だということです。
 文部科学省(学指導要領作成)が検閲している検定試験において
合格級は基礎学力の目安になります。(今後はこのことが明確になっていきます)

 コロナ禍において働き方・学習方法の改革を早めたのは事実ですが、
 グローバル化から見れば遅れています。

 逆に、メンタルトレーニングに関しては昭和世代に比べて経験値も少なく
自己啓発や自己投資が何歳からできているでしょうか?

 石川県の塾業界では「異端」とされた「仮想通貨(暗号資産)」も高校生や保護者の理解から次のステップへ移行する時期に来ています。

 高校生では当たり前用語「指数関数」を使いデータを読み取っていく
一例では・・・株などのチャートの見方になります。

 副業が当たり前になり、すべてにおいて「2極化」が進む中で複業だけではなく「在宅勤務」できる「投資」の学習をしませんか?

 無料ツールはたくさんあるだけではなく方法論も「自学自習」可能です。

 ここまでは「デジタル化」中心の考え方ですが、その前に「ブレない心」
「志」を明確にしていくためには・・・
仏様の教えを理解し同じ志を持った仲間と進む(最小単位は夫婦や家族も可)

 私自身、父方が宗教家であるだけではなく母方は伝統芸能なので、
幼少期から「感情論」よりも「冷静な判断」を重視してきました。
そのことで、「ロボットみたい」「冷たい」「人間味がない」「何考えているか理解不能」・・・「アダルトチルドレン」という自己診断
 おまけに両親の離婚・改名による強烈ないじめにも合いました。

 しかし、常に支えたのは「自分を信じる心」・・・現在で言う「自己肯定感」よりももっと複雑で「多重人格」か?と思われる時もありました。

 本当の自分を見せないようにし、外出するときは予備校講師資質「五者」(医者・学者・易者・芸者・役者)の仮面を装備し部屋に帰った時化粧を落とすように本来の自分に戻る。

 昨年、還暦を迎えると同時に前立腺がん全摘手術によって「厄払い」と
もう仮面を脱いでもいい時期だと判断しました。

 2021年は「後厄年」になりますが、70歳現役講師へ向けてまだまだチャレンジしていきます。

  http://taka-mc.com/





posted by 高橋博史 at 18:27| 石川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする