2019年09月30日

ITリテラシー必修化重要

2019年も残り3か月
10月1日より消費税率10%いよいよカウントダウン

進学塾TMCでは、9月23日〜27日まで秋期休暇
今年度は「学校・教育総合展3日間参加」

今まで曜日や会場の関係でなかなか参加できなかったので、今回は「令和時代」の教育現場に必要な情報を入手すると同時に塾現場で即導入していかなければならないものは何なのか?セミナー講師と意見交換させていただきました。

 さて、昨日に続いてセミナー受講した中でぜひこのことを知っていなければならないことをピックアップしていきます。

今回は「デジタルハリウッド大学大学院」佐藤昌宏教授のセミナー内容

 「EdTech」の第一人者である佐藤氏の内容は・・・
EdTechが生まれたのは09〜10年にはWi―Fiやスマートフォンが普及して手のひらにテクノロジーが降りてきた頃。eラーニングの延長で、インターネットとパソコンさえあれば場所や時間にしばられずに教育を受けられるようになりました。

 米国では教員向けのクラウドファンディングサービスが進んでいます。60億円以上の効果を上げており、地域で子供の成長を支える仕組みになりつつあります。
 EdTechが最も盛んな国・地域中国。15年にはEdTech投資額で米国を抜きました。国土が広いがゆえにEC(電子商取引)サイトで買い物をする習慣が根付いていて、アプリを駆使して仕事をしている。
 そしてネットの恐ろしさもよく知っている。ネット上で評価が下がれば買い物も仕事もできなくなる。必然的にITリテラシーが上がりました。ブロックチェーンを活用した成績管理の整備も進んでいます。

 一方、日本についての危機感はITリテラシーの低さです。
ITリテラシーとは、簡単に言えば通信・ネットワーク・セキュリティなど、ITにひも付く要素を理解する能力、操作する能力という意味です。

スマホでデジタルコミュニケーションに触れる前に、テクノロジー設計の歴史や思想を知り、理念を理解する必要がある。そうでなければテクノロジーの背景やポテンシャルも知らず、ネットの渦へ巻き込まれることになる。とても危険なことです。

 事実、将来の夢がユーチューバーなんて言い出していますね。

日本では学習意欲や能力がバラバラな人が集まって均一な教育を受けるという現実があります。情操や社会性の育成には意味があるが、一人一人の課題に向き合うのは難しい。

 ITやICTの普及によって「教える」ことよりも「コーチング」「ファシリテーション」に移行しなければなりません。

 「やらせる」→「やらされる」の主体性のない単純労働は機械化によってなくなっていきます。

 グローバル化が進んだ現代では、様々な価値観を持つ人同士が協働していかなければなりません。ファシリテーションとは、複数の人が集まって行う活動がスムーズに、かつ効率よく進められるようにサポートすることです。

 なぜ、進学塾TMC小学生授業は集団がメインなのか?

 まさしく、様々な能力を持つ人同士が協働しながらも、情操や社会性の育成だけではなく
ITスキルとITリテラシーを身に着けることによって中学生以上はの自己の課題に向き合い解決する方法を「コーチング」していくことを主としています。

 現に、高校生授業では全員志望大学学部が違う中で個々の弱点抽出からはじまり、社会の実情から「稼げるスキルとは?」副業に至るまで学校の授業では入手できない内容を盛り込んでいます。

 「学び続けられる人が重宝される」現在、Googleなど学歴を考慮せず採用している会社があります。学歴よりも、いかにずっと学び続けられるか、そのことの方が重要だという考えです。

 "Learning is Earning2026"という運動。

https://www.youtube.com/watch?v=DcP78cLPGtEを参考にしてください。

Bitcoinで用いられているBlockchainを教育に活かすことができないか?個人の学習履歴を紐づけて、例えば大学で単位を取得した科目については他の人に教えることができ、少額でもお金を得るということができないか。それができれば、学んだことがそのまま稼ぐことに繋がると認識しやすいのではないか。

 グローバルで進化する象徴的なEdTechとしては、無料で大学のオンライン講義を受講できる「MOOCs」(Massive Open Online Courses)
 Moocsを利用した学びがこれからはより大切になるとの話がありました。ゲームデザイナーであり、FuturistであるJane Macgonigalさんは、働くことと学ぶことは分けられず、また学ぶことと稼ぐことは一体であると説いていました。CEOが現在のポジションを維持したかったら、毎週5〜10時間のオンライン学習が必要になるとの調査もあるとのこと。
https://jp.linkedin.com/learning/参照

 「自由に学びが手に入る状態」とは、オープンな学習環境が、個々人に適した形で提供されることだ。「将来的に盛り上がる可能性を秘めているのは、個々の学習者に最適な学習環境を提供するイノベーションです」(佐藤教授)。こうしたEdTechの新しい潮流は、「世界の公教育とビジネス界」の2領域において、それぞれに発展を遂げているという。

 つまり、塾の在り方は学校で成績を取るための補完中心ではなく「自己肯定」からスタートし「主体性」を引き出しながら社会人になっても学び続ける姿勢を身に着けることが「自立支援」へとつながります。

 http://taka-mc.com/

 


posted by 高橋博史 at 00:30| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月29日

STEM教育の重要性

2019年も残り3か月
10月1日より消費税率10%
駆け込み購入しましたか?

進学塾TMCでは、9月23日〜27日まで秋期休暇
今年度は「学校・教育総合展3日間参加」

今まで曜日や会場の関係でなかなか参加できなかったので、今回は「令和時代」の教育現場に必要な情報を入手すると同時に塾現場で即導入していかなければならないものは何なのか?セミナー講師と意見交換させていただきました。

 さて、タイトルの「STEM教育」・・・現在高校3年生なら知っているでしょうか?
残念ながら学校の授業で話題にもされておらず知りませんでした。

 大学入試現状で高校3年生にとって必要なことは現行のセンター試験ラストチャンス

 しかし、「就職氷河期世代」「ロストジェネレーション」と時代によって就職難であったり
大企業に就職してもリストラ等で「予測不可能な時代」の現在何を身に着けていくべきなのか?
 
 OECD加盟国の学習到達調査(PISA)において下位からの脱却を目指したアメリカオバマ大統領の一般教書演説等で優先課題として取り上げ「研究開発によるイノベーションの投資、そして合衆国の競争力改善のための法律(COMRETES法)、2007年が始まりです。

 日本でもSTEMはScience(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)のそれぞれの単語の頭文字をとったものでスーパーサイエンスハイスクール(SSH)や国際科学技術コンテスト、科学の甲子園、グローバルサイエンスキャンパス(GSC)、次世代科学者育成プログラム、中高生の科学研究実践活動推進プログラムなどの取り組みも行っています。

 また、「情報化」に対応したプログラミング教育が2020年度より小学校で導入され教育現場ではICT活用が進行中ですね。

しかし、英語試験において「4技能対策」のために・・・
   プログラミング対策のために・・・
「危機感」をあおって「売れるものつくり」は企業としては正解ですが、次世代には「何が必要なのか?」
 
http://www.nier.go.jp/kokusai/pisa/pdf/2015/01_point.pdf

 この資料を見て・・・情報通信技術(ICT)を切り離すことができない現代社会にあって生徒の知識や技能 を活用する能力を測るため、また、よりインタラクティブで多様な文脈の問題を提示 するため、コンピュータ使用型調査に移行された。
 科学的リテラシーのみ、シミュレーションが含まれた新規問題を出題し、生徒の能力 を測定している。

 結果は・・・各分野の上位8か国・地域における習熟度レベル別の生徒の割合で「読解力」最下位
 特にコンピュータ使用型調査に対応できていない教育現場(クラウド等の理解ができていない)も多かったことが挙げられています。
英語試験において「4技能対策」のために・・・はコンピュータ使用型対策をしなければなりません。

 現在英検3級以上では、1次2次試験に分かれて2次はマンツーマンで面接試験のような形式です。
 アチチュード評価3点あるので、会場での応対や挨拶等の練習をすれば3点確保できます。また、質問が聞き取れなくても聞き返すことが可能

 しかし、現高校2年生からは「一日型」で人間相手ではなくインターネット経由テスト
IBTに移行していくので「態度」よりも聞き逃さないでキーボード入力をすることや
マイクを通して正確な英語発音できることが主流になっていきます。

 日本で遅れているのはSTEMの中でE(エンジニアリング)は大学就学前教育で必要なのが、実際は小中高でほとんど実施されてはいない。

 そこで、2022年度以降大学入試に「情報」科目を科すことで指導を徹底化

 現大学生たちが携帯電話で「フリック入力」を推進しているが、文部科学省情報教育・外国語教育課課長高谷氏は完全否定・・・キーボード入力必修

 しかるに、進学塾TMCで幼児期よりパソコン操作に慣れさせ授業時にはICTを使用
「第一回教育ITソルーション」で便利と称された「電子黒板」を早期導入しすでに10年以上経過しています。

 残念ながら、久しぶりのセミナー参加で新しいことを知ったというよりは次世代が学校現場では導入が遅すぎて理解していないことや習得しなければならないことの再確認が中心になりました。

 セミナー講師の方々の情報発信(インプット型からアウトプット型への移行)のページ紹介していきますので参考にしてください。
 今回は・・・東京学芸大学大学院教授 大谷博士研究発表
  https://www.j-stem.jp/wp/wp-content/uploads/2019/09/A01.pdf

 ビッグデータの活用方法など具体化して紹介していきますので引き続きブログお読みください。
 
 http://taka-mc.com/

 


posted by 高橋博史 at 16:10| 石川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする