2018年08月06日

女子一人でも平気さ!

夏期講習期間がスタートし、すでに3週目に突入。今年は「酷暑」ゆえに午前中は自宅、午後は涼しく塾で学習、夜の時間自宅または塾で学習。
これら3つのコアの使い分け方が受験学年とその他学年との違い。

しかし、学校行事等で振替なければならない場合もあり当塾生の男女比率が中学生・高校生は男子全員ということもあり外部も含めて女子が入塾しにくい。

 新規の場合どんな塾かの体験前に「中学生以上は全員男子」ということで諦めることも少なくありません。

 この夏縁あって来塾した高校3年生男子生徒が、志望大学過去問題を解いてみて撃沈
「自信喪失」でどうやって前に進めばよいかわからなくなってしまった。

 現在、結婚している男女の年齢差は統計的にわからないが自分の体験から5〜7歳年下である。高校3年生から見れば小学校5年生になるわけです。

 年中さんから小学校入試を体験し検定にも合格しながら「自己自信」を身に着けているので「私も含めて全員男子」の教室にも単身乗り込んでいけるマインド!

 今までは学力重視=高学歴=難関大学合格でしたが、その先に就職・結婚・子育てとまだまだ人生は長いので「成功事例の体験談」ばかりが先行して、「失敗克服談」があまり目にしませんね。

 「壁」にぶち当たった時に乗り越えられた体験が男子生徒のほうが少なくなってきています。母親の過保護による弊害もあり得ますが「自立支援塾」としては、小学生女子のほうが頼もしく見えます。

 「情けないぞ!男子」とスポコン世代の私は檄を飛ばしてしまいますが、涙を流して奮起できるのはやはり女子のほうが多いのが現実です。

 「失敗から学び」「安全策ばかり考えずにチャレンジできる」男子塾生を育てていくために「強い年下女子」を見せながら「男らしさ」の原点をマインドセットとして注入している夏期講習になっています。

 来週は夏期休暇(お盆休み)となります。今週どこまでやり遂げたか?
各自振り返りを休み明けに提出してもらいます。

 進学塾TMC http://taka-mc.com
posted by 高橋博史 at 17:08| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする