2016年06月20日

「父の日記念」父親たちが楽しめる場

   昨日は「父の日」でしたが、当日私は父親たちが集まる場所にオートバイで朝5時に出発しました。

 そもそもの始まりは、「今年の目標」と掲げているものに仕事以外で・・・
現大学1年生たちが中3時の10月に「右膝高原骨折」で入院し約1か月まともに授業ができなかったことを反省して
オートバイを処分し、その後はハワイでハーレーに乗っただけで自宅にあるバイク用品(メット・ウェアー等)も処分するかどうか
迷っていました。

「YAZAWA」のファンの共通項は「オートバイ」・・・これやね!
自動車購入とちがって、自分に乗れるバイク探しから・・・

 しかし、北陸にはバイクショップがどこにあるかもしらないところからの検索
友人たちのおすすめ店をすべて訪問し、輸入車フェアにも行ったが・・・

 そんな折に今年4月から「レンタルバイク」ができる話を聞き検索・・・

関東圏・近畿圏はいろんな場所にあるけれども北陸には実質3件
実用的なことからお試し京都で250ccレンタル

当日雨が降ることは知っていたとはいえ、後半の3時間は「耐雨走行練習」で終わってしまいました。
GW終了後今回の「風曜日4thアニバーサリー」のことを知っていきなり参加申し込み
メンバー誰も知らない状態では・・・
北陸走行会にいきなり参加・・・初めて乗るハーレーXG750の特性がわかったのは、ラスト2時間ぐらい
返却15分前にポツポツと雨が・・・
そして、先日の福井初顔合わせメンバーとの出会いで福井のレンタルバイクスタート

今回も前回と同じ車種GSX1000SFで当日レンタルでは間に合わないので前日仕事前に福井まで借りに行きました。

 さて、アニバ当日何か所かで待ち合わせしていた予定に沿って(1週間前に一応下見しています)現地飯綱高原まで自宅から5時間半
車ならナビもあるし何も不安はないが、集団行動となると給油や車間距離など当日判断することも増えます。

 現地では地区別の駐輪場に100台以上のオートバイ(フェイスブックに画像掲載)が並んでいるのは圧巻です!

ここからが本日のテーマ!

参加者127名のうちで60歳(還暦)ライダーが3名
やはり、みんな若いんだなー・・・
すると、「老風会」のワッペンを購入するように言われてびっくり!
50歳以上が該当者がざっと全メンバーの3分の1以上いましたね。おそらくは40代以上であれば3分の2以上だったのでは?

20代のなかには上司に紹介されて参加ということでしたが全員の自己紹介の中でやはりレンタルバイクは私一人(ちょっと寂しい)
昼食のBBQの間に参加メンバーたちと歓談しましたが、仕事や役職ましてや学歴の話はなくただオートバイが好きなオヤジたち
煙草をずいぶん前にやめた私は、お店ならば「禁煙席」「喫煙者とは基本的に同席できない」「煙もうもうの店には入らない」ですが、
高原の場所では気にならないものですね。集合場所がコンビニの理由も納得(駐車場・飲み物・連絡等揃ってます)
とはいえ、もしバイクで行かずに車で参加していたら・・・

元々私自身の大学時代のツーリングチームも常に「雨天決行」で晴天のみ参加メンバーお断りでしたし、今回も「雨天参加」のための
準備はしていましたから帰宅時の高速道路強風横風や前車からの泥水シャワーなど当たり前のように体験しました。

「おてんとうさまは見ている」のごとく金沢へ入ったころから天気は回復し福井のレンタルバイク店に到着した時には晴れていました。

何時もは日帰り700〜800kmは車なので当たり前ですが、オートバイで早朝から夕方だとだいたい300kmぐらいが妥当です。
しかし、今回は約700kmと車並みだったので、集中力と忍耐力の継続や両手・両足の操作のスムースさの必要性も日頃とは比べものにはなりませんでした。

快適空間(車)から乗り換えてまでどうして?・・・
「風になりたいから」が合言葉のメンバーです。

同じ世代の生き生きとした姿・・・正直言って私自身金沢へ来てからは特に「社交的」とはいえませんが
共通の話題ができ「日常のルーティーンから解放される」しかし、職場に戻れば上司として活躍を余儀なくされているメンバー
私には大きな体験と財産になり次回以降のメンバーとの走行を楽しみにしています。
「風曜日」メンバーありがとう!

「創意工夫」世代の発想力と団結力を思い出として、私は授業に還元させていただきます。

  進学塾TMC代表 橋博史 http//taka-mc.com

posted by 高橋博史 at 20:13| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

娘から父親への想い


   今週は「父の日」へ向けて幼児から小学校4年生まで日頃あまりコミュニケーションできていない父親への想いをメッセージにして
どう受け止めてくれるかをワクワクしながら作成をしてきました。

 英語学習やマス目のないところへの文字の書き方にはじまり三角形に折ったり切ったり、平面から立体的に見せる工夫など
学習的要素も盛りだくさんでしたが、やはり今回のテーマは「父親の存在感」です。

 私のように洗濯やアイロンがけ等家事の分担をしているイクメン(父親)もいらっしゃいますが、日曜日も仕事でなかなか一緒にいられない
非日常型の存在であるとすれば・・・サプライズもお互いに必要ですね。

 1年に1度会えるかどうかの塾生がメッセージを2度3度書き直しながら「一般的〜個人的本音」に変化していることがすばらしく新鮮に見えました。
私も父親の一人として彼女たちの時期にしっかりと存在感(必要感)を持ってもらえないと「いなくて当たり前〜いないほうがいい」になってからでは
寂しすぎると思います。

 身近にいなくても身近な存在になりえるツールはネット環境があるのでできると思いますが、逆にアナログ「手書き(手作り)」が評価される世の中なので
我々大人もなんでも便利なものを購入せずに「創意工夫」を姿で見せていきましょう。

 金沢では、「英語宮村賞」と「理科高峰賞」へ向けて各中学校が希望者を選定していますが、附属高校の推薦のためにというような発想ではセコイです!
自分の興味やスキルを伸ばすためにアドバイスをしていきますので、1学期期末テスト・英検2次・漢検・数検の前に1次通過をしていかなければならないので
中学3年生は夏休みに受験生としてだけではなく高校での理系・文系選択を見極める夏休みにもなります。

 現在高校3年生は、センター演習2回目に突入しています。夏休みは、センター得点アップ科目(単元)強化と受験予定大学2次試験演習が始まります。
高校で未習の内容も夏休み前までに終了しなければならないので、定期テストがあってもテスト期間にストップはできません。

 現在高校1年生にもそのことを踏まえながら夏休み前までの課題を伝達していますが、クラブ活動のほうに時間がとられたり自己管理ができていなかったりです。
他塾で週5回自習をしてきた生徒もやっと週1回でペースをつかむことができつつありますが、完成度はまだまだです。

 だから、何事も習慣づけが必要な時期に「言うことを聞かないので・・・」と甘やかさないでください。
特に、「ためぐち」のような言葉遣いは家庭内でも幼児・低学年にはさせぬようメディア(特にTV)は選んでくださいね。
内外での使い分けができるようになればOK!

 GWの感想を本日より返却していますが、「夏休みの過ごさせ方」の参考にしていただきたいですし、その時期でしかできないこと(限定的)を是非体験させてあげてくださいね。
数年後、はっきりと記憶はなくても「ファイル」ができています。

 お父様方お仕事大変だとは思いますが、非日常的コミュニケーションしていきましょう!

  進学塾TMC代表 橋博史 http//taka-mc.com

posted by 高橋博史 at 23:54| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

コミュニケーションツール

 本日は、梅雨らしい天気ですが塾生たちは「父の日メッセージ」一生懸命書いています。

しかし、時間制限がある中での作業がテストだとすればやはり要領よくする練習も必要ですね。

 今回ネクタイの柄を記入(最大7分間)
メッセージ記入(10分間)
その他完成まで5分間で実施しました。

まず、ネクタイは長方形縦長短冊を切り取りサインペン・クーピーで色付けします。
大別すると「レジメンタルと水玉」が多いようですね。

次にメッセージ記入
ここで、いきなり記入すると文字の大きさがバラバラで最後の方が小さくなったりしますね。
大学入試の解答用紙の何行だから何文字書けばよいという数の基礎は
行数に対して文字数・・・定規でだいたいの印をつけて書く
これが、日ごろ作文用紙のような升目にしか記入したことがない場合にスムースには進みません。

クールビズの季節なのでネクタイをあまり見ていないかもしれませんが、平面のひらひらを立体的に見えるような工夫はどうすればいいのでしょうか?

作成に対して「父親への想い」を今回見せてもらいました。一生懸命作成した作品を父親の笑顔で受け止めてくださいね。

進学塾TMC代表 橋博史 http//taka-mc.com 
posted by 高橋博史 at 18:05| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

「父の日」へのメッセージからわかること。

「自立型学習支援」

今日は、これから英語検定だというのに・・・暑いですね。
高校部門の自立型学習塾が増加しているのはご存知ですか?
「自習教室」といっても過言ではありません。

集団授業と個別指導の効果を幼児から浪人生までお預かりしている塾としては、科目にもよりますが、総じて「受身」では「やった気になる」はいい方で最悪なケースは「時間つぶし」または「居眠り」が大半ではないでしょうか?

アクティブラーニングできるタイプにするには、「これしろ、あれしろ」と準備されていることになれてしまっている場合、自分からは動けませんね。

大学生になって一人暮らしをしたいという塾生が減ってきているのも経済的なことというよりは「楽を覚えてしまった」のが一因にあります。

私は、母親からガミガミ言われるのがウンザリタイプだったので、自活(仕送り無)でも一人暮らしがしたかったので4畳半の離れ(キッチン・フロ無)からスタートしました。

息子たちには高校3年生の受験生時に「時間効率化」と称して掃除・洗濯等の家事を両立できるようにして県外の大学生ができるように持っていきました。

塾も親も自分自身の準備なしに学校のように「明日から〜をすることになりました」では現場は動けませんね。

だから、自分自身がアクティブで楽しんでいることを伝えることにしませんか?

昨日までに「父の日」のメッセージを読みましたがお父さんはお仕事で大変そうですね。
しかし、「遅くまでお仕事頑張ってくれてありがとう」では寂しくないですか?
母親とは違い「いつも〜で、ありがとう」ではないですよね。

直近でも会話したのは1週間前ぐらいのようですれ違いをしていること多くないですか?
幼児・小学校低学年は特に「父親の存在」を求めていますよ

先日、私が独立時の教え子が三十路になりよく考えればすでに保護者が「教え子世代」になっています。
昨日も「先生どうしましょうか?」と相談された時も「父親とのコミュニケーション不足」だなと思いました。

グローバル化に対応できるスキルは原点に返って「創意工夫」「コミュニケーション能力」に絞っています。英語は媒体に過ぎないので片言英語や中学英語でも目の前にいる相手にジェスチャーでも伝えられます。

「目標設定」が七夕への課題です(次のイベント)

お父さんは「夢」を語り楽しんでいる話を子供にしていますか?

健康のためにも「笑顔」と「声に出して笑う」をできる教室にするために「予約」をしていただいていると自負しています。私が、観劇を予約しているように親御さんが次月の授業に予約していただいている業種なので一回一回が「予約席」に座って頂いているわけですね。

「そこまでわかっているのであればもっと・・・」言われそうですが、夏期講習時(今年は中学・高校生のみ)に全体の指針を明確にしていくと同時に幼児・小学生には今年の夏でしかできないことを体験していただけるようにアドバイスしていきます。

さあ、英検スタートしましょう!

進学塾TMC代表 橋博史 http//taka-mc.com
posted by 高橋博史 at 17:50| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

日本語で言いにくいことは英語で・・・

今、飛行機が墜落しそうなときに家族に向かって「I love you.」と言いますか?

英語を学習するときに「日本人的感覚」を除去しなければならない1つが愛情表現を
「恥ずかしい」や「恰好悪い」で片づけていませんか?

 幼児期に「将来パパと結婚したい!」と言っていた娘が父親に近づかなくなったりする時期がくると寂しくはないですか?

 「父の日」へむけて塾生(幼児〜小学校4年生)までの意識調査を今週からしています。
@ 父親の存在感
A 父親のしてくれる内容に感謝しているか?
B 父親への期待内容

子供は両親の関係や父親の言動を主観的に観察しています。
だから、幼児は父親にしてほしいことを教室でもしてきます。
「父親は力が強い!」「身体ごとでかまってほしい・・・体当たり」

日ごろ、日曜日も仕事等で留守がちの場合「父の日」も不在かもしれませんし、単身赴任も含めて時間帯のすれ違いもあるかもしれません。

だからこそ、コミュニケーションのきっかけづくりをお手伝いさせていただきたいのです。

父親の名前を知っていても「名前呼び」はしてませんね。
日本では、肩書名を言う習慣が多いので「ボス」や「ヒロシ」のようなことを上司には言いにくいですね。「苗字〜さん」付けで呼びましょうがやっとではないですか?

英語学習は、文化・習慣の違いを理解することからはじめています。

今回は、「母の日」よりも「父の日」に重点を置いているのも中学生以降になって特に男子は父親とのコミュニケーションができる場合は進学や進路等の話ができますが、
「仕事で忙しい」が定着してしまうとなかなかスムースにはいきませんね。

「母の日」のメッセージで「いつも〜してくれてありがとう」が一番多いパターンですが、父親へは同じなのでしょうか?
日本人感覚で「頑張れ」と「Take it easy.」は真逆ともいえますので
「お仕事頑張ってね!」はそのまま英語に直すのはいい内容とは言えません。

コミュニケーション能力は学校にお任せでもなければ、大人になってから身に着けるものではなく「家庭内」から理解していくものです。
「敬語」も家の中ではほとんどないものと思われますが、逆に「内と外」を分けるのに使うことも理解していくようになります。

子供から見れば「母親と父親」しかし、夫婦は「男女」であり続けることが難しい環境。
両親が朝の挨拶をしているかどうかも子供には影響していることをお忘れなく!

I always love you.
You always love me.
これらが言える関係になることがグローバル化につながりますよ!

進学塾TMC代表 橋博史 http//taka-mc.com
posted by 高橋博史 at 20:44| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

家庭環境が試験場でバレますよ!

お子様の発信をキャッチできてますか?


    梅雨空の様子でしたが、本日も幼児クラスは元気な声で発言していました。

今日は、パソコン学習後「九九練習」で七の段終了後「1週間」の過ごし方について確認をしました。

月曜日〜金曜日まで幼稚園・保育所から帰宅後することは・・・「宿題」すごい!
土曜日に何をする?ルームランナーのような自転車?
遊びの内容は?・・・兄弟がいるいない関係なく一人遊びが多いのが気になります。
先日の事件のこともあるのでこういう場合どうするか?
 親がいないときに友人が訪ねて来て外で遊ぼうと言ってきたらどうする?
@ 「宿題があるから」と断る
A 家の中で遊ぼうと誘う
B 家の庭・駐車場で遊ぶ
C 近くの公園で遊ぶ

遊んでいるときに親が帰ってきたらどう言うと思う?

叱りそうや友人を帰らせるであろうという意見はありませんでした・・・よかったー!

これはしてはいけないといわれる内容は?

馬鹿・あほといった言葉を使わないこと!
知らない人についていってはいけない

約30分間個人個人の意見と質問内容と答えがあっているかを確認させていただきました。

さすがに日頃口々に意見を言っている生徒も今日はルールを守って言えました。

ほしいものなどの内容やご褒美の内容で
「高級なお寿司」という意見が出て私が知っているすべての回転すしの名前が出て来てそれよりは高級ということみたいですが、
その決定権は父親にあるようでした。

実は、「父の日」へ向けての意識調査みたいな形になったのですが、塾生にはわかっていないようでした。
半面、家族のコミュニケーションの度合いは本日のような内容でもわかってしまいます。

兄弟姉妹がいる場合必ず自分一人だった時にどのように親がしてくれたか?は忘れていて下の子供に手厚くしているように焼きもちをやくことが多いですね。
そこから「かまってほしい」発信が言動に出てきます。

一番顕著なのが、熱を出せば(病気になれば)親が仕事を早退したり休んでくれると分かっていることです。仮病ではなく本能なので叱れませんね。
塾生なりに私にさえ「ちょっかい」を絶えずしてきますし、反応を見て「知恵」がついてきます。
「けじめ」さえはっきりしていればラッコかコアラのようにべったりでもOKです。

8月度は教室を長坂台にして受験準備を本格化し検定試験にもチャレンジしていきますが、その前に「集団行動観察」の視点を理解していかなければなりません。
今日は、試験問題になっている「ボーリング」してみました。スコアよりもルールや指示の理解、待っている間の態度、勝敗に対する反応などです。

お子様の発信をキャッチできるアンテナの張り方を間違えないでくださいね。


  進学塾TMC代表 橋博史 http//taka-mc.com

posted by 高橋博史 at 21:02| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

好きなことができる喜びを感じてほしい!

  
  「ノマドライフ」に象徴されるように、時間や人生そのものの生き方に対して外的束縛を受けないのにはどうすればいいのでしょうか?

 現在の高校生たちの発想に寂しさを感じることは「安定志向」でチャレンジ発想の範囲が狭いことです。
それこそ人生のレールを敷いてそのまま進んでいけるような職業を探していることです。
人工知能等の発達で現在の幼児たちが就職するときには、現存する仕事の20%しかなくなってしまい新しい職業が80%になるともいわれています。

 都会を離れてもインターネットがつながる環境があれば田舎暮らしもできる時代で、事実「田舎暮らし」という雑誌が存在し自給自足の生活や
クリエイティブな発想が必要な職種の場合あえて自然の中に身を置き喧騒から逃れて「集中できる環境」

 これらは、体験的に得られるものかもしれませんが、大阪や東京にいれば時間と人込みの中で「上を目指すために」ばかりで数字のみの結果
これらから逃げ出すようなことでは何もできませんね。

 好きなことを仕事にしたはずが、好きなことだけをやれるわけではないということも当たり前のように最初からわかってたはずだが壁にぶつかると
「こんなはずではなかった」と考えてします。

 「自信」の最大の敵の1つは、考え過ぎてネガティブになることです。これは堂々巡りになります。ネガティブになり、不安になって、すべてが実際よりもはるかに悪く見えます。
私の悪い癖の一部です。「理詰め」でなんでも考えるより「本能的」「楽天的」発想も時には必要ですね。

 2000年から独立して15年「好きなことができて生活ができる」ことを目標にしてきたというよりは、自分のタイプ分析結果組織に向かないと分かったからです。
同時に自分の「志」を明確にして同時にそのことが「社会貢献」になるのであれば継続していけるのではないか?

 先日から「リターンライダー」の話をさせていただいているのも「ひ弱な肉体」からの脱却や「スピード狂」が評価されるには?秒単位を縮める「走り」これらを充足させてくれたのが
オートバイであり「レース」「ツーリング」部門で「メカ」だけでなく「日本の国土」もちろん「仲間の大切さ」それらが濃縮されたものです。
 ただ、レース中に親友の死を目の当たりにして自分の限界点を見出してしまい「レース」部門はなくなりました。

 今回、右膝高原骨折(自身ブログ記事のロングラン中)からいまだに痛みやしびれだけでなく階段の昇降等満足にできているとは言えません。先日のツーリングでも
クラッチ操作の左手のヘパーデンによる痛みと握力の衰退、両足首の柔軟さが不足していることによるギアチェンジやブレーキ操作の遅れ、レンタルバイクで毎度違う車種のため
それぞれの特性を体で理解する時間、何よりも暗闇での視力減退から「恐怖」が生まれてくる。もちろん、対向車・路面状況を瞬時に判断しなければならない実走行

 そんな中でもわざわざ「快適な自動車」で福井のレンタルバイクへ行き乗り換えてまで走行するのか?

 もう一度「風」になりたいから・・・

 「自分をあきらめない!」「塾生に目標を持たせるには自らも」

 もともとスポーツジムでルームランナーできるタイプではないので、「必然性」こそが「ヤル気の元」

 だから初回3時間雨の中の単独走行からスタートしたけれども大学時代のバイク仲間が集まった店のマスターのおかげでリセット

 その後は、「風曜日」のメンバーのおかげで現役ライダー復帰の喜び倍増

結局は「人」です。

次世代メンバーには職業の選択不安の前に「自己自信」をつけてもらい「いい仲間」との出会いの場を得られるようにアドバイスしていきたい。
そのためにも私は「走り続けます!」

  進学塾TMC代表 橋博史 http//taka-mc.com
posted by 高橋博史 at 04:05| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

学歴・職歴から解放される居場所


    今年の題目のなかで「リターンライダー」がこんなにも効果的であるとは・・・

 3月の輸入車ショウで知った「レンタルバイク」

 大阪や関西圏に住んでいたときには考えもしなかったこと。
雪によって11月〜3月は走行できない期間に耐えること。

 交通機関が不自由ではないので自家用車とオートバイは趣味の世界
期間と日数が限定されているからこそ意識は高まる

 北陸ではレンタルバイクができる店やバイク用品ショップも限定されているためか皆が同じ店を紹介してくれます。
先月よりそれぞれのお店を訪ね社長(店長)とお話をさせていただき質問責めにさせていただいた。

 そこで、こんどは一緒に走ってくれる友人探しから始まりいきなりその団体に加入して3日目にツーリング
その「4thアニバーサリー」参加のためにバイク選びをしていたのだが北陸レンタル種類にはない!

 動画やスペックカタログで時代なりのツールを駆使して乗ってみたいオートバイが福井にあった。
しかし、天気のことや本来早朝からツーリングに出かけるのが当たり前の中で10時集合に付き合ってくれるのか?

 福井県のメンバーと最初一緒に走ってくれた友人6台で走ることとなった。

 日頃、高速道路で目的地まで「まさしく時短」走行することに専念してきたこの10年地道のことは地元民におまかせ。
高速無料区間も含めて熟知しているだけでなく先導車と最後尾の役割り分担をよく知っている。

 待ち合わせが今風なのは・・・「コンビニ」または「道の駅」
   駐車・トイレ・食事・喫煙(やめているけどいつものように気にならない)ができる場所

 毎度違う車種のレンタルバイクで違うメンバーと違う場所の走行
大別すると3つのタイプに分けられる
@ スピードレーサー(SS)
A ロング・ショート限らずメンバーと走って楽しむ
B バイクを通じて集まったメンバーとワイワイしたい(ほかの団体よりおそらく結束力あります、特に女性ライダーメンバー)
もちろん、それぞれが重なり合っているのですが

私が、大学時代「神無月MCツーリングチーム」をしていたときは@に一部A
   社会人になって一度目の「リターンライダー」の時はA

さて、オートバイのことはわからない人には興味がないかもしれませんが、ここからが大事!

今回は前回と違い発起人は私ですが、実態はビギナー件ビジターなのではっきり言って「足手まといライダー」です。

メンバーの中にオートバイ乗り始めて3年目で26歳(まさしく社会人になって乗り始めた)
高校生では免許が取れないので・・・「三無い運動が厳しい」

彼曰く、「母親は猛反対、しかし父親の乗っていたオートバイを乗ることからスタート」
危険かもしれませんがここで父親のフォローがあったおかげで現在も上司(男性)とこのようにツーリング仲間に入ってます。

さて、私のことに戻ると
「足手まといライダー」でも何とか一緒に走りたいからこそ発起人した限りは初めて乗るバイクの特性を理解すると同時に
初めて走る道を何とかついていかなければなりません。

 ここで、またポイント!「OJT」が仕事先では主流だった私の時代では一緒に走りながら対応していくしかありません。
初心者状態であったとしても何とかできるように「芸を見て盗む」教えてもらうのではなく学習する

 これらの継承(復活)がアクティブラーニングに言葉を変えているだけではないでしょうか?
「興味」のあることなら年齢や経験関係なしに輪に入っていけることもありますね。

実は、家まで5分の金沢大学コンビニが最終休憩所で返却時間まであんまりなかったのです。
メンバーに家が近いので明日返却します・・・こういえばそこで終わっていてドラマは体験できませんでした。

福井までの走行約一時間半途中でガソリンがなくなって戻れないかもしれない、バイク屋が閉まってしまうかもしれない
そんな心配の中で店まで行く前に止めようか?行くだけ行ってみて閉まってたら諦めて帰ればいい、やはり最終の休憩時にサヨナラしとくべきだった。
頭の中で考えている間もなくメンバーがどんどんあることのために走っていく・・・何とか返却に間に合わせてやろう!の一点です。
事実、ガス欠寸前の時にガソリンスタンドがあり(メンバーは計算していたのか私が給油合図してからの不安が解消)給油中にメンバーの一人が
先に店に行って閉めないで待っていてくれました。
すべてこんな風にできればいいなーの内容以上でした。

結局、店に戻ってからも一時間ほどそこで雑談しみんなのあったかさに感動しました。

当日会うまでの不安や準備よりも、言い換えればネット検索情報やデータよりも「同じ釜の飯を食った仲間」を数時間で共有できたことの大切さ。
何よりも年齢や学歴・職歴の話題もなくあえてバイク論をする以外は走行の中で感じあったものです。

塾業界も含めて日頃肩書等で生きている世界ではなくオートバイを媒体として現役ライダーをする意味は・・・

グローバル化・英語が話せるだけでなく「交渉術・対話力」、ネット・映像授業プラス先生対生徒の関係
すべてライブの中にドラマがあり、シナリオがないからこそハプニングも楽しい(事故は絶対いけません!)

前回「対人恐怖症」の話をしましたが、生徒も1対1なら話せるけれども集団の中では話せない、叱られてもなぜかずーっと塾生でいてくれる父親の存在を求めている
これらに通じる何かを再確認しました。

また、「なんでもあたりまえ」の環境では「創意工夫」は自分からはなかなかできませんが、自然の摂理には逆らえないので限られた時間をいかに有効に仲間たちと過ごせるかを
共有できることは「孤独死」を避けるうえでも大切ですね。

コミュニケーション能力は何にもまして優先されることですのでどんどん自分の意見を言い同時に他人の意見を聞けるように私自身も塾生にだけでなく今回の仲間にも受け入れてもらった
喜びへの感謝をこの場を借りて伝えたいと思います。

  進学塾TMC代表 橋博史 http//taka-mc.com

posted by 高橋博史 at 16:40| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

対人恐怖症のルーツは幼少時に・・・

 関西方面から西側は「梅雨入り」したとのことで、北陸も曇っているのは当たり前のようですが、「百万石まつり」無事に終わってほしいものですね。

 さて、明日初めて会う人と一緒に初めて乗るオートバイでツーリングするとしたらどんな準備しますか?・・・自問自答してみました。
@ 待ち合わせ場所の確認・・・現地での駐車スペース、次の目的地までのルート確認
A オートバイ・・・装備や足つき性など現車で確認(その他ネットで確認)
B 初めて会う相手・・・フェイスブックにて所有バイク確認

これらが、ビジネスとなるともっと綿密に必要な準備をします。

すると・・・「堅苦しくて気を使う相手だな!」と相手から指摘されたとしたら・・・

ここに、「対人恐怖症」が見え隠れしてくるのです。
「素」の自分をどこまで出せるのか?出したことで仕事がやりにくくならないか?

同様に一緒にオートバイで楽しめればいい・・・世間は狭いので「塾長なのに!」にならないようにしなければ・・・

気負いは自分だけでなく相手も疲れさせてしまうので「一人でいる方が楽」となってしまいます。

気心知れた仲間になるには相当時間や価値観の共有がないとできないタイプ

 誤解を生むSNS等でのやり取りで気を付けたいことがあります。

「こんにちは。」を「こんにちわ」で書き始めているメールや「! ?」の効果です。
塾では、「こんにちは、いい天気ですね。」のように続きがあるので「わ」は間違いですねと教えています。
 では、初めて会う相手に間違いだと指摘するのでしょうか?

同様に、符号の解釈が人によっては受け止め方が違うので「こんにちは!」と書いた場合
その時の精神状態で明るく感じたり「起きてる?」のようになったりそれはお互いの人間関係で決まってくることも多々あります。

昨日も、連絡用掲示板への書き込みを「もう用無しか?」と独り言のように書き込んだために、長文で事情説明やお詫び文章を書きこむことになってしまいました

つまり、初めて会う人や仕事上のことを考えると1週間前から準備してても空回りしてしまうこともあります。当日会って話してしまえばスーットと気持ちもほぐれて「素」も出せるのに自分自身の性格に疲れてしまうことも今だにあります。

これらは、大人(社会人)になってからひどくなったのですが幼児時期体験からのほうがもっと影響しています。いわゆる「アダルトチルドレン」です。

 詳しい話は、別の機会に・・・

先程、高校3年生と「アレルギー」の話をしていた時に「薬は毒」だということに塾生は
「市販の有名な薬だから・・・」と言っていたところに医学部志望の塾生から「その通り」と援護射撃してもらい一度検査することで話がまとまりました。

 おまけに、将来医師としてお世話になるかもしれない友人に「お願いするよ!」と和やかな会話で終わりました。

 やはり、この環境に慣れてしまっていることや人前で話したりリーダーシップという名の「仕切りや」をしているから「控えめな自分」がらしくなく違和感があるのも事実です。

 進学塾TMC代表 橋博史
posted by 高橋博史 at 16:46| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

「己に勝つ!」


総合体育大会やちょうちん行列、百万石まつりなど行事が多く体力があるかないかで学習面に大きく関係ができてきます。

 先ほども信じられない連絡が来ました。「ゲームをしているので終了しない限り塾への準備ができない」そこで「先生から一言言ってください」???

私:「ネットの線もしくは電源を切ってください」
母:「そんなことしていいのですか?」
私:「親の権限で時間が守れないのであれば強制終了」
母:「息子は母親がうるさいからゲームに集中できなかった!」
この続きは、塾へ本人が来てから私が説教はせず、本日の予定を先ずしてもらう。
 
 このやり取りでいかに母親が子供に迎合しているかわかりますよね。
不登校にさせないためにはやむをえない内容でしょうか?
しかし、不登塾にはなっていないのはどうしてでしょうか?
WHYだらけですが原因追及は当初していましたが、現在は本人とのやりとりで解決方法を探しています。中学・高校生になると保護者では対応しきれていないからです。

 相対的(だれか・なにか)と比較して話すのであれば本人の前後の成果で比較したほうが説得力があります。興味のあるものへと進みタコツボ化すると引きこもってしまう。
幼児や小学校低学年でも宿題内容の出来不出来のみを指摘するとやる気をなくしてしまいます。

 火星接近の内容でも1年の日数や半径・直径・円・楕円の理解なしにニュースをみても面白くないですね。むしろ「どうして赤いのか?」「地球は青いのに」など小学1・2年生なりに答えていました。アルファベット大文字小文字を認識し、キーボードの配置を覚えてローマ字入力ができるようになるまで2か月間(家での練習の個人差はあるものの)自分でメニューをできるようになっています。

 小学校3・4年生では同じ期間でもすでに問題なく(ローマ字表を見ないで)打てる生徒もいます。本人のスキルアップ率や改善されたところを大げさに褒める必要はありませんが正当に認めてくれていることが本人に伝わることも大切です。

いつもお話ししていることは「ルール決め」「期限・時間制限厳守」をはっきりさせることです。それさえも親子で守れないとすれば「社会で通用する」行動はできませんね。

今日も、授業後の送り出しの時に一言アドバイスさせていただきました。
アクティブラーニングできる環境づくりは家庭から見直していきましょう。

進学塾TMC代表 橋博史

 
posted by 高橋博史 at 20:23| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

「WHY?」からのワクワク感!

6月になり、塾生には「夜空を見上げて火星を観よう!」から始まって
塾生の勉強への取り組みモチベーションアップのために先週は「伝記」から
「科学者の目」の洞察力や「WHY」について考察しました。

 今週は、夏休みの自由研究前倒しで「宿題の提出義務」から「発表したい」
「MUST」から「WANT」への変換のきっかけに「伝記」の話をし
早速作品の一部を見せに来てくれたり、英語キャンプ参加予定だったり
反応を確認しました。

 そこで、本日の小学3・4年生クラスでは、ずばり「何にワクワク」できるのか?と質問したら・・・・
 しょっぱなから「7777」と数字に読まれてしまいスロットマシーンではなく
ワクワク・ドキドキの気持ちの理解確認をしたうえで再度した結果

@ 会いたい人に会える(好きな人・有名人)・・・ゼロ
A 人間以外のもの・・・プレゼント、家、DS、何とお金
B その他・・・運動会、発表会、クリスマス、誕生日(プレゼントがもらえるからではない)、テスト返却時(本当?)

時間的には15分間ぐらいでしたが本音は出たと思います。ただ、理科や数学のような科目への誘導しやすい答えではないので次回につなげていこうと思います。

先日のセミナーで、単に受検合格を求めるというよりは「社会人としての自立」「自分は何ができるのか?」を育成していく新型塾の代表トークを聴いて彼らとその後対談した結果目指している志は同じであることで、業界の先輩としては幼児育成により一層の自信を持ちました。関東でも通じる新型塾のありかたを金沢でも(むしろ金沢だからこそ)できる環境です。

私自身がワクワクするようなことなしに元気印は与えられませんね。現在リターンライダーとして全国の友人に会うための準備もしています。
みんなで生き生きできるようにしていきましょう!

進学塾TMC代表 橋博史 


posted by 高橋博史 at 21:39| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする