2020年12月29日

2020年・・・残り3日

2020年内授業終了しました。
コロナ禍の中でオンライン授業も含めて・・・感染者なし
当たり前のようですが、当初陽性なんてわかればイジメの対象で転校・引っ越し
県をまたいでの移動もナンバープレート見ての嫌がらせ等ありましたね。

 残念ながら年末にプチ旅行なんて考えていても「自粛」で割引特典もなくなってしまいましたね。
 
 さて、大学受験生にとっては試験場での三密回避が難しく2日間の共通テスト後・・・2週間後くらいに発熱したら?

 地域事情によっても差異ができますが、国立大学2次試験がなくなり
「共通テスト」点数結果のみで合否が判定されるかもしれません。

 同様に中学入試市場では関東では受検者数増加傾向にあり、男子の場合
奈良西大和学院の東京会場では、灘・開成を抜いて偏差値トップへ。
女子では桜蔭・女子学院を抜いて渋谷教育学院系列が上位へ

 先週末金沢大学附属小学校複式入試が行われました。
その関係から「お問い合わせ」が徐々に増えてきています。
やはり、県内の「附属人気」は継続していますが附属幼稚園入試結果だけで判断するのであれば、共働き世代等午後から預けたい家庭にとっては敬遠されているような倍率になっていますね。

 県内私立中学校も開校数が増えつつありますが、何を基準に選ぶのか?
関東・関西のように中学入試市場活性化するためには私立高校が附属や県立よりもレベルアップしていかなければなかなか進みませんね。

 塾生動向で言えば、東大・京大よりも「医学部志望」が増加しています。
 
 2021年度新規入塾希望者は「お問い合わせ」から申し込みをお願いします。
折り返しメールにて案内させていただきます。

  http://taka-mc.com/



posted by 高橋博史 at 03:00| 石川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月25日

クリスマスの夜に

イブの夜を・・・
若い頃は塾業界にいれば授業中なので、彼女とイブの夜を過ごすなんて
全く無縁であり、家族をもってからもほとんど同様ですね。

 Eveは元々eveningからきている言葉ですが、クリスマスはキリストの誕生日ではありません。ミッション系列校在学生ならば「誕生を祝う日」と知っていますね?

 だから、バレンタインやハロウィーン含めて元々日本のイベントではありません。

 むしろ「大晦日」除夜の鐘はなぜ108回?
 人の心を惑わせたり、悩ませ苦しめたりする心のはたらき煩悩の数
 四苦八苦(4×9+8×9)=108という説もあるようですね。

 スカイプ懇談本日で終了しました。ある意味時間制限なしの形で
質疑応答すべてさせていただきました。
時間に余裕がないと次の人への配慮や駐車場の件その他教室では話しにくかったこと。在宅でなくても車内で実施可能(背景変更で部屋の中は映りません)
など、新たな発見もできたと思います。

 毎度、10分間程度学期ごとのような義務化していませんので、
遠慮なく申し出ていただきたいのとこちらからもお伝えすることもあります。

 今回は、「県外専門塾」ということで中学入試から大学入試までの現状や変更点についてかなり質問をされました。
 もちろん県内情報は、附属・泉丘・星稜・北陸学院中心にお答えはできます。

 ただ、来年から中学の指導要領変更や高校指導要領・大学入試変更点については現中学2年生以下からは知っておかなければならないことがあります。

 適宜、このブログでも紹介していきますので参考にしてください。

 Merry Christmas!

  http://taka-mc.com/




posted by 高橋博史 at 21:51| 石川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月23日

コロナ禍振り返って英語テスト次の準備

年末年始の本来の行事・・・クリスマスと初詣
Go toキャンペーンも中止となり28日〜1月11日(実質の冬休み期間中)
在宅で何をしていくのか?
 
 学校の冬休み課題は例年とあまり差異を感じられませんね。
問題は入試日無事変更なしで終わるでしょうか?
追試日当だけではなく、大学入試2次試験内容も一部変更されています。

もちろん、初めての共通テストなので結果に対するリサーチ判断も
昨年度よりもっと手堅く判断することは間違いありません。

 本来ならば、国語・数学において記述式導入だったものが延期されていることに対して22年度は?
共通テストでは現在国際的に広く使用されているアメリカ英語に加えて、場面設定によってイギリス英語を使用することもある。(発音の違い理解必要)

今回、英語の改訂内容は筆記試験の場合、音声・文法内容が削除されただけではなくリスニングとの点数比率が1:1の大学が多いことである。
昨年までならば200点と50点合計250点を圧縮して200点とする大学が圧倒多数だったので、筆記で稼げればリスニング苦手でも救済できましたが今回からはそうもいきませんね。

 リスニング対策は、「受け身」ではなく「能動的」な姿勢が必要ですね。

 つまり、コミュニケーションにおいて「聞く」「話す」が中心であるので
単にマークシート対策(筆記試験演習)ならば、ドリル演習と変わりませんが、
リスニング対策の場合、受け身ですると「聞き逃し」「居眠り」の可能性があります。

 今後は、オンライン検定試験も確実に増えていくので、「聞き逃し」「対人ではなく録音」の形式に変更していかなければなりません。
 例えば、英検2次試験の場合対面であれば、態度点数3があります。
また、質問内容に対して聞き返しが可能です。
 オンラインの場合はこれらの配慮は全くありませんし、逆に行儀は関係なくなります。

 さて、タイトルの内容に関して
現在、https://www.fisdom.org/F00000137/「避けたい英語」を高校生には
受講させています。

 学校内で使用されている英語をそのまま社会で使用することは危険だからです。コミュニケーションツールとしての英語も使用方法間違えば悪意の伝達になりかねません。

 アメリカ大統領選も民主主義 vs 共産主義となってきており、国内メディアではトランプ陣営に否定的な内容がほとんどですね。
 ますます、フェイクニュースによる「印象操作」が増えていく中で
インターネット駆使すれば現地情報の入手もある程度は可能であり、
現地人との意見交換も可能です。

 直接対面式からオンライン化(学校でも正規授業単位として認定する方向)が進んでいく中で、アクティブ・パッシブ・ディープラーニングしていきましょう。

  http://taka-mc.com/




posted by 高橋博史 at 19:50| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月22日

スキルマーケット目標準備してる?

 今週から学校では懇談会が始まり成績だけではなく、高校入試においては人生の分岐点となる受験校決定になりますね。

新課程スタートになった小学校の成績表・・・小5生より英語必修科目
今回の学習評価改革は、新学習指導要領の資質・能力ベースの改革を、評価においても貫徹しようとするものです。具体的には、小・中学校で実施されている観点別評価を高校でも本格的に実施すること(一貫改革)、資質・能力の三つの柱に対応して観点を再構成すること(一体改革)が提起されました。

「関心・意欲・態度」の評価・・・ある国立中学校では連絡進学条件の中に
生徒会会長を点数化しているために、立候補者が多数激戦という話である。

AOや推薦入試の条件を満たすためには、学内評価が絶対的条件なので
教会活動・検定試験合格等も満たさなければなりません。

 さて、タイトルの内容に関して
現在、https://www.jmooc.jp/等を利用して、現役高校生は大学受験対策だけではなく、基本情報技術者試験などの資格試験を同時に学習しています。

 まさしく「コロナ禍」による在宅リモート勤務が本格的に導入され
業務のアウトソーシング化も進んでいます。

 直接、対面が必要なためのレンタルオフィスならば、家賃の軽減もできるということでオフィスビルにあこがれを持っていてもなかなか難しかったことも可能になってきました。

 単純化できるものはAIが台頭することは間違いないですが、ビジネス系
ライフスタイル系(語学・音楽・運動・旅行・料理)・タスク系(衣食住)の副業(複業)が可能かつ個人のスキルによて仕事依頼がどんどん増えるということがはっきりしてきました。

 つまり、通勤時間やスーツにネクタイから解放された在宅勤務
それだけではなく、スキルに応じて副業(複業)によって収入減回避
できることが、デキタル化推進によってますます加速していきます。

例えば、
https://coconala.com/を通じてお互いにやりとりしているものもあります。
 

 単に志望校合格だけを指導する時代は終わっています。
多様化社会の中で個人のスキルを引きだし育て活躍できる指導方法で
全力でサポートしてまいります。

  http://taka-mc.com/




posted by 高橋博史 at 22:32| 石川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月21日

冬至参りしますか?!

 先週から冬期講習スタート・・・初めての共通テスト4週間前
受験生にとって「積雪」は「試練」を乗り越えるのに必要なのが
降雪地帯ですね。

 たまにしか降雪がない地域では「うれしい」かもしれませんが、積雪や凍結による「交通マヒ」も深刻ですね。
 今年は、インフルエンザ発症が少ない代わりに新型コロナ感染拡大が続いています。
 ワクチン接種が始まって来年中には収束しその後は、季節病のようになるのでしょうか?

 さて、本日は「当時」一年の中で一番夜の時間が長い日ですね。
ここから「春分の日」まで徐々に夜の長さが短くなっていきますが、寒い日は
増えていきますね。
 ただ、「春を待つ」受験生にとってはまさしくこの3か月間が勝負でもあります。
 例年と違って「初詣」も分散化しなければコロナ対策にはならないので、
受験生用には早々に「合格鉛筆」「お守り」を手に入れています。

 また、私自身は奈良県「大神神社」に50年以上参拝し続けています。
今回の対策としてすでに初詣時のお札を申し込みに行き、来年1月下旬以降に
参拝予定です。

 「デジタル化」できないこと

@ マニュアル化できない内容(接客)
A 5感(味覚・触覚は特に)
B 信仰

これらは、われわれが生まれたときから続いていることであり
「お受験対策」にも関係しています。

「ドリル何枚した?」とか「テストで何点?」といった学校教育直結学習は今後ますます意味がなくなっていきます。
基準の「ものさし」として「偏差値」同様なくなりはしませんが、
「答えのない時代」・・・「コロナ禍」はまさしくまだ答えはありません。

 その中でいかに「創意工夫」「試行錯誤」していけるかが家庭内教育に必要となります。

 そこで、自然学習環境重視の「太陽が丘幼児教室」2022年度再開準備中ですのでお待ちください。(2021年年少・年中生から対象)

 日々、当たり前のことが突然できなくなったとき・・・
男性の厄年あと1年乗り切って次のステップへと進んでいきます。
 12月7日より進学塾TMCホームページリニューアル完成と同時に
ブログ再開しました。
 TMCユーチューブチャンネル撮影のための準備も進行中(2021年4月)
まだまだ、引退はできません!

  http://taka-mc.com/




posted by 高橋博史 at 14:18| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月14日

冬将軍襲来?!

 先週末で年内平常授業が終了し、冬期講習準備と並行して「コロナ対策」
強化するために教室トイレリニューアル準備中!

 塾生の手洗い励行によって回避できてはいますが、インフルエンザやノロウィルス等も含めて感染予防のためにはやはりトイレチェクが重要
 湿度の管理も50〜60%になるようにと次亜塩素酸噴射しています。
 ワクチン接種が始まったとしても感染予防習慣は継続していきたいですね。

 さて、暖冬だった昨年とは違いいよいよ今週から雪マークが出ていますね。
先週の間に、オイル交換とタイヤ交換済ませていますので一応準備はできています。
 除雪作業が体力的に厳しいのに加えて、アイスバーンの場合の転倒による怪我に気を付けなければなりませんね。
先日自宅玄関前のコケに滑ってこけてしましました。(笑)しっかりと肘をすりむいてしまいジンジンとしみています。
8年前の右膝高原骨折で退院したのも丁度今の時期・・・積雪時に病室から
 薄着で見ていた時はよかったですが、いざ退院となった時
松葉つえの先が凍結地面で滑りいきなり転倒したことを覚えています。
 ただ、受験生の対応が無事できてほっとしたことやリハビリ継続していてもいまだに痛みは継続しています。片足歩行や右足使用できない場合は車の運転ができなくなる等、車いす生活になれば教室2階へ上がることも困難になる心配事があります。

 日々、当たり前のことが突然できなくなったとき・・・
男性の厄年あと1年乗り切って次のステップへと進んでいきます。
 12月7日より進学塾TMCホームページリニューアル完成と同時に
ブログ再開しました。
 TMCユーチューブチャンネル撮影のための準備も進行中(2021年4月)

まだまだ、引退はできません!

  http://taka-mc.com/




posted by 高橋博史 at 01:07| 石川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月11日

2020年内小学部平常授業終えて

12月7日より進学塾TMCホームページリニューアル完成と同時に
ブログ再開しました。
 本日の授業終了後、塾生送り出しの際お迎えに来られた保護者お一人ずつ
車から降りられ挨拶されていきました。
 一言・・・さすがです。
どこの学校へ通っているとかではなく保護者の姿勢がそのままお子様へとつながっていることも多いからです。
面接練習同様メッキはすぐにはがれてしまうからです。

毎度、金沢大学附属小学校入試で対策は「家庭内しつけ」が「行動観察」で検査される・・・残念ながらメッキ状態でも合格はできます。

例えば、「今年の重大(十大)ニュース」を書かせました。
制限時間は15分
さて、その時に何を考えているでしょうか?
@ とにかくかけるだけ書く
A 箇条書きにする
B 評価されるのか?
C 親に見せるのか?
D 作文コンクールとかに出す可能性あるか?
E 高橋先生が気に入る内容にするべきか?
 長年受験指導をしていると塾生たちも上記のような内容を即判断している場合があります。
 むしろ、受験対策や学校での評価に合わせて書く練習をしていることの方が多いと思われます。
 休暇中の課題であれば調べながら書くことも可能ですが、いきなり制限時間内で書けと言われると・・・

 だから、予告しないでさせることが重要なのです。
つまり、彼らがどのように判断して作文を書いているかがわかるからです。
1. 自己評価(褒めてもらえる内容中心)
2. 印象に残ったこと
これらがほとんどですね。

あえて評価は書きませんが、高学年の方がまとまりあるけれども
中学受験内容としてはほとんどゼロ点
世界・日本・政治・経済分野全く関心がないのか?
日々コロナと政府の対応のニュース見てるのか?
遊べなくて残念みたいな内容でいいのか?・・・工夫がない

 おそらく、家庭内にも心配事がないように配慮されているのか?
危機感が全く伝わっては来ません。(自分なりに改善したこと含む)

 宿題だから書かなければならない・・・評価されるためには検索してコピペすればいい・・・そんな内容なのですか?

 現在、アメリカ大統領選挙に関してアメリカ国内のメディアだけではなく日本国内まで「フェイクニュース」だらけですね。
 芸能人情報の方が真実かもしれませんが、乱立するトピックスを分けるだけでも時間がかかります。
福島原発事故の時も国内は隠ぺい体質で真実は海外メディアも含めて
見ていかなければわからなかった。
現在は。広告主に対しての配慮不要なユーチューブでのニュースも増えましたが、視聴率同様にアクセス数が換金額にも影響するので
「炎上商法」のような内容も多くみられます。

当塾、進学塾TMCチャンネルのバナーをホームページに作成しましたが
アクセス数アップのための動画作成予定はありません。(2021 4月開始)

 先日も同業者の「合格者数」の件の訴えが記事になっていましたが
大手学習塾「臨海セミナー」に同業19社が抗議 「悪質勧誘」「合格者水増し」告発される(J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース

 結果がすべての倫理観欠如がこのような内容になっていますね。
「名乗らない誹謗中傷」「無責任な発言」も含めて目立てばいいでは
情けないですね。

アメリカ大統領選挙の闇
 https://www.youtube.com/watch?v=tcYzHthBZ4Y

 日本は中国・米国どちらと手を結ぶのか?
米国では「梅=中国」ということで選挙方法が「憲法違反」を論点に「虎」陣営は戦っていますね。
 その流れに沿って株価も変動していました。(暗号資産も)
 コロナ禍の中でワクチン接種どうするべきなのか?
 「自粛要請」と「Go toキャンペーン」どうとらえていくのか?
 在宅勤務やオンライン化の中で今後はどうするべきか?
 災害時に「持ち出し品」や「連絡方法」「避難場所」確認できているのか?
いつものクリスマスはできないかもしれないけど代わりにこういうときだからこそできることは何?

 家族単位で話し合えることがあると思います。

 冬休みの宿題をどうするかは、毎年同じ内容ですが、2021年東京オリンピック開催できなかった場合・・・コロナ禍の死者よりも自殺者が増えている世の中でもっと失業者や自殺者増える可能性があります。

 政治家は己の私利私欲優先していることは明らかであり、自分たちの生活基盤が不安になることはないでしょう。
 しかし、廃業したり縮小している個人経営破綻はこれからも増えていくことは間違いありません。

 だから、「答えのない時代」にどう生きていくかを今年の「学習指導要領」に
盛り込んだはずですが全く伝わっては来ませんね。

 つまり、どこの大学何名合格ばかりいつまでも追い求めているから
アジアの中でも評価が下がっており優秀生は海外へ出ていくのです。

 いつまで「やらされること=Yesマン」育成の学校での学習をし続けるのでしょうか?
「Sit down.」ではなく「Take a seat.」に変えてもらわないと英検対策すらしにくい。軍隊ではないのだから…

  http://taka-mc.com/




posted by 高橋博史 at 21:50| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月08日

人付き合い

12月7日より進学塾TMCホームページリニューアル完成と同時に
ブログ再開しました。

 コロナ禍の中で学習面だけではなく人とのかかわり方も大きく変化した1年ですね。
 ウィルス感染対策をいくらしてもしすぎることはなく「陽性反応」出た場合は
家族だけではなく濃厚接触者や感染元まではっきりしなければならない。

 塾内以外ではスーパー等の買い物時も客数の少ない時間帯を選んだり、定期診察時には予約可能か?または、待合室ではなく自家用車内で待機するなど。
趣味のオートバイも公衆トイレの使用回数を少なくし、食事を店内でせず
テイクアウトにしたり。
 先日、コンサル関係で人と会ったのは3月から2回のみ
 個人懇談はスカイプのみで直接面談ゼロ
 
さて、コロナ感染予防だけの理由で、直接コミュニケーションすることを避けられるでしょうか?
  ランチタイムにカフェ等に入ることはしませんが、外から見る限りでは
石川県の場合「自粛期間」はどの程度だったのか?
 実際、3月4月同業塾の休校をほとんど聞いたこともなくこの2週間
東京・大阪・北海道のような動きは全くありませんね。

 つまり、マスク・手洗いしていれば平常通りの動きと変わらないように
思われます。

 そこで、人前で話す時、緊張してうまく話せない、言いたいことがうまく表現できず、相手に伝わらない、人と会うと気をつかって、どっと疲れてしまうという・・・特にHSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)のタイプには
オンラインの方が楽になる側面もあります。

 今までのように、「ひきこもり」が居心地悪い状態も在宅学習主流になってきたので動画授業や通信学習が大学でも行われているし大差ないことによって
大学行って何を学ぶのか?を見直し方向転換した塾生もいます。

 そもそも、今年度から新学習指導要領や大学入試改革されるはずだったのが
 学習環境や授業内容の遅れによって予定通り進んでいるとは言えません。

 しかし、新型コロナウィルスによって世界の動きも大きく変化し対応しながら「ピンチをチャンスに変える」発想しか生き残れなくなってきています。

 だから、直接会わない(見ない)とわからないことでない限りオンライン化対応でしていけるように変更していきます。

 その点、学校というところはなかなか変化すぐにはできないだけではなく
「ママ友」の付き合いも含めて体質改善が難しいと思われます。

 今年のキーワードは「3密」ですが、「自己肯定」が同時に必要です。
人の悩みの原因はほとんどすべて、人間関係にあります。
そこから自己を開放するには「潜在意識の断捨離」

 高橋先生は何時間でも話せるから・・・
人前で話さなければならない職業だから・・・
内向的だから・・・
自分で決めつけていませんか?・・・だから

 年末大掃除の時期になるので「開かずの間断捨離」(自分と向き合って片づけるべき問題)してみてはいかがですか?
捨てることでストレス発散できるタイプではなくても無駄なスペース
時給換算同様土地代(家賃)換算すれば意識も変化できます。

  http://taka-mc.com/




posted by 高橋博史 at 16:11| 石川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月07日

家族のかたち

9月23日以降ブログ休止していました。以下は書きかけた続きから・・・

世間では3連休。11月22日は「いい夫婦の日」コロナ禍の中でGo toキャンペーンで、が終了しましたが、進学塾TMCでは「秋期休暇」中と
なります。秋の全国交通安全運動も月末まで実施されますね。

 さて、例年は10月後半(母親の命日近く)に「健やか検診」を受診していますが、秋期休暇中にコロナ禍で旅行等の予定を入れられないので
1か月早めることにしました。

 大阪在住の頃は、分刻みでの活動のため「高血圧」がひどく投薬してやっと維持していました。

 ここ3年間の間に長男・次男が社会人となり自分のペースを取り戻すこともできたこともあり、高血圧の症状は大幅に改善されました。

 ただ、3年前咽頭にポリープ(逆流性食道炎が原因?)や前立腺がんなどこの「検診」で発見していただいたので年に一回の健康診断と半年に一回の癌再発検査をすることにしています。
 昨年の今頃は、PSA検査で数字が高ければ・・・
 結局、検査、がんが発見され今年全摘手術していただきました。

  昨年から「厄年」になり、文字通り人生最後の「がん告知」に恐怖したこともありました。

 ただ、「命がある限り」「時間を無駄にはできない」の意識は格段に上がりました。
 毎年、受験生を相手しているので夏休み以降は加速度的に時間が過ぎていきます。
 3月下旬にすべてが一段落し、4月から新しい塾生も加えてスタート。
今年は、「コロナ禍」で休校や新規募集延期したこともあり「密」な内容(教室内スペース空き確保)で進めていくことが可能でした。

 日々ストレスを浴び「苦悩」と戦っていくには「メンタルタフネス」が必要
 基本的には、欲求ではなく「感謝」の気持ち・・・

 「生かされている」ことに感謝できるようになったのは50歳を過ぎ
母親他界やがん克服などがあったから。

 先日の地震や異常気象災害時も含めて今後も何が待ち受けているかはわからない。
 だからこそ、「悩み」を解消するため「心」で呼吸し「幸せ」をイメージする。

 「瞑想」・・・剣道していたので「黙想」で「邪気」を排除し過ごしていく。

 60歳になってから「若返った」(笑)のも、アンチエイジングよりは、
「自己改革」が新たなことにチャレンジし活性化しているからだと思われます。

 今後も「必要とされている」ことに感謝し、答えていけるように努力していきます。

 今年は、コロナ禍で一番考えさせられたのは・・・
 在宅での時間の使い方
 家庭学習の基本(冬休み含めて)
 24時間いかに効率よくできるか?
 環境・場所がどうしても自宅だとダラダラしてしまうのは、大人も含まれていませんか?

 在宅勤務・・・自宅を事務所にする

 そのことは、金沢開校以来「けじめ」をつけなければならないことでした。
自宅が教室であれば通勤時間不要ですが、逆に生活場所との区別や服装等での切り替えが必要でした。
 オンラインが可能になって、上半身しか映らないこともあって堅苦しいスーツよりも伸縮自在のセットアップやセーターが主流になりました。
 そこで、服装リラックスしてもオン・オフ切り替えるのは?

 仕事(学習)場所の確保
  コロナ禍前は、図書館・自習室も含めて自宅外での環境設定で解決できたが
自宅となると「誘惑物」ありすぎて・・・楽すぎて・・・
 効率悪くって・・・
それでは、通勤往復の時間や労力、感染防止等の意味がなくなります。
 だから、今後はますます「自己管理能力」優先の時代になっていきます。

 先日から進学塾TMCのホームページ改訂はじめており、まもなく完成します。
  パソコンサイズだけではなくタブレットや携帯電話に対応できるように
また、セキュリティ(商品売買の予定はありませんが)強化等していきます。

 学習の基本は変わっていません。
@ 時短・・・常に時間効率化意識
時間を測る・答え合わせはバツだけつけ点数をはっきりする・やり直し時
理解・知識不足と性格的ミスを分類して自分を理解する
学校は提出義務優先ですが、塾は理解力優先(チェック機能毎週)
A ネット駆使・・・必要な情報を書籍・ネット(特に海外)で検索
B 目標設定と逆算・・・各種検定試験や受験の日時から学習内容ペース逆算
C 教科指導・・・コーチング形式へ(個々の理解度で使用ツール設定)
中学生・小学生高学年以上は動画による自宅学習導入済み
D 学校との両立
塾での学習は、入試逆算優先なので補完型ではない
しかし、連絡進学(推薦・AO)のためには学校での定期テスト等での結果を出さなければならないので個々の目標設定にしている。(SIB授業)
E 幼児クラス
コロナが落ち着くまではいくら野外活動であっても(協働作業)が伴うので県外のようにペーパーテスト対策必要な受験生のみ受け入れ。
「行動観察」主流の金沢大学附属小学校入試対策は、「しつけ面」過去のブログで公開しているので参考にしてください。
現年中生(来年受験予定)は募集していません。

今年の年末・年始は、親戚等「3密」避けながら新たな「絆」深めていけるよう行動していきましょう!

 http://taka-mc.com/




posted by 高橋博史 at 23:18| 石川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする