2017年02月24日

いざ、出陣じゃ!

先週末はインフルエンザにかかり、タミフル投与が遅れたために回復が少々遅れ今週も回復中です。

 期せずして約1週間食事をしなかったおかげで体重は標準に戻り体脂肪も問題ない数字です。ただ、体力がないのと「食欲」がないのは早い目に回復したいものです。

 さて、昨日高校3年生たちが国立前期試験前最終日でした。まだ、「合格」の握手はできていませんし、来週も念のため「後期試験3月12日」にむけての準備はありますが、
小学生からの8年以上にわたる付き合いが感じられる日でした。

 同時に新高校1年生(附属合格生)が大学入試まで早くものこり3年間になり、決起する意味で「オリエンテーション」後春期講習までのスケジュールをスタートしました。

 どの学年にも通じることですが、「合格」すればOKではなく「定着」させていかなければ「2度手間」になることが多いです。

 検定も同様で「合格」すれば次の級へ進んではいますが、せっかく勉強した(合格した)知識をいかせていないのでは残念です。

 「反復」と「定着」「理解」と「使いこなし」の関係を大切にするための授業構成を各学年内容に応じて実施していきます。

 本日、単純ですが「正解」入力を何回継続できるかの「計算集中力」トレーニングを開始し、いきなり100回以上を達成しました。パソコンは無情なので入力ミスは許されませんね。間違ってもまたやりなおして「記録更新」できるマインド素晴らしいです。

  進学塾TMC http//taka-mc.com
posted by 高橋博史 at 21:52| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

「こんなに残業しています。だから、認めてください」

「こんなに残業しています。だから、認めてください」
――あなたの心の片隅にも、こんな考えがありませんか?
働く環境において特殊な状況にある日本。
有給休暇はあまりとらず、残業も多い。
しかし、「仕事に対して非常に高い熱意を感じている日本人はわずか九%」という調査結果がある。
つまり、日本人の九割はやる気が無いのだ。

上記の文章は「見せかけの勤勉」の正体という本からの引用であるが、
塾業界は「ブラック企業」と自分で言い切る状態でした。
月間勤務時間は300時間越え当たり前、月1〜2日の休み
朝7時から会議で授業後深夜まで会議・・・役職付き(取締役)には残業手当はなくいわゆるサービス残業ですね。
「教育」という文字の下では「こんなに頑張っているのだから・・・」と自己暗示と言い訳で入院するまで
その生活をしていた時期がありました。

時間効率をいくらしてもせいぜい「時短」のために帰宅しないで車中泊かカプセルホテルに泊まることぐらいで
ストレス発散は夜中の「ドカ食い」か「飲む」バイク・車でカットブ・・・不健康ですよね!

私が(心も)不健康であれば周りにも何かしら影響を与えます。

では、優良企業らしい高層ビルの本社勤務で「フレックスタイム制」であれば年間休日も充実していてリラックスできたのか?

ただ単に休みが増えても懐が寂しくなるだけでなくゴロゴロしていたくなる時もありました。

自分で自分を回せていないからですね。目標も会社からの要求に答えるためだけなので理不尽さや納得できないことに対して
「辞職」覚悟で上司に物申すしかないこともありました。

 なぜ、長時間型授業(演習)を否定するのかは、運動部の練習方法やオリンピックに出場する練習と中学から高校入試するのとはまったく違うからです。
5科目のテスト点数を450点取れば学校の成績は5科目のテスト点数の評価のみアップはするでしょう。

 しかし、技能教科・授業中の態度・提出物・クラブ活動等総合的な評価で内申点が決まるとすれば・・・「暗記型」「思考型」だけでなく
「独創型」になっていくためには日々の過ごし方から工夫していかなければならないことがあります。

 そのほとんどは、「体験型」から体得できることが多いのが「学生時代」ではないでしょうか?「失敗」を恐れずに「チャレンジ」できるときに
「あれだめ・これだめ」と安全志向で先回りしても失敗の経験の先にある光が見えてきませんね。

 社会人になってからの勉強方法はある種「学生時代」よりも短期間に効率よく結果の出せる方法しか要求されませんね。
その練習は、社会人になってからで間に合いますか?「失敗」をゆるしてくれる「部署」「上司」ですか?

 「結果」を出すための方法論・・・一緒に考えていきましょう!



進学塾TMC代表 橋 博史 http//taka-mc.com
posted by 高橋博史 at 00:07| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

ドリルは退屈!


  新年度授業カリキュラム作成中で・・・

塾生の生年月日が新高校3年生以外は2000年以降であること。以前は平成生まれになった時も感じたことですが、
保護者の年齢が私より20歳ぐらい若くなり当たり前のことですが、世代交代が進んでいます。

コンビニ・100円均一・スマホ世代になって「ウィンドウズ95」からタブレット端末まで変化しているのに
平板「黒板」にチョークの教育現場では時代に追いつけませんね。

同様にペーパーテストが主流なので仕方ない部分もありますが、簡単な計算問題をドリルで10問程度は
書く練習が必要な期間だけでその後はタブレット端末に移行していきたいですね。
2017年度は紙ベースの教材を極力減らす方へ進んでいきます。

教材会社には申し訳ありませんがICTも含めて「ノート指導」は必要ですが、テキスト直接記入型では
テストの転記練習にはなりませんし、答え記入してしまうと2回する気にもなりませんね。

ましてや幼児〜小学校低学年は「考える力」をどうやって身に着けるかは「身の回りの物」から
それこそ英語でどういうのか?も含めて学ばせることが一番です。

箱の中に入っているものを正解する・・・手触りなどの感覚は実物を見るだけではわかりませんね。
アナログ世代の私にしかできないことが意外と新しいことになるような内容もあります。

例えば、「水に浮くもののおもちゃ」いくつ浮かびますか?
関東圏小学校入試では実際に作成するまでがテスト内容になります。
ひらがな・カタカナが書けなくても入試に出ないから・・・遊びの中にきっちりと考えさせる要素が盛り込まれています。
原色は4Kテレビではなく実物で観察してください。幼児たちが楽しいと思うこと=楽なことではありません。
退屈なことが嫌いですし、興味のないことにはアクビですね。
メニューは100通りぐらい必要なのです。

さらに、現在小学校1年生クラスでは「アルゴクラブ」へ行かなくても塾で実施しています。
ただ、時間的に大半をアルゴに使うわけにはいかないので「本日の予定が全員終了すればOK!」と
ルールを簡素化とスピードアップでトーナメント方式実施しても30分程度で終了できます。
たった、2回でもそこまで塾生が出るのは「集中力」と「興味」です。

2時間ゲームして楽しかったではやはり進学塾として困りますね。
だから「本能」のままにやりたいことをやらせるは間違っている部分もあります。
ルールの中で(目的達成のための)協働を今後もしていきます。

進学塾TMC http//taka-mc.com
posted by 高橋博史 at 22:58| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

6万円納入しますか?

 私立高校専願者の方は気を悪くしないでくださいね!

県内私立高校入試結果が判明すると同時に公立高校入試前に入学金を納入しなければ取り消しになってしまします。

附属内部生にとっては毎度私立入試当日や後日に推薦結果が判明するだけでなく合格すれば入試当日欠席(受験料は?)その代わりに私立高校入学金納入はしないでしょう。

 しかし、多くの国立・公立受験生は合格のコースによる出願校の再検討や
行く可能性がある私立高校手続き=入学金納入されると思います。

 なぜ、私立高校入試当日点数の開示がはっきりとされないのでしょうか?
縁故や検定試験等の優遇措置は「専願者」に適応されるので「併願者」は開示してもらわないと公立高校受験校の再考材料にはしにくいですね?

 だから、入試得点400点取れば「特待生」「スカラシップ」等授業料優遇案内が合格通知書に入っているので判断基準とするのが分かりやすいと思われます。

 中学校サイドの判断は「進学先」があればよいので毎年私立高校合格者には
希望しない限り「公立高校向け個人懇談」は実施されません。

 塾生たちは、予定通り進むので「うれしい!」という顔もせず本来の目的に向かって動き始めています。

 ちなみに、近畿圏・関東圏では「併願者」の入学金納入期限は公立高校発表日の翌日までが期日となっているのです・・・違和感は県外の方にはわかりますね?


進学塾TMC http//taka-mc.com
posted by 高橋博史 at 19:38| 石川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

塾費用節約型の提案

初めにブログランキングアップありがとうございます。同時にお問い合わせ数が比例しているので感謝!

 体験授業無事終了しました。第1次募集終了と現塾生継続の確定を2月末にします。

同時に中学3年生・高校3年生の授業の終講になります。
中3生の場合、中学との学習内容(学習方法)の違いを理解していただくために春期講習を実施します。
現塾生に限らず難関国立大学を目指される場合は国立・公立高校合格後にお問い合わせください。

 実は、ご兄弟塾生が幼児・小学校だけでなく増加しています。
友人紹介の前に有難いことです。

 幼児(年少以下)同様に、皆さん入塾希望していただけることはありがたいのですが、人数制限があります。

なぜ、ご兄弟の相談が増えているのか?
中学生は、「附属・泉丘・他府県難関」希望者のみと敷居が高い・・・小学生からの継続性がほとんど・・・
だから、入塾できないのであろうか? 一度尋ねてみたところ・・・そうなんだー!

例えば、「自宅学習」習慣なしで他塾個別指導週1回80分授業(1コマ)2対1の授業で5科目何とかできますか?
    金沢市統一テスト・公立高校入試英語リスニング対策のための英語単科塾ありますか?

 予習型であったとしても世の中には格安な映像授業もあります。ご兄弟(小学高学年と中学生)で使用すれば
もっと費用は抑えられますね。リスニング教材も取捨選択すれば30点満点狙えますよ!

 一方通行の集団授業であれ個別指導であれ「質問攻め」するくらいでなければ1コマ80分間で5科目の内容できませんね。
費用の負担を少なくするために仕方がないそうですが、塾生兄弟の「効率化」のご相談も受け付けています。

 2〜3の塾掛け持ちであれば進学塾TMC1か所のほうが送迎含めて費用の負担も減ります。
同様に自宅学習習慣のお手伝いをすれば費用は半額になる場合もあります。

 2017年度中学・高校生の趣旨は「週一回」で効率よく学習すれば費用は安価でできます!
従来の科目週に応じて課金するのではなく通塾回数が増えると加算するように変更します。

大手フランチャイズ講座を導入すると「ロイヤリティ」負担金を上乗せしなければならなかったり、広告宣伝費用等強制的に支払わされます。
教材費も含めて必要最小限からスタートできるように工夫していますので安心してください。

 教材会社には申し訳ないですが、教科書準拠であるならば「学校のワーク」プラスアルファで十分です。
結局テキストに直接書いて解答を見ながら〇×答えを記入・・・この繰り返しを3回しても成績アップはしません。
時間制限(集中する環境)の中で×に関する分類なしに次の対策はありません。
目標点数に達するために何をするべきか?そのアドバイスをさせていただきます。
試験日逆算型(復習)と中3夏休みで(遅くとも冬休み前)で中3内容は全部終了(予習)の逆算型が中学生クラス
計画を立て実行できなかった理由・科目の軌道修正・・・

これらをするために個別対応型になるのです。決して、一斉授業でない=個別授業とは言いません。
小学生は、授業は一斉でも宿題は個別対応にしています。

 要は、どの組み合わせが塾生にとって最適であるかを対応するのが個別なので塾業界の分類方法に当てはめる気はありません。

同意される方が増えているので(2020年に向けて)この方法をしばらく続けていきます。

13年間(年長〜大学受験)塾生として通っていただけるために感謝の気持ちで費用の効率化も実施していきます。

進学塾TMC代表 橋 博史 http//taka-mc.com
posted by 高橋博史 at 01:43| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

「楽しい」の概念

 幼児その他授業体験お疲れ様です。今週で第一次募集締め切っております。
今月末にて空席あれば新たに募集をしますのでHPやフェイスブックで確認してくださいね。

さて、「勉強=ドリル」のような紙と鉛筆で机に向かってする作業を幼児にさせていますか?
年長の塾生は、漢字(ひらがな・カタカナ)・計算を週5日小1用算国教材・知能開発ドリル2冊
英語フォニックス教材全10冊がまもなく終了します。
すでに、漢検10算数検定11級JET9級習得しています。
つまり、小学校1年生内容は終了していることになります。

それだけするのにはどのくらいの時間が必要なのですか?
一日30分×5日間の設定で事実かかった時間を記入してもらっていますので20分から30分程度です。
決められた時間に決まった場所で時間制限付きならば忍耐の練習にもなります。
逆にソファーにゆったりと座って寝転んでは「読み聞かせ」といっても勉強時間ではありません。

小学校入試で求められていることは「けじめ」がつけられて30分間程度は椅子にじっと座れることです。
知った友人がいれば注意散漫になりがちであり、監督者の指示を聞き逃したり態度が悪く見える場合もあります。

県外の小学校入試対策用の問題集も目的をもって(例えばお金で計算)使用すれば効果的ですが、合格させるために
問題集を買ってさせても面白くないのではないでしょうか?

自分ができるようになって面白いと感じるもの(良いことをしたので褒められたこと等)は単なる「遊び」でもなければ、
「勉強」(させられていやなこと)でもないということを体験させてあげていますか?

現在年少以下のご兄弟を塾に預けたいと申し出ていただけるのはありがたいですが、「家庭学習」の内容は多岐にあり、
現在塾生は妹弟のように新人塾生の指導者をしてくれています。
宿題の提出からトイレ・ゴミ箱・作業の効率化等自分の体験を語ることで頭の中が整理されています。
同様に、「自信」がありますので、「いじめ」にもあいませんし、「いじめ」に加担もしません!
むしろ、相手を見下すのではなく素直に認めあえるようになるのです。

何度も強調させていただきますが、先輩塾生が後輩指導しながら「協働作業」していくことが現在のアクティブラーニングに直結しており
得意な分野の公開がお互いを高めてくれます。幼児塾生たちは「知らないこと」を「知る・わかる」喜び、検定試験合格して笑顔で賞状をもって記念撮影
おまけに、ご家庭ではご褒美の家族団らん。

こういう環境の中で「自学・自立」への道へ進んでいきます。

年少以下の子たちには塾で教えることよりもご家庭(ご兄弟・友人)で学べることがたくさんあります。それらの項目やどのように系統立てていけばよいのかが
わからないのが、今の親世代の弱点のように感じています。

塾に通わせるのは年長さんからで十分(その前に身につけなければならないことをしてからで)・・・塾生を通してお伝えしていきますが、
来年度(2018年度)年長さんから通塾していただけるようにカリキュラムを作成中です。
塾生のみの特典となります。詳細の一部は後日紹介します。

進学塾TMC代表 橋 博史 http//taka-mc.com

posted by 高橋博史 at 23:57| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SIBってどんなクラスですか?


 毎週授業体験ありがとうございます。

2月中には満席になる予定ですのでクラスの特徴についてお話しします。

ATクラス(入塾資格必要)
集団授業です。同じ能力クラスが原則
小学生は基本的に集団授業です。
また、中学生も集団授業基本に個別対応しています。

SIB(支部ではありません!)
個別対応クラスです。
質問だけしたい・知っている人と同じ授業を受けたくない・ある教科だけを重点的にしたい
高校生クラスは全員違う大学または学部志望が続いていますので最初からSIB設定です。
小・中学生の場合、他府県受験のための特別講座画中心ですが、不登校児対応クラスの場合もあります。
ただ、人数がATクラスに対して限られていますのでお問い合わせくださいね。

進学塾TMC代表 橋 博史 http//taka-mc.com
posted by 高橋博史 at 01:13| 石川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

現年中・年長生授業体験受付中止




国立大学入試2次対策

2次試験出願が締め切られ各大学の出願者数から本人の位置を確認し、より具体的な科目別トレーニングしています。
全員センター逃げ切り大学(センター比率が6割以上)ではないので15点から20点差の中にいるメンバーを想定して部分点狙いも含めた戦略!
映像授業ではできないことを現場講師がするから高等部が成立しているのであってただ映像を時間通り見せる(見る)だけでは時間効率化はできない!

事実、先程金大附属高校推薦入試合格男子(女子よりもハードルが高い)の喜びの声の中に大量演習型塾からの移籍で成功したという報告でした。

「自己管理」「自主自立」型の附属や泉丘高校志望者は、「受身」の授業や長時間演習よりも本人の弱点補強をピンポイントアドバイスしてもらえればあとは自宅でもできるというタイプまたは、教室の中のほうが集中できるようである。しかも、週1回で・・・

「できた!?」

付け加えると、時間が来れば帰宅できるのではなく「本日の課題」が目標点数まで到達できていれば早期退出もOK!
これは、幼児から一貫していることで「できました!」と答えを埋めて赤で直しをするだけを認めていないことがポイント!

知恵がつけばある意味「わかりません」や「やったふり」をする場合もあります。だから、インプットとアウトプット両方ができているかを確認しなければなりません。

授業中では、「わかるひと」はみんなの前で発表したり、理解不足の生徒に教えることでお互いがわかったかどうか確認しあえています。


以前は「ペア学習」という表現でしたが現在は「アクティブラーニング」の1項目となっています。つまり、言葉が変わっただけで中身は同じ!


本日もお問い合わせに対してお答えさせていただきましたが、このブログを読んでいただき考えが一致していること前提に体験授業しに来てください。

正規授業に入って頂くので内部事情偵察目的であってもかまいません。
金沢ではそういう雰囲気は電話でのお問い合わせぐらいしかありませんが、
首都圏・近畿圏では「なりすまし」体験やお問い合わせが今の時期には多いです。

フェイスブック塾ページでは塾生の姿も見られますし、自信をもって塾生を紹介できますので、誇大広告や数字の追求も特にする必要はありません。

大手塾時代には、体験時の客寄せパンダをし、しばらくは担当するけれども途中から別の地域へ移動なんてこともありました。

現在はどのクラスどの学年も私が相手させていただきますので「好き嫌い」もお子様にはあるかもしれません。

では、優秀生が集う進学塾TMCにぜひお越しくださいね。


 進学塾TMC http//taka-mc.com
posted by 高橋博史 at 20:43| 石川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

中学受験の現状 


一部始まっていますが、2月1日から本格的に中学入試(県内私立高校・大学入試)スタートですね。

中学入試に対してのアンケート調査によれば、関東圏が圧倒的で受験を考え始めたのは幼児〜小学校3年生までで90%に達しています。

 言い換えれば、高学年になってからでは間に合わないのは小学校で履修する内容では太刀打ちできないからですね。

 学校の成績ではなく当日点勝負というところは、大学一般入試と似ています。

 そこで、進学塾TMCの塾生の動向を照らし合わせるとズバリ!関東受験対策できるスタートです。

 金沢市以外では、小学生から塾へ行くことを内緒にしなければならないのに中学生になると高校入試へ向けて成績等気にし始めるようです。

 中学入試問題の算数において既に「暗記型」「公式あてはめ型」「パターンドリル型」のやり方では難関中学問題には対応できないことがはっきりしています。

 大学入試も同様に年々進化しているところは10年間形式(単元)同じでも
問い方や解答させたい内容に工夫があります。

 その点国語の文章読解方法はあまり変わっていないものもあります。

 ずばり、「対比」作業で解ける!
この方法は、センター試験現代文に最も使っています。本文に書かれていないもの・同内容文(言い換え文)と選択肢を対比しながら「消去法」で解いていきます。

 また、文章の中身も「日英対比」「人工と自然」など対になる内容は対比しながらキーワードを抜き出す練習をしていけばできます。

 なぜ、大量演習を否定するかは・・・こういった自分で「法則」を作れるようになるまで演習量が必要または演習の結果生み出されればいいのですが、
そこに至るまでの時間やモチベーションが維持できないのであれば、
「孫子の兵法」を参考にするのと同様に解法を数通り理解し使いこなせるようになってからその組合わせ方法をアドバイスする方が効率いいのではないですか?

 昨日、新1年生(年長)クラスでの問題

50円玉9枚と10円玉5枚でいくら? 答え500円
これを
50×9+1×5=と式に書き変えてみたときどれくらいできるでしょうか?
次に
鉛筆1本50円、ノート1冊100円
500円持っておつりがでないように買うとそれぞれ買える数を答えなさい。

今までの考えだと答えは一通りですが、この問題の場合はまず、おつりが無いようにするには「鉛筆は偶数本」とわかるか?
その予備知識として50円玉2個で100円の練習をしました。
同様に10円玉5個で50円と50円玉1個で100円も練習しました。
つまり、この場合50円×2=100がすぐにわかるかどうかですね。

さらに、100+400、200+300がわかれば
逆の300+200、400+100もわかりますので4通り組み合わせることができます。

これらの解説を今日小学校日能研クラスの比例・反比例・規則性の問題として取り上げました。

 果たしてドリルを学年ごとにしていけばいいのでしょうか?大量に演習すればいいのでしょうか?

塾生たちは「速く正確に!」だけでなく「時間を有効に!」が身についていますので短時間でさまざまなことをしたいに賛成なので当塾が楽しいようです。

 その余裕は当然ながら「基礎知識」は2学年先までぐらいは進んでいるからです。

 今日は、先日の続きで「AIと人間」のテーマに対して比較しながら
箇条書きをし、羅列から分類するステップ練習をはじめています。

 実力判定テストで偏差値60ぐらいになれば、65を目指させるでしょうが
偏差値はその問題内容での物差しなので別の問題レベルでも対応できるように
2種類チャレンジしています。

 プラスして実物を見るという点では「理科」の授業ほど面白いものはないと思います。
 算数も年長さんたちは、指や計算用紙ではなく「お金」を使えば3桁の計算もできることを体験しました。

 受験期のみ長時間頑張るのではなく幼少期から所定の時間に学習する習慣と「できる喜び」を知れば興味のあることにはだれでも集中力は維持できます。

 日ごろ当たり前に使っている携帯電話解体したことありますか?
組み立ててあるものは解体できるはずですが男の子の遊びに「プラモデル作成」が無くなっていますね。

 AIってどんなものがあるのか?調べることから身の回りにある安価なものを使ってどんなことができるかな?(発想力・独創力)

 それには、500円で買えるものいくつしているかな?です。
保護者にお願したいことは家庭学習ドリルの時間管理は一部で「お買い物」
「お手伝い」の中からどれだけ学ばせるかです。

 わざわざ、学習教材を買う必要はありません。
2017年度は、家庭学習用教材ではなく家庭学習トピックスを提示していきますので、次世代育成(年少以下)のお子様を通塾させる前に参考にしてくださいね。

 お仕事が忙しくてなかなかできない場合は塾生が弟妹と一緒にできるように
していきます。

難関私立中学校受験者と同じ大学受験ができるようにスタートしましょう!


 進学塾TMC http//taka-mc.com
posted by 高橋博史 at 21:03| 石川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幼児・小学校1年クラス方針


 毎週授業体験ありがとうございます。
授業体験は一種の「お見合い」みたいなものです。
ただ、幼児や小学校の低学年では「裏と表」の使い分けがまだ器用ではないので玄関口から
行動観察が始まっているとお考えください。(首都圏・近畿圏生ならばすでに知恵はあります)

金沢大学附属対策について分析できることとできないことがあります。
入試問題の過去問題集も市販されていますが30%も一致しているでしょうか?
大阪や東京とは違い「学校が求めている生徒の姿」が重要であってそれは「親の面接」不要な項目だということです。
ペーパーテストをいくらやっても無駄で読み書き計算もできなくても合格できるか?
スイミングや体操教室に通わなくても合格できるか?
当日の服装は(できればどこの靴が一番合格できますか?)
こういった質問に対する答えは「合格」できても・・・その先は?

つまり、合格をゴールと考えているような短期的な発想のための対策をしていく必要もなければする塾でもありません。
今月体験済まされた中でせめて大学入試・就職を見据えた逆算を理解できているご家庭のお子さんは幸せです。
小学校入試の合否で人生が決まってしまったら悲しすぎるだけでなく「不登校児」の根っこになることを助長しているだけです。

1次合格したけれども抽選落ちで「複式合格」まで親子ともある意味でつらい思いをしながらリベンジを果たした塾生がいます。
他の誰よりも「合格」の2文字は大きかったと思いますが、そのことよりも本人が周りの支えに対する感謝の気持ちを持てることが
私にとっては一番の誇りであり、だからこそ一番信頼できる関係であると自負しています。

「合格」がゴールという考えでは中学以上になると保護者の手に負えなくなったり「自己管理」「自主自立」の建学精神はほぼ壊滅状態になります。

就職しても「結婚」「出産」「育児」その先・・・保護者はわが子とどこまでも付き合っていくわけですから、せめて幼児期から大学入試(一部就職)までは
アドバイスできるような体制を整えています。

当塾でピアノやスポーツ以外の習い事の中核はすべてできるので支持していただけているのが大変うれしいですが、45分間に3つ以上のメニュー
1日で10程度のメニューをしていただけるようになるための「時短」「効率化」のスキル習得に時間を費やしていただきたいです。

結果として小学校入試だけでなく「探求型」「アクティブラーニング」「ディープラーニング」の分野まで授業時に実施することができます。
「知識の詰め込み」はすでに否定されていますが、最低の「知識」なしでは「発想力」は生まれません。
ただ、ペーパーテスト対策の演習ばかりするのは中学生以降でもいいではないですか?
幼児・小学校低学年時にインプットしていけることは多岐にわたります。「脳」を「ハードディスク」「知識」を「ファイル」に例えて説明していますが
大学入試逆算型でプログラミングしかつ修正しながら一緒に次世代育成をしていこうという考えの親御さんが塾生になっていただけていることに感謝しております。

是非同じ「志」の方々からお問い合わせ及び授業体験のお申し込みをお待ちしております。


進学塾TMC代表 橋 博史 http//taka-mc.com




posted by 高橋博史 at 03:58| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする