2020年05月27日

ニュースタンダード格差明確になっていきます

非常事態宣言解除され、「自粛ムード」から少し解放されてヘアーカット2か月半ぶりに行きました。

 店長の話では、ヘアーカラーする女性の自粛が多くみられ、前髪だけのカットでさえ職業や役職に応じて「自粛」されているようです。
  つまり、「世間体」が気になる・・・

 「なりふり構わず」という言葉や「死に物狂いで」は死語なのでしょうか?

 コロナショックの影響について
「自宅学習」習慣があるかどうか?
時間の使い方に「創意工夫」できているか?

 学校生活の核がなくなりある意味では「自由」

「させられる」がなくなると「しなくてもいい」になっていませんか?
 4・5月度の差
元々学校に行っていない生徒は感染率も少なく、自己管理も進んでいました。
本人談では、アルバイト休みたかったけれども人材不足で「解雇」どころか
勤務日を増やさないようにするのがやっとだったようです。

 テレワーク同様に「時間効率化」推進
保護者の前では「勉強している姿」見せておかないといけない
上司の前では「仕事している姿」見せておかないといけない
つまり、勉強(勤務)時間が決まっているのでその間どう過ごすか?

 逆に、「質問事項」のみで学校の時間がない分2か月先まで進んでいる生徒もいます。・・・「成果主義」

 テレワークによって「時間数」よりも「成果」がますます重視されています。
通学(通勤)時間不要で感染リスクも少ない

 塾生に置き換えれば、この2か月で「何を学んだか?」

 塾としては、今回のオンライン授業について「第2波」が来たとしても
対応できるツールを用意してあります。
 通塾が当たり前ではなく「在宅指導」併用も可能となりました。
元々、金沢へ転勤で来ておりその後関東・関西圏へ戻っていく塾生フォローをしてきたので私にとって戸惑いはありませんでした。

 むしろ、「集団授業」でない分「飛沫心配」「答えられなかったら格好悪い」などがなく「1対1」でのやりとりは有効であったともいえます。

 さて、塾生たちは休校期間に対してどのような感想を持っているのでしょうか? 早速確認していきます。

 http://taka-mc.com/




posted by 高橋博史 at 13:21| 石川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする