2020年06月05日

アフターコロナで見えてきたこと

6月1日より石川県では学校再開と同時にそれぞれの管轄の違いからまだまだ正常化は先になります。

オンライン授業から通塾再開も始めました。

そこで、小学塾生に休校中の感想や日頃より何ができたか?聞いてみました。

 その前に「学校に行きたいか?」が分かる内容があります。
保護者にとっては「無症状感染者」になる可能性があるので今なお慎重派になっていますが、親子関係もはっきりしてきたのではないでしょうか?

 例えば、日頃あまり親と過ごせていないから在宅勤務によってよかったとなるか?反対に仕事がはかどらずイライラするか?

 学校がない時間の管理が大変・・・子供の年齢が低く人数が多ければ
預けられず、どこにも行けず・・・
子供側からすれば・・・家から出られない、友達と会えないが最大の苦痛

 学習面においては・・・
オンラインでマンツーマンだから日頃よりアクティブになっていた
逆にじっとしているのが苦痛

 中学生・高校生は動画による学習計画とオンラインチェック&アドバイスで結構進みました。

 小学生が通塾しないとできないことは、やはり環境ですね。

例えば、2時間授業メニューを宿題として指示した場合
時間管理を自分ではなかなかできませんね。(指示のみ)
オンラインであれば時間内はしていますね。
逆にピンポイント指導になるので時短になりますね。
 
 保護者にとっては
 預けておけるのでその時間が別のことに使える
家庭学習の管理から解放される(宿題は別)

 学校での学習内容が遅れているので、「先取学習済」の塾生はある意味安心しています。

 ただ、受験に対しては「配慮」という名の不透明な範囲に「共通テスト」も予定内容よりは不十分、中学・高校入試も受験校によって実質内容はばらばらになりますね。

 スーパーシティや「Society 5.0」の実現に向けた動きが停止しているわけではないので、コロナ第2・3波対策しながら進んでいかなければなりません。

 夏休みは半分くらい削減される予定なので、実質夏期講習も例年通りというわけにはいきません。

 各種検定試験は予定通り実施していきますが、本会場については現在も延期等発生しています。模試等も自宅や塾内となっているので「本番に近い体験」は
秋以降になりそうです。

 オンライン活用して非接触個人懇談や個別指導を夏期期間に織り交ぜていく予定です。

 まずは、日常生活を少しずつ取り戻していきましょう!

 http://taka-mc.com/





posted by 高橋博史 at 23:44| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする