2019年03月12日

2019年度大学入試動向から来年度へ

国立大学合格発表が終了し、高校3年生塾生は今月末にはそれぞれ大学所在地(今年は東京都・大阪府)へ移転していきます。

 河合塾のデータ参考にまとめてみました。

@ 文高理低に歯止めがかかる
文系は「文・人文」「法・政治」系が増加している一方、昨年人気系統だった「経済・経営・商」学系は前年比96%と減少しました。また、文系では既卒生の志望者が大幅に増えていることも今年度の特徴です。
理系では、「理」「工」「農」学系は前年並みですが、「医」「薬」などの医療系で減少しています。詳細を見ると、「理」学系は「化学」分野で、「工」学系は「電気電子・通信情報」で志望者が増えています。情報系は「総合・環境・情報・人間」の「情報」分野でも志望者が増加しており、人気となっています。

➁ 難関国立10大(東大・京大・北大・東北大・名大・阪大・九大・東工大・一橋大・神大)の動向
  前年比100として増加が多かったのを見ると
  北大(全体)106・・・文学部122
  東北大(全体)93・・・教育115
  東大(全体)98・・・医学部106
  東工大(全体)97・・・理101
  一橋大(全体)95・・・法109
 名大(全体)100・・・法120
 京大(全体)97・・・理110
 阪大(全体)99・・・法111
 神大(全体)103・・・経済128
 九大(全体)101・・・医学部125
 以上の数字だけを比較すると大学による(受験教科等)それぞれの事情が見えてきますね。


B 文系、理系とも8割以上得点者が増加
  多くの国公立大で必要となる7科目の受験者平均点は、文系型で昨年から17.4点アップの581.1点(900点満点)、理系型で12.3点アップの583.6点(900点満点)と、どちらも大幅にアップしました。

 現2年塾生はいよいよ最後のセンター試験となるためにこの春期講習も2科目の社会・理科の確定と東京大学・医学部志望生にはすでに専用の学習を始めていきます。
 今年の金沢大学附属2年生地理選択者は「センター試験対策は自分ですること」と言い切られており
既に配布された高3シラバスを参考にすると「倫理・政経」「地理B」は学校での授業では間に合わないことが、はっきりしています。
 毎年、各高校の主要教材のチェックとシラバスによる志望大学との差異を明確にして不足部分を補完していく方法を継続しています。
 センター試験高得点逃げ切り(難関10大学未満)大学志望生はいないので、春期講習でセンター8割ライン確保と並行して文系英・国・数理系英・数・理2次試験問題の対策をスタートします。

 既にセンター試験まで10か月となっており各高校の春休みの課題を活用しながら「時間効率化」と「定着率」および各大学の2次試験傾向に沿った学習をしていきます。

 難関国私立中学入試合格後中高一貫校でのメンバーと同じ土俵で戦えるようにするには、高校入学前にどれだけ「意識改革」できるかと「稼げる自立支援」の徹底ですね。

 進学塾TMC http://taka-mc.com
posted by 高橋博史 at 15:16| 石川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

キラキラネームは就職に不利?

新年度へ向けて、前塾生名簿から2019年度塾生名簿への整理をしていて、女子の名前に「子」がついている塾生が減少していることが気になりました。

 私の場合は、名字との画数(運勢)バランスで専門家による命名されていますので、親が離婚したおかげで名字が変わり正式文書でない限りは画数を変えた方がよいと言われてきました。

 同様に息子たちは名字との画数(運勢)バランスで私が命名しているので、
運勢責任は私にあると思っています。

 男子の場合、父親等の1字が共通点であるなと感じますが、タイトルにあるように「キラキラネーム」「DQNネーム」全盛期とも言われる現代においても、いわゆるお受験をして通わせる幼稚園から大学までが一貫となっている学校や有名小学校には、キラキラネームの子どもはほとんどいないのが現状です。

 暴走族名に多い方式「暴走万葉仮名」ともいわれているようです。

 歌人の俵万智(たわら・まち)さんが、自らの出産・育児経験を元に詠まれた
 「読みやすく覚えやすくて感じよく平凡すぎず非凡すぎぬ名」

 その点、「高橋」は日本で5位以内「ひろし」も当時は1位の組み合わせなので「平凡」すぎるほうに入ります。電話帳見たときに自分の名前の多さにびっくりしたことを覚えています。

 話は、就活に戻って・・・
 上層部の人たちの常識は、どちらかというとお祖父ちゃんお祖母ちゃん世代の常識と近く、お祖父ちゃんやお祖母ちゃんが「ちょっと変だな」「これはどう読む名前なの?」と感じてしまうような名前は、やはり不利と言わざるを得ないのです。

 https://www.sannichi.co.jp/article/2019/03/09/00332038の記事参照

やはり、親の責任は重いですね。

進学塾TMC http://taka-mc.com
posted by 高橋博史 at 22:43| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月08日

8年間ありがとう!

県内公立高校受験自己採点点数が送られてきており、こちらが提示した点数をクリアしているので
来週の結果を待つ間・・・新高校1年生の課題を指示・・・春期講習へとつながっていく

 今年の県内中学3年生は例年通りの流れ 第一回統一テスト→中学3年生2学期までの成績
私立高校合格コース→公立高校受験(自己採点)→合格
 漢字・英語・数学検定試験合格級の確保も含めてかなり苦戦した。

 目的意識と各ハードル越えを積み上げていくためのアドバイスだけでは足りないで、週1回規定時間の中
やり切る習慣がなかなか身についていないからである。

 1週間の時間の使い方と優先順位の組み替え方(高校の授業との両立)

 このことは、社会人になってから(現在の私自身)も常に関係があり自分自身のことだけではなく、会社・家族等対象になる人数や項目が増えればなおさらのことですね。

例年通り
 高校3年塾生が県外へ今年も巣立っていきます。小学5年生からの通塾+兄も含めると10年以上の生徒もおります。

 兄弟姉妹3人目が現在1歳から2歳のご予約頂戴し・・・
そういえば、保護者自身生まれたのが・・・私が30代になるころ・・・
現小学5年生女子塾生も20年後は母親?

 小学5年生からの8年間は「自立支援」がメインテーマ
 年中からの8年間は「子育て支援」がメインテーマ
 同じ8年間でも中身は違っていますね。
 ただ、ご家族とともに10年以上子育て参加させていただけるのは公的機関や大手塾ではなかなかできないことであり「感謝」の言葉では言い尽くせないことです。

 12年保証(大学入試まで現役続行)が小学1年生に始まりますが、同時にその先にご縁があれば
3年〜5年後に入塾後12年後は?現在の塾生が親として登場する可能性が高い

 さすがに、「おっさん」ではなく「じいじ」になっているが現役できるところまでさせていただきたい。

 進学塾TMC http://taka-mc.com
posted by 高橋博史 at 14:17| 石川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

消しバト?

小学生の間で流行しているらしい・・・

このことを知るきっかけは塾生が筆箱を落とした時にちぎった消しゴムが散らかり「なぜ?こんなものを・・・」から始まったことであった。

 昭和世代は「べったん」「ビー玉」による勝てば総取りルールでしていたことを小学校ではできないので
僕らは消しゴムではなく一升瓶のふたのコルクを外して指ではじき枠内(机の淵)から落とせば勝!というルールでしたいたこととほぼ同じですね。

 勝利するための工夫は・・・ふたの中に何を詰めれば・・・ここに創意工夫があったことを覚えています。

 ほかの学年(附属小学校でも一部黙認されているようです)にも確認したところ、学年男女問わずしているようなので・・・
 検索(便利な世の中になった)してみると・・・なんとまあ「野球盤世代」の時と同じノック式のペンのバネ力の利用(しかし、バネの強化の方ではない)でのルール

 ここからが現代風なのか・・・消しゴムの武装は自由かつ大きさも自由・・・
「消しピン」ともいわれているようで、「でこぴん」がわかる世代ははじき方わかりますね・・・
 なんとユーチューブで回転させて相手の消しゴムを落とす技が紹介されていましたが、

片手でペンを回す(ポトンと何回も落としながらバランス感覚を身に着けていくクセ?)
これができると「東京大学合格!」と迷惑なことが流行した。「ハンドスピナー」と指の上で回転させるものが売り出されましたね。

 教室内の限られたスペースで休憩時間にできることは結局「昭和世代」と変わらないのかもしれないが、
ネット検索や技の紹介を発信できるようになったことは「今世代」の特徴かもしれない。

 息子(娘)と親父がバトルしてみるのもコミュニケーション場としていいかも・・・

 進学塾TMC http://taka-mc.com
posted by 高橋博史 at 23:34| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市販・塾用ドリルではすでに対応できない・・・

大学入試改革が関東中心に進んでいるだけではなく、中学入試問題においても
「知識+経験値」の総動員による考察ができるか?理科の問題の中身見てこれでは現在の学校準拠ワークや塾用教材では対応できないことが判明!

関西トップレベル男子灘中学
 イタチの仲間の「オコジョ」・・・問題文からの考察力
 2台のカメラを左右に並べて、遠近法による「立体視」の問題・・・
関東トップレベル男子開成中学
 家庭の冷蔵庫で作った氷はなぜ透明にはならないか?
関東御三家男子麻布中学
 おいしいコーヒーの淹れ方・・・エスプレッソ図示
関東御三家男子武蔵中学
 潮の干満と浅瀬の生き物・・・潮干狩り体験が必要!
関東トップレベル女子桜蔭中学
 砂糖をティーバッグに入れて水に溶ける様子・・・やってなければイメージできない!
関東御三家女子 女子学院中学
 資源ごみ(ペットボトル)リサイクルしやすくするためのきまり(予想)
 大気が不安定な状態って?
関東御三家女子雙葉中学
 15年ぶりに地球に接近した天体名・・・日頃からニュース見てますか?
 アウトドアの流行りから登山時の注意点・・・過去の事故にまつわる話

 代表的なものをピックアップしてみましたが、問題集の選定で解決できませんね。過去問題集にも載っていませんね。
 
 答えがない・・・自分で推察する力が要求されています。
何度も繰り返しますが、「身の回りにあるもの」が教材でありそれらをいかに
現象をとらえて興味を深めていくかが既に要求されているのです。

 新課程は2020年度からなんてのんびりしていては関東中心とした難関中学に遅れていきますよ!・・・大学入試までの期間にもっと差がつくことを理解して今年度からなぜ「ドリル優先ではない!」を力説しているかを理解してくださいね。

 今週で2018年度授業終了です。

 進学塾TMC http://taka-mc.com

posted by 高橋博史 at 02:11| 石川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする