2017年10月17日

現高校1年生浪人はするな!


  いつもホームページやフェイスブックページをご覧いただきお問い合わせありがとうございます。
電話でのお問い合わせに対しては授業中が多いのでまずメールをくださるかhttp://taka-mc.com/contactから
お問い合わせをお願いします。

 2020年大学入試改革に向かって気を付けていかなければならないのは、現高校1年生!
1期・2期と国立大学が分かれていた世代から共通一次試験へ(同世代はまもなく60歳になっていきます)
共通一次試験からセンター試験、そして共通テストと変化していきますが、
私が、浪人して共通一次になった時と同様に現高校1年生は浪人すると「新テスト制度」に代わります。
マークシート問題の中に記述が入ること、選択肢から択一だったのが「あてはまるもの全て選択」これは今まで通りではできない!
おまけに、国語は小説・評論分野だけではなく新聞記事・社説・会議録・契約書・法令・公文書なんでもあり
 つまり、国語らしい今までの学習方法だけでは対応はできませんね。
だから、「浪人禁止!!」・・・この点ははっきりしておきたい内容です。ここまでは昨日もお伝えしましたね!

 そこで、本日の授業で塾生に話したことと実践したことを伝えていきますね。

 浪人すると何が変わるのか?
 安心できること・・・英検準1級合格していれば大丈夫
 心配なこと・・・国語の記述問題・数学の記述問題(2次に数学がない大学)

 現役生に影響すること・・・関東中心に併願私立大学受験校の倍率とレベルアップ
              最後のセンター試験得点ゾーンに入っていない場合1〜2ランク下げてくる
              模試の判定はあまり参考にできない!
 現高校2年生の私立大学受験者・・・「すべてあてはまるもの選択」に気をつけること!
                   併願予定の大学入試変更内容に注意すること!
 本日モデル問題国語を解かせてみました。
 時間制限の中で簡潔に条件を満たす解答をまだ書けませんでした。ただ、練習をしていけば対応は十分にできることを確認
 むしろ、今までのメークシート対策の「消去法」が「すべて選択」になると同じ手法では厳しくなるのと、本文題材を小説などと全く変えられると
 やはりパターンドリル化が必要なので早速題材集めをスタートしています。

 次に、現小学1年生
 新入塾者が来月から合流していきます。
 パソコンスキルと知識内容の差を年度内に埋めていかなければなりません。
 特に英語は「身の回りの英単語」を3年生までに確実にわかるようにしてしまうためにもう一度教材内容も吟味していきます。
 金沢市は「英語特区」なので全国使用教科書と変えてくる可能性があります。
 ただ、必修英単語数は「ゆとり中学生が当時3年間で500語」だったのに対して、小学校で「600語」ですよ!
 その先中学生ではさらに増える訳ですから現5年生以上は英単語だけでもかなりハードになります。
 幼児から英語書く練習していてよかったと実感していただけると確信しております。

進学塾TMC代表 橋 博史 http//taka-mc.com




posted by 高橋博史 at 23:35| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現小5生以下に何が待ってるのか?



  いつもホームページやフェイスブックページをご覧いただきお問い合わせありがとうございます。
電話でのお問い合わせに対しては授業中が多いのでまずメールをくださるかhttp://taka-mc.com/contactから
入塾テストお申込みをお願いします。

 2020年大学入試改革に向かって気を付けていかなければならないのは、現高校1年生!
1期・2期と国立大学が分かれていた世代から共通一次試験へ(同世代はまもなく60歳になっていきます)
共通一次試験からセンター試験、そして共通テストと変化していきますが、
私が、浪人して共通一次になった時と同様に現高校1年生は浪人すると「新テスト制度」に代わります。
マークシート問題の中に記述が入ること、選択肢から択一だったのが「あてはまるもの全て選択」これは今まで通りではできない!
おまけに、国語は小説・評論分野だけではなく新聞記事・社説・会議録・契約書・法令・公文書なんでもあり
 つまり、国語らしい今までの学習方法だけでは対応はできませんね。
だから、「浪人禁止!!」・・・この点ははっきりしておきたい内容です。

 次に、現小学5年生から完全新課程に移行
 特に、英語学習が大きく変化し単語数はゆとり時代の中学校必修数が小学校段階ですでにオーバー
おまけに「身の回りの幼児期から目にするものを今まではなかったけれども動物・昆虫も含めて大幅増」
4技能検定試験は高校3年生の英検で考えると第1回6月第2回10月なので完全に前倒しになります。
だから、高校入試においても学習内容が変化した対応になりますね。

 現在の小学校4年生以下塾生が授業で実施していることは上記の改革対応に沿っているため何も心配はいりませんが、
グローバル競争社会で生き残っていかなければならない世代の中心となるため保護者の方々も「何をいつまでにするべきか?」
「なぜ、しなければならないのか?」「原理・原則の理解」を再認識していかなければなりません。

 やはり、「バーチャルではなく本物」(実体験)に勝るものはありません。
 どん底から這い上がってくる力ありますか?経験していますか?すぐに心がおれませんか?
 
知識の注入の上に体験がありそこから新たな発想が生まれる・・・解答は一つとは限らない実社会向けの入試問題に対応できるように
学年に応じて教材だけでなく教具・授業形式も多種多様にしていかなければなりません。
全てにおいて「2極化」は避けられませんので一緒に乗り越えていきましょう!

進学塾TMC代表 橋 博史 http//taka-mc.com




posted by 高橋博史 at 01:00| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

2018年度新入塾募集について

  いつもホームページやフェイスブックページをご覧いただきお問い合わせありがとうございます。
電話でのお問い合わせに対しては授業中が多いのでまずメールをくださるかhttp://taka-mc.com/contactから
入塾テストお申込みをお願いします。

 昨日までの状況とご質問にお答えした内容を掲載しますので参考にしてください。
 小学4年生クラス男子のみ募集!(飛び級生歓迎)
小学1・2年生入塾テスト結果待ち
 県外受験生入塾テスト待ち
 おそらく今月末で小学生の募集は終了します。
 
Q.1 大阪池田校のように金沢大学附属専門塾ですか?
   いいえ、他府県難関小学校〜大学入試対応専門です。
   例えば、就学前に他府県国立小学校受験対策をしていれば学習内容は小学校2年生程度・しつけ面・作業・運動能力
  すべてにおいて金沢大学附属小学校入試対策を兼ねています。(細部の調整もします)
  県外受験の方は小学校在学中に地元(ほとんど東京)に戻られるますが、県内の方はそのまま通っていただいてますので
  附属生の人数が多くなっています。
  しかし、今年のように小学校1年生からスタートしていても3か月間で検定合格やパソコンスキルなど追いついております(フェイスブック塾ページ参考)
  みんなで一緒に頑張れる環境が大切です!(先輩塾生が後輩を指導します)
Q.2 2018年度スタートはいつからですか?
   授業料の切り替えは4月での学年ですが、学習内容は11月から次年度内容になります。
  例えば、現1年生(2年生内容)現2年生(3年生内容)複式入試に対応できるように4年生内容まで年内に実施
      現4年生(6年生内容)日能研教材5年生使用中
Q.3 中学生は?
   県内の泉丘・附属受験希望者しかおりません。小学生の8割が附属生で構成されていますのでこのまま繰り上がっていくと数年後には附属生のほうが多くなります。
   県外受験も現在対応しております。
   小学生で各種検定級が3級合格者以上なので中学生からスタートされると中学校2年生時には3級合格していただいております。
   附属高校も含めて英語(特にスピーキングと英作文)ができなければならない学習指導要領になりますので(現中学3年生からは新大学入試)
   現小学校4年生は中学1年生用教材で英作文指導中
Q.4 高校生は?
   中学からの継続性がほとんどですが、県外難関国立または慶應・早稲田・医学部志望であれば目標は一致しております。
   海外留学のための対策も現在進行中です。
Q.5 幼児クラスは?
  ご兄弟生で、幼稚園入試対応希望されておりますが、県外も含めて募集しておりません。
  現年長生の附属小学校対応は直前対策も含めて募集しておりません。
  現年小・中生(太陽が丘教室)は保護者面談中ですのでお問い合わせください。
Q.6 その他
   入塾説明会や入塾パンフレットはございません。
   2020年以降の新学習指導内容に対応できる基礎知識とスキルを身に着け「協働」によって目標を達成できる「自立支援」を目標に
   授業をしておりますので今後も「少人数精鋭クラス」を継続していきます。

進学塾TMC代表 橋 博史 http//taka-mc.com






posted by 高橋博史 at 15:21| 石川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

郵便番号知ってる? 郵便番号知ってる?


  今年も残り3か月足らずとなり塾生たちの「成果」となる検定試験結果を分析していました。

特に小学1年生は「まっさら」の状態ともいうべきパソコン歴・読み・書き・計算まで例年と比べて厳しいスタートでした。

メニュー例
@ キーボード・マウス(左右クリック・ドラッグ)ができる・・・約2か月(8回)
A アルファベット・カタカナ・ひらがなの読み書き
B 一けたの計算(特に足して10になるペア1+9,2+8・・・)
C 氏名が漢字で書ける(当用漢字でない場合も含める)
D 生年月日(和暦・西暦)
E 郵便番号・住所
F 電話番号
C〜Fについては各検定試験の記入が枠内に書けるまで練習

現在では、パソコンスキルはローマ字入力ができるまでに進歩しています。
つまり、半年すれば「自学自習」できる姿勢ができてきます。

昨日検定試験合格証書を渡して記念撮影をしたらなぜか笑ってしまいました!

進学塾TMC代表 橋 博史 http//taka-mc.com


http://aff.celebritytrip.club/lp/855/717900
posted by 高橋博史 at 13:33| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魚・鳥・木申すか?

本日は、「秋」からイメージできることを各自10個ずつ発表してもらいました。
ただし、前の人が言った言葉はつかえないという条件

 車での送迎の中で会話することも大事ですが、一緒に買い物に行った時こそ季節感のあるものを実感させてください。
「小学校入試問題」・・・どのような家庭環境で育ってきているか答えの内容から推測できます。

 秋の七草・・・はぎ、桔梗、くず、おみなえし、ふじばかま、すすき、なでしこ・・・春の七草は食中心で秋は見るもの
 秋の虫の声・・・歌を知らないんですね、あれマツムシが鳴いている鈴虫・こおろぎ・くつわむし・うまおい
 秋の魚・・・秋刀魚(サンマ)が出てこなかったのが漢字がわからない?さば・いわしなどの青魚(DHAが豊富)
 秋の木・・・カキ・クリ・カエデ
 秋の鳥・・・ノビタキ・モズ・マガン・ムクドリ・カワウ・コサギ
 
 実は、キャンプファイヤーを囲んでゲームの中に「魚鳥木申すか申すか?」と言いながらある人を指名し3秒以内に言えないまたは前に同じことが出たばあい鬼の交代をしていました。
こういったゲームを通して名前をたくさん覚えたという経験が小学校時代までにあったかで「遊びながらの学習経験値」が変わってきますね。

進学塾TMC代表 橋 博史 http//taka-mc.com

http://aff.celebritytrip.club/lp/6041/717900
posted by 高橋博史 at 00:26| 石川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

ソーシャルビジネスはじめませんか?


高額収入よりも社会貢献


 先月は、各種セミナーに多く参加させていただき多くの刺激を頂戴しました。
中でも、「安定志向」から高学歴→国家公務員の発送が増えている高校生を塾生に観ながらその先にある
安定の大企業から退社してまでもやりがいのある仕事をして社会貢献していく20代後半から30代の起業家が増えていること!

 事実、塾業界でも大学時代から塾講師をしていてそのまま社会人として入社し管理職経験したところで独立するのは珍しくはありません。
石川県では50以上の塾がそのような軽易なのではないでしょうか?

 しかし、国内向けではなく「新興国」の発展のために現地生産や現地採用をしながら日本の技術を生かしながらその国の人々の生活向上に貢献する
 すばらしいではないですか?

 年金どうなるんや?高齢者の定義を65歳から75歳に引き上げて働かせていこう!というネガティブ発想の内容ではなくまさしくグローバルな視点での
協働は次世代育成のヒントになりますね。

進学塾TMC代表 橋 博史 http//taka-mc.com
posted by 高橋博史 at 00:44| 石川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

お母さん、もう20世紀の考え方は捨てましょう

身内の話で言えば昨年の10月30日に母親が他界しもうすぐ1周忌になります。

 先月は、今まで参加してこなかったイベントやセミナーの懇親会で多種多様な年齢層や職業の方々との交流をさせていただきました。
どうしても「教育業界」のみでは堅苦しくかつ狭いテリトリーなので「発想力」という点では特に今月からは2018年度へ向けてスタートです。

 おかげさまで、既に2018年度新規入塾のお問い合わせや授業体験・入塾テストお申し込みいただき年内にはまたまた締め切ることになりそうです。

 さて、タイトルで「20世紀」ってどんな考えしていたの?特に平成生まれでも30歳になろうとしているので今後は保護者世代の8割以上が「昭和?」となっていくことは間違いありませんね。

 「勉強しなさい!」で一斉にトップダウンされると「Yesマン」で従うがある種正しいとされてきました。
幼児から小学校低学年でも同じことが現在も繰り返しされていませんか?

 意味も分からずただ言われたことに従っていればよい・・・時給でアルバイトしていると楽して時間つぶししていればよい・・・
 暗記(インプット)したことを正確にアウトプットしさえすればよい・・・自分の考えや言葉にしなくてもよい
 これらの内容は、AIの普及に伴って「単純労働」が無くなっていく世の中になります。

 「個別化・個性化」になり塾業界でも100名単位の予備校教室から「1対2」に代表される「個別指導」が主流になってきましたね。
しかし、学校では30名学級の成立が厳しかったり学習面での上位と下位の差は定期テスト分布を見ても改善はされてはいませんね。

 例えば、夏休み明け実力テスト主要5科目の平均点が0〜10点と90点以上がほぼ同じで10〜30点未満の英数の人数が急に増えてきますね。
この傾向は、公立中学校別での差異はあまりなく定期テストに比べて範囲が増えると「基礎学力の差」が明確になってきます。

 すでに高校生は定期テスト始まっており、中学生もまもなく始まりますね。
 「80点と90点の壁」が塾生にとっては「どの高校に行けるか?」の目安になってきます。

 漢字検定・算数数学検定に続いて今週末は英語検定・・・学校のテストとの両立は同時に日頃クラブ活動・学校の課題と塾の課題の問題となりますね。
いかに、24時間を効率よく使えるか・・・これは20世紀にも当てはまることでしたが、特に今必要なのは「言われたことをそのまま行動するのではなく自分の頭で理解し考えて行動する」
「自分の考えや意見を発信する」・・・「Noと言える日本」ができる世の中では自己責任において行動できることを広げていきましょう!
 

進学塾TMC代表 橋 博史 http//taka-mc.com




posted by 高橋博史 at 13:46| 石川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

国立大学附属どうなるの?

現年中・年長生で小学校受験お考えでしたら

国立大学附属の位置づけが変化していきます。
大学実績が良いから進学させてきたのを、優秀生がいなくなるかもしれません。


教員養成の観点から長年「研究校」としての取り組みをしていますね。
教育実習の期間が長い
算数科が特に研究発表をしている
附属高校の大学実績がすばらしい(進学校)

国立大学附属小学校の入試内容は各学校によって違いますが、ペーパーテストを実施しない「金沢大学附属小学校」においてはすでに地元塾では、ペーパーテスト対策が不要なので「読み・書き・計算」を軽視しているようです。

事実、今年の夏休みの宿題内容をみても例年読書50冊から30冊と減少し、
地元公立小学校の10冊とワークで同じ程度になってしまいました。

「楽になった!」は大きな勘違いです!!
泉丘高校に人気が移行し、高峰賞をはじめとして「附属高校推薦条件」の各賞を目指す生徒も減少しているようです。

つまり、全国的には相変わらず難関大学合格のための逆算による中学入試市場で成立しています。

 2020年の大学入試改革は、

科目的なことよりも受験生のタイプ別入試合格戦略が必要です。
一般入試なのか特別枠(推薦・AO入試)なのか高校選びの段階から考えていかなければなりません。

 どんどん「実学志向」に大学はなっていかなければ生き残れませんから
ますます2極化は避けられません。
 その点では、入試も国立型VS私立型だけではなく、上記の一般型VS特別枠型に移行していきます。
 「暗記型」では通用しない「探求型」「問題解決型」入試に対応するためには
最低の基礎学力だけでなく「経験値」が必要です。

 10分・15分間での処理能力は「速読・即解」しいては「即断・即決」につながっていきます。

 日常的に「自分で意識的に考えて行動していない」
例えば
「自宅から目的地まで送迎をしてもらう」
「雨が降っていても自分で傘をささない」
幼少時期に「過保護」にするとほとんど自分では考えることはしなくなります。

 学校から自宅までの道順やかかった時間がわからないのに「距離・時間・速さ」の算数問題は解けても実感がなく有効活用できませんね。

結局は「家庭環境」「学習環境」の再チェックが優先になっていきます。

 すでに新年度募集に対するお問い合わせをいただいていますが、入塾テスト内容は「家庭環境」「学習環境」をどうしていけるか?であってペーパーテストではありません。

 次世代は、まだ見たこともない職業に80%就くと言われていますね。
目先のことから就職・結婚までのスパンを見据えながら「共育」していかなければならないので、「読み・書き・計算・アルファベット・タブレット検索」くらいできるようになって小学校入試にチャレンジしていけるようにしませんか?

 進学塾TMC http//taka-mc.com

posted by 高橋博史 at 20:31| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

バビロンの大富豪6つの要点

台風が接近しているのでデスクワークをしながら本箱より1冊取り出してきました。

 「夢をかなえる」前に「あなたの夢って何なの?」10項目書き出せますか?
子供だけでなく大人であっても「夢=目標」なしではモチベーションアップは難しいですね。

 夏から秋へと季節が移り替わる時期こそ「原点回帰」しながら読書してみませんか?

1. 財布にコインを10枚入れたら、使うのは9枚までにする。(支出を9割・貯蓄1割)
2. 自分の欲求と必要な経費を混ぜない。(お金も時間も有限です)
3. 貯めることのできたお金は、寝かすことなく増やす(タンス預金ではなく増額させましょう)
4. 自分の財産はしっかりと守る(損失のリスクを理解)
5. 明確な夢の実現に向かって、自分のスキルを磨く(ここが一番大事!)
6. チャンスが与えられた時は、ためらうことなくすぐに行動する(チャンスの神様は後ろハゲなので通りすぎる前につかむ)

 以上の点はお金に限らず日々の行動パターにも活用できますのでまずは、「目標」を書いてみましょう!

 進学塾TMC代表 橋博史




posted by 高橋博史 at 23:48| 石川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

何事も経験値を上げることが大切!

 こんばんは。夏休みには「漢字検定・算数検定」を体験し「いかに時間内で処理できるか?」の時間制限に対する「時間管理能力」の育成・・・その前に
 生年月日・郵便番号・住所・氏名を枠内に書けることが必要でした。
 
 これから受験する英語検定では、CDから流れてくる英語を聞いて瞬時に絵を見ながら答えをマークすることの繰り返しを約30分間しなければなりません。

 あくび・くしゃみしている間に次へ進んでいたり、問題ページをめくるときにスムーズにいかなかったり鉛筆を落としたり・・・焦って声を出してしまったり・・・
 本番に向けての練習で失敗しながら次へ生かしていくことの大切さ

 事実たった2回でマークするスピードは時間内でできるようになりました。

 「試験慣れ」の文字通り「体験」を通じて適応能力を育成することが大切です。変に先回りをせずに本人が失敗をしながら理解し改善できるまで根気よく指導し続けることが必要です。

  進学塾TMC http//taka-mc.com

続きを読む
posted by 高橋博史 at 00:25| 石川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする