2018年06月11日

「朝鮮戦争」知らない世代が「米朝首脳会談」の重要性はわからない!

そもそも「朝鮮戦争」の原因は、 第二次世界大戦後まで遡ります。

第二次世界大戦時には日本の支配下にあった朝鮮半島をソ連が、戦争が終わらないうちに朝鮮半島を侵攻してきました。それに対してアメリカは、北緯38度線で朝鮮半島を分割する案を ソ連に提示し、1948.8に大韓民国、1948.9に朝鮮民主主義共和国がそれぞれ独立
韓国、南部だけの単独選挙。李承晩当選。北朝鮮はソ連に亡命していた金日成が、戦後帰国する前にスターリンから38度以北の指導者として認定されていました。

 しかし、金正日(キムイルソン)が朝鮮半島統一を考えて1950.6.25 ソ連の武器供与を受けていた北朝鮮側が宣戦布告なしに韓国側に砲撃を開始した事に始まります。

 当初は、北朝鮮優勢であったのですが、その後、アメリカ・国連韓国軍の力により韓国が逆転。北朝鮮はアメリカと全面戦争をすることを避けるためソ連スターリンに断られ、同様中国も正規軍ではなく中国人民解放軍を「義勇軍(中華人民の自発的な参加者)」として参加させました。結局朝鮮戦争は、韓国と北朝鮮だけはなく、
アメリカやソ連の代理戦争であり、1953年に入ってアメリカの大統領がアイゼンハワー大統領に変わり、ソ連のスターリンが死去すると38度線近辺の板門店で北朝鮮、中国軍と国連軍の間で休戦協定が結ばれ3年間続いた「朝鮮戦争」は休戦となりました。

 「米朝首脳会談=終戦?」を中国・ロシアはどのように解釈するのでしょうか?また、日本はどこに位置づけされるのでしょうか?

 進学塾TMC http://taka-mc.com





posted by 高橋博史 at 18:16| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

「高校合格」のためではなく高校(その先)で何をしたいのか?

2020年度の大学入試改革へ向けての具体的な変更点は何でしょうか?

ペーパーテストではなくなる?
答えは何通りもある?
暗記ではなく創造的な内容?

情報は誰のためにあるのでしょうか?「塾業界は少子化対策のために何をするべきか?」をそのまま保護者説明会で話すのですか?

進学塾TMCでは昨年より高校生・大学生・保護者の希望者には「暗号通貨」についてのアドバイスをしていますが「投機目的」がメインではありません。

 「速く・正確に!」は処理能力だけではなく、多数の情報にも適応できるか?
中学生になれば「高校入試合格」のために定期テスト対策をしっかりと時間をかけてしているようでは、高校生になってから学校と塾・クラブ活動その他の時間配分が限られてしまいます。

 24時間をどうすれば効果(結果)の出る時間配分ができるか?
 先週、小学塾生に塾の宿題に必要な時間を確認したところ週5日合計は5時間から12時間が一番多い意見でした。
 計算・漢字・英・数・国・算・理・社を各1時間とすれば8時間ですね。

 しかし、ページ数や冊数を増やすと単に問題を解いて答え合わせをしただけになり
「定着」には至りません。小学校の宿題量がかなり少ないので何とかなりますが、それでも塾の前日にやり始めていては小学校低学年でも何かは残ってしまいますね。

 スケジュール管理してあげなければできないところからスタートしてもその先には「自主勉強」ができるようにならなければ「やらされている宿題」「提出のための宿題」になります。

 例えば、漢字検定試験の逆算では約3か月間かけて1冊の新出漢字を学習していきますが、音訓・筆順・熟語等どの程度暗記できているのかを先週確認しました。

 合格点まで50点以上の差がある生徒からすでに10点差ぐらいまでになっている差は、「定着」と学習方法と「漢字の書き方」にあります。

先日の英語検定当日になって「郵便番号・電話番号・住所等」がわからないという大変なことが起きていました。準会場なので対応できることであり、公開会場であれば「未記入」不合格となりえる話ですね。

 いくら検定試験内容の練習をしていても「検定試験」に必要な記入項目を常にかけなければなりません。マークシート形式の場合鉛筆の濃さや訂正することを考えればシャープペンシルよりも鉛筆のほうが効率的だからこそ大学入試センター試験では鉛筆使用と決まっていますね。

 「試験慣れ」にはメンタル面も必要ですが、その前に何のために検定試験を受検しているのか?

 「競争試験」ではなく一定の得点を取れれば「合格」できるので「自信」をつけてもらうためでもあります。

 5月より自己分析シート記入
「自分の弱点」「克服できたこと」「父親の存在意義となりたい父親像」など突然タイトルを伝えて書かせていますが、時間内にそれなりの内容を書いていました。

 夏期講習の案内を配布開始しますが、今年は初めて夏期講習を小学生には実施しません。
「平常授業のみ」で中身の検討をしながら来年度への課題を明確にしていきます。

 中学・高校生は「平常通り」「プラスアルファ」の2通りから選択してもらいます。

 あくまでも「自己管理」優先で社員のボーナス支払いのためや時間数だけ長くするといった「ダラダラ型」は決してしません。

 旧体質の総時間数を優先することは「時間効率化」に逆行するだけではなく夏休みを学習面だけで拘束するのは今からの時代には合わなくなっていきます。

 英検の英作・2次面接試験は「Yes,No」または「賛成・反対」をはっきりさせて理由も述べなければなりません。短時間での処理能力が単なる暗記内容の確認から未知なるものへの対応や表現力中心になっているのにテキスト演習を長時間しているだけでは今後の対策ができていません。
 県内では「高校選択」があまりにも限られていて塾生の現状も「附属生とその他」になってきています。ただ、公立小学校と同じカラー版の単元テストになったので「対比」はしやすくはなりましたが、ますます県外(特に関東圏)入試対策クラスとの内容の差ははっきりしてきています。

 だから、小学生の間に毎日2時間程度の学習習慣があり「時間効率化」を進めることができれば中学生になっても慌てる必要はありませんし、小学生の間に英数理社国も中学2年生程度までは学習していますので安心して進学してください。

 さて、小学生の夏休み「陶芸」「実験」「プレゼン」「プログラミング」全部やっちゃうよ!

 進学塾TMC http://taka-mc.com






posted by 高橋博史 at 23:52| 石川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする